2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_100102-145510.jpg


阿智村には春日神社が四社ある。
そのうちのひとつを訪れてみた。

建久3年(1192)に奈良の春日大社から春日明神を勧請。
文禄元年(1592)に現在の地に移転したそうで、
土地の名をとって「さかい大明神」とも呼ばれている。
「さかい」とは「境」のことで、
中世、松尾の小笠原氏と伊賀良の下条氏との抗争の末、
定まった境界の土地が「境」にあたる。

web_100102-145320.jpg


国道沿いの石垣のある石段から境内に踏み入れると、
その先にまた石垣があるのが見えた。
その上に覆屋の拝殿があり、左右には末社の祠がある。
よく手入れされた綺麗な神社だ。


春日明神とは 天児屋根命、武甕槌命、経津主命、比売神のことであり、
中臣氏・藤原氏の氏神である。
また、出雲で大国主の御子である建御名方神を破り、諏訪に追い詰めたのが
武甕槌命、経津主命である。
その二柱が信濃の出入口にあたる阿智に鎮座していることが興味深い。

また、八意思兼命は天児屋根命と同一神である、
と江戸時代後期の国学者・平田篤胤が説いているので、
八意思兼命の末裔とされる阿智祝の人々が、
春日明神を勧請するのは理にかなっていることでもある。

web_100102-145022.jpg


両隣は末社祠。
右手は稲荷や不明の石祠、
左手には諏訪社、浅間社など。
諏訪社には二本のミニ御柱があるそうなのだが、訪れたときはなかった。
それにしても、春日明神の隣に祀られた諏訪明神は肩身が狭くないのだろうか。
諏訪社には鍬大明神という神が一緒に祀られていた。
これは「お鍬さま」と言って三重から三河、南信にかけて分布する信仰で、
伊勢外宮の豊受大神のから出発した布教行列が発端とされている。
寛保2年(1742)に、伊勢国外宮から発したお鍬様が、
村から村へと支持者を増やしながら運ばれてきた時、
浪合関を預かる知久帯刀が、関の先の天領を通すことを警戒し、
追い返したと伝わる。


春日明神と諏訪明神の間に、奥へと続く道があった。
小高い丘の頂上に通じている。
とても気持ちの良い形をした丘だ。
頂上には天満宮と、祭神不明の木の祠があった。


web_100102-144834.jpg

スポンサーサイト


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。