2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猪目海岸から引き返し、進路を西に。
出雲大社に続く険しい山道を避け、西の海岸線に向かった。
道が海岸線にぶつかり、T字に別れている。
一瞬迷った後、ウインカーを右に出した。
と、「まだどこか行くの!?」
助手席の母から突っ込み。
日御碕神社へ立ち寄ろうとする目論見は、
見事に見破られてしまった…

仕方がないので、ウインカーを左に。
海岸線を南に進んだ。
出雲神話を訪ねる旅の、締めくくりに寄ろうと考えていた場所へ。

web_080518_162613.jpg



稲佐の浜。
国譲り神話の舞台だ。

『日本書紀』によると、高天原から派遣された武甕槌神(タケミカヅチ)と
経津主神(フツヌシ)※『古事記』だと天鳥船神(アメノトリフネ)が、
十束剣を大地に突き刺し、その上にあぐらを掻いて、
大国主神(オオクニヌシ)に葦原中国を明け渡すことを要求する。
オオクニヌシは、息子たちに意見を求めた。
兄の事代主神(コトシロヌシ)は父がそう言うならば、と国譲りを了解したが、
弟の建御名方神(タケミナカタ)は、頑として受け容れない。
それならば、とタケミカヅチとタケミナカタの間で力比べが行われた。
結果、タケミナカタは敗れ、信濃の諏訪まで逃亡。
高天原から派遣された神々は、葦原中国を手に入れることが出来たのだった。

つまりは、武力を誇示して服属を迫ったのだろう。
出雲の王は、武力で抵抗して滅びの道を進むことよりも、
生き延びて出雲の神々を後の世に伝えていくことを選んだ。
すなわち、出雲以外の領土(葦原中国の構成国)を手放し、
出雲一国をオオクニヌシが棲む神領として、永遠の不可侵を認めさせたのだ。
その後、オオクニヌシを祀る出雲の王は、
出雲臣と朝廷風に名前を変えて、
国造という朝廷のシステムに甘んじる形で存続してきた。
出雲臣は、歴代培った巧みな政治力を駆使して、
日本神話に出雲の神々を印象深く組み入れた。
日本という枠組みが出来上がっていく過程で、
要所要所で出雲の神が現れては重大な影響を及ぼしてきたことは、
歴史の事実として、いまさら説明の必要も無いだろう。
現代においてもなお、出雲は神々の集う土地として語り継がれている。
出雲の王だった人物は、自分たちの崇める神々の名と土地と足跡とを、
歴史に永遠に刻みつけることに成功したのだ。


西の空に、太陽が傾いていた。
稲佐の浜は、決して敗北の舞台ではなかったようだ。
出雲の王は中央政治という、闇に包まれた大海原に、
稲佐の浜から船を漕ぎ出していったのだ。

web_080518_161835.jpg


出雲神話への旅 -完-
スポンサーサイト


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。