FC2ブログ

2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事


遠野の夜は早い。
翌日には遠野を離れるので、私は日の暮れる
ギリギリの時間まで走り回っていたのだが、
さすがに6時を過ぎると、夏とはいえ辺りに闇が迫ってきた。
街道をはずれ、案内板の示すままに小川沿いの砂利道をひた走る。
この先に六角牛山の登山口があり、六神石神社があるはずだ。

六角牛山。
”ろっこうし”と読む。
大昔に女神あり、三人の娘を伴ひてこの高原に来たり、
今の来内村の伊豆権現の社ある処に宿りし夜、
今夜よき夢を見たらん娘によき山を与うべしと
母の神の語りて寝たりしに、夜深く天より霊華降りて
姉の姫の胸の上に止りしを、末の姫目覚めてひそかにこれを取り、
わが胸の上に載せたりしかば、ついに最も美しき早池峯の山を得、
姉たちは六角牛と石神とを得たり。若き三人の女神
おのおの三の山に住し今もこれを領したもうゆえに、
遠野の女どもはその妬みを畏れて今もこの山には遊ばずといえり。
(遠野物語第2話)

早池峰の女神様にお世話になっているのだから、
お姉様にもご挨拶しておかないと…などという安直な理由ではあるが、
こう見えても義理堅い私、一応筋は通しておくのだ。

六角牛山も、早池峰と同じく山頂に奥宮を持ち、
各登山口に里宮として六角牛神社を持つ。
ただし何故かは分からないが、目指す神社は、
明治になって”六神石神社”と表記を変えたそうだ。

日の暮れる前、県道35号線脇、糠前の六角牛神社に参ったのだが、
そでは私は何も見出せなかったので、
”角牛”を”神石”と変えた六神石神社を見てみたくなったのだ。

はたして、砂利道の行き着くところが六神石神社だった。
狭い砂利道が急に開け、巨大な駐車場が現れた。
観光バスが停まるのでも無ければ、こんな大きな駐車場は
必要ないと思うのだが…
あるいは、よほど地元の人の来訪が多いのか?
遠野観光協会のマップにも載らない砂利道の果てにしては、
いささか大げさすぎる。

駐車場に車を乗り入れると、向かいの一件家で番犬が吠え立てる。
普段はこの時間に余所者が来ることなど、まず無いのだろう。

鳥居は山の麓にあり、四方を森に囲まれている。
きっと昼間でも薄暗いのだろう。
まだ辛うじて日はあるが、境内には電灯もなさそうなので、
私は懐中電灯を用意した。
さすがに夜の神社は怖い。

060801_5195.jpg


鳥居脇の”六神石神社”の文字の上には鉄枠があり、
”六神石神”とでも読ませていたのだろうかと勘ぐってしまう。

日があるうちに本殿まで行こうと、一気に参道を駆け上がったが、
なかなかたどり着かない。
辺りがどんどん暗くなるに従い、胸中もどんどん不安になる。
ようやく社務所のある広場にたどり着くと、急に視界が開けた。
本殿前には赤い灯籠があり、何故か菊の御紋。
そういえば、”ろっこうし”は別名”六皇子”と書いたり、
実は祭神は女神ではなく住吉三神だったりと、
なにか中央と関係がありそうだ。
鳥居から真っ直ぐ本殿まで伸びる参道なども、
遠野に似つかわしくない立派な配置である。

本殿とその脇に1つ、背後に4つの摂社。
合計6つの社が存在する。だから六神石なのか?
本殿は住吉三神として、背後の社は古峰神社、稲荷社、
日本武尊と、後は確認できなかった。
いずれにせよ遠野とはあまり縁のない神々である。

ああだこうだと見て回っているうちに、辺りはすっかり暗くなった。
地明かりを頼りに、これが最後と社務所脇の建物をのぞき込む。
なにやらキラリと光る文字。
なんだ?と思い懐中電灯を点けると…


060801_5211.jpg


巨大な獅子頭なのか?御輿なのか?
額の上に「六角牛大権現」の文字。
一瞬、直江兼続公を思い起こしてしまった…
否、ふと見てはいけないものを見てしまった気がしてしまった。
もっとも、真っ暗な社に光を当てて暴こうとする、
後ろめたさがそう思わせたのだろうが。

どうやら六神石神社でも盛大なお祭りがありそうだ。
この大権現がどのように活躍するのか、この目で確かめてみたい。


さて、帰ろうかと思っていると、なんだか辺りが騒がしい。
カサカサカサと森を移動する音、木を揺さぶる音、
キイーーー!!キイーーー!と叫ぶ声。
猿の経立だ!

「この地方にて子供をおどす言葉に、
六角牛の猿の経立 (ふったち) が来るぞといふこと
常の事なり。この山には猿多し。」(遠野物語第47話)

遠野物語の一節が脳裏によぎる。
しかもこれは、明らかに威嚇されている。
暗闇の中、四面楚歌だ。
私は一目散に逃げ出した。
神域ではあまり派手なことをするもんじゃないな。




スポンサーサイト




遠野の伝承園で見た映像の片隅に、ちらっと異様な神社が映っていた。
駒形神社としか分からなかったが、とにかく私は惹きつけられた。
駒形神社といえば馬の守り神。馬産地として有名な岩手のこと。
遠野周辺だけでも駒形神社は沢山ある。
一体どこの駒形神社のなのか分からないので、
とにかく駒形神社を見かけたら立ち寄るようにした。


まず初日に行ったのが、二社。
上組駒形神社と錦織駒形神社。
上組は遠野駅の近く、上組集会場のそばにあって、
車を停めにくいのと、コンクリートに囲まれた環境をみてパス。

もう一社の錦織駒形神社は、遠野の外れにあった。
赤い鳥居を潜ると、道の両側に山百合が何十本と咲き乱れ、
辺り一面に百合の香りが充ち満ちている美しい神社だったが、
私の求めていた駒形神社ではなかった。
境内の案内板に以下の文があった。

 「もとは蒼前駒形明神をまつり、
 のちに男性器の形の石棒を御神体としています。
 若い女たちが田植えの最中に眼鼻のない のっぺりとした子供に
 赤い頭巾をかぶせて背負った旅人が通り、
 置いていったのがいまの御神体とされています。
 境内の竜石の話もあわせて「遠野物語拾遺」
 第14話と第15話にのっています。」

境内の雰囲気と違って、気持ちの悪い話である。
残念ながら石棒の御神体も竜石なるものも確認できなかった。

060731_4567.jpg




翌日。

早池峰神社例大祭のあと、再び遠野に繰り出した。
目指すは附馬牛の駒形神社。
この神社、昨日伝承園でもらった観光マップには
載っていなかったのだが、カーナビで表示されているのを偶然発見した。
と言っても、山の中にポツンと鳥居マークがあり、
道は表示されていない…

ともあれ行ってみた。
県道160号を早池峰から遠野市街に向かう途中、
猿ヶ石川と荒川が合流する地点から山道に入っていく。
わりとすぐに見つかったのが、元駒形神社。
元駒形神社は祠とご神木だけの小さな神社だったが、
駒形神社はそのさらに山の奥だということが分かった。

道の感じから、そう遠くでは無いだろうと踏んだ私は、
元社の脇に車を停めたまま、徒歩で山道を進むことにした。


ところが、いつまでたってもたどり着かない。
しばらく歩いたが、やはり車で行こうと引き返していたところ、
地元の人らしき、ヒゲのおじさんに出くわした。
挨拶ついでに駒形神社の場所を聞いてみた。
「*****んだ」
しまった、ひどいなまりでよく聞き取れない。
どうも、この道の先なので歩いて行く方が良いと言っているようだ。
自転車を押して歩くおじさんと、道を共にした。

歩きながら、家はこの辺なのかと聞くと、
うんにゃ、この先だ、と道の先の山中を指さす。
一人で暮らすのが気が楽だと言っていたが、
山中に住んでいるのだろうか?
私はふと、遠野物語の山男を思い起こした。

ついでに駒形神社に来た理由、牛馬をなだめる猿の信仰の事を聞くと、
「それは分からないが猿と言えば…」と続く。
附馬牛にある伝承。
昔、川の上流から猿と馬が流れてきた。
それをおばあさんが拾って飼ったが、両方ともすぐに死んでしまった。

聞き取れない部分も多いのだが、大体はこんな話だった。
何のとりとめのないところが、ある意味遠野物語的ともいえる。
だが、そんな話は柳田翁の作品には載っていない。

そして、こんな事を付け加えた。
「遠野で猿というと、河童のことだ。」

私は「えっ!」と思った。

遠野物語第59話、
「外の地にては河童の顔は青しというようなれど、
 遠野の河童は面の色赤きなり。」

赤い顔と言えば猿を連想する。
しかし、河童は馬にとって、守護神どころか天敵のようなもの。
河童が馬を淵に引き込もうとする話は、全国に分布している。
何らかの因果関係がありそうだが、
おじさんからはそれ以上の話は得られなかった。

060801_5160.jpg


10分くらい歩いただろうか。
山道の終わりに駒形神社はあった。
朽ちかけた赤い鳥居の連なりが、二方向から伸びている。
「この鳥居も修理したいんだが…」とおじさん。
あれ?境内までも案内してくれるのか?
それにしても、まだ日中だというのに薄暗く、
鳥居の結界を潜ると、明らかに何か異様な空気を感じる。

060801_5158.jpg

060801_5155.jpg


神門向かって右には大きな絵馬が、
そして左の縁台の上にも絵馬が立て掛けてあった。
それどころじゃない、門の中は絵馬やら馬の写真やらで一杯だ。
神門の右脇に手水舎があり、「ここの水がうまいんだ」とおじさん。
なんと親切なおじさんか。至れり尽くせりである。
神門を抜けると、気が遠くなるほど急な階段。
しかも朽ちかけていて危なっかしい。
それでもおじさんは一緒に登ってきてくれた。

060801_5134.jpg


階段を登り終えると、そこが本殿。
これはすごい!鉄剣だらけだ。
右も左も正面も、至る所に鉄剣が奉納してある。

060801_5121.jpg

060801_5116.jpg

060801_5115.jpg


私は到達感から、少し長めに感謝を祈った。
そして、振り返ると…


おじさんが消えていた。


嘘のようだけど本当の話である。
場所が遠野なだけに、不思議なことも不思議でなくなる。



本殿向かって右側に、小さい鳥居があった。

060801_5130.jpg

060801_5131.jpg
 

祀られているのは、石板と石棒。
そしてその脇には、またしても大きな鉄剣。

060801_5132.jpg


両早池峰神社でも、本殿の右側に大きな鉄剣が奉納されていたが、
ここも同じく右側だ。
それにしても、早池峰神社の鉄剣は、修験関係で納得いくのだが、
駒形神社に鉄剣とは意外だった。
これの意味するものは一体…?

060801_5145.jpg


ところで、神門向かって右側に、神馬舎がある。
昨日見た強烈な印象の映像は、この神馬像だった。
駒形神社だから神馬像があって当然なのだが、
なんだかこの神馬像はうつろな目をしていて、
薄気味悪い印象を受ける。
鳥居同様、朽ちかけボロボロだ。
対面してみると、ずっと感じていた異様な空気は、
この神馬像から発している気がしてきた。
何かを訴えるために、私を導いてきたのだろうか?

結局ここには、馬を慰める駒引き猿の関係のものは何もなかったが、
慰めるべき神馬の訴えを聞いたような気がする。
神霊の宿る依代を撮る行為は無償ではない。
その一つ一つが自分の肩に寄りかかってくる事を
覚悟しておかなければならない。
果たして私はそれに答えていくことが出来るのであろうか?
問答はまだ始まったばかりである。




060801_4957.jpg


距離はないが、結構キツイ山道だ。
御輿を担ぎ上げるのが大変そうである。
宮司が遅れて慌てて追いかけて来るなど、
微笑ましい一面があったのは、なんとも村祭りらしいことである。

山の中腹に少し開けた場所があり、そこに祭壇が設けてあった。
各集落の獅子頭を次々に並べて置く。
あとで地元の人にこの場所の意味を聞いたところ、
ただ神社の境内が狭くなったので、この地に場所を移したとのこと。
それにしては、この山中も狭いのだが…
霊感はあまりない私であるが、この場所はなにか神聖なものを感じる。
のは、気のせいであろうか?

060801_4967.jpg


獅子頭がこれだけ並ぶと圧巻である。

祭壇の中央に御輿と巨大獅子頭が鎮座。
荘厳な空気の中、宮司が祝詞を奏上。

さすがに写真は撮れなかった。
一人、写真を撮っている人がいたが、
私はこの場では祈りの妨げになることはしたくないと感じた。
自己満足のために神聖な祈りを汚すことは躊躇われる。
第一、写真を撮れる空気ではないのだ。
張りつめた空気の中、祝詞が大地に響き渡る。
森の木々さえも息を潜める。
私はこの場に居合わすことが出来たことを幸いに思った。

祝詞奏上が終わると、権現舞が奉納された。
岳集落と大償集落、双方による奉納だ。
昨夜と同じく、まずは岳の早池峰神楽から。

060801_4974.jpg


060801_4989.jpg


囃子方の奏でる楽曲に合わせ、扇を使った舞を舞う。
開けた場所と言っても、ここは傾斜している。
この場で舞うのはとても大変な技量が必要だろう。
そして舞も大詰め、権現様と一体化しての獅子踊り。
延びたり縮んだりと大暴れだ。

060801_5000.jpg


060801_4996.jpg


060801_4997.jpg



そして、大償神楽。

060801_5006.jpg


集落を分けるためか、装束の色が違っている。
こちらは年配の方で、巧みな扇子さばきが堂に入っていた。

そもそも、この二つの集落がなぜそれぞれに神楽を伝えるのか。
大償神社神主の佐々木氏に残る記録「日本神楽之巻」には、
長享二年(1488)、早池峰開山に関わる山陰氏が神主を務める
田中神社から、大償神社の佐々木氏に
山伏神楽が伝えられたと考えられる文が残っているそうだ。
対する岳集落は、早池峰神社と6つの宿坊を中心とした集落で、
起源は分からないが、この6坊の修験者が伝え残してきたものが
早池峰神楽(岳神楽)と呼ばれている。
これら二つの神楽は、ともに競いながらも、
両者合わせて阿吽の舞いになっているといわれているのだ。

060801_5017.jpg


060801_5029.jpg


山中での神事も終わり、神社に向かって帰って行く。
山の神の面を先頭に、行列を作る。
と思ったら、昨夜の神楽で山の神を演じた面は、
この日は猿田彦の役なのだという。
確かに道先案内は古来から猿田彦の役回りだ。
先日の写真の庚申信仰関係と思われる「くくり猿」といい、
一の駒の札の「馬と猿」の組み合わせといい、
どうも早池峰は猿に縁があるように思われる。

060801_5033.jpg


060801_5039.jpg


060801_4948.jpg


神社の鳥居の前で子供達が踊ったあと、
宿坊街をさらに奥に進んでいった。

060801_5057.jpg


どこまで行くのか?まさか各集落を回るのか?
と少し不安に思っていたが、別当寺の妙泉寺跡にある駐車場で
最初と同じように八幡を子供達と舞い、
神社境内に引き返していった。

妙泉寺は、明治の神仏分離によって、早池峰神社と分けられた寺。
詳しいことは分からないが、その跡地で舞うことも、
何かの意味を持っているのだろう。


山中での神事も終わり、みんなの表情もくだけてきた。
神輿の担ぎ手のおじさんの笑顔がまぶしい。

060801_5077.jpg


そして祭りも終局に。

060801_5099.jpg


060801_5102.jpg


この石段、かなり急なので、
重い神輿を担ぎ上げるのは相当気合いが必要だ。
ちなみに、冬はこの石段を裸でもみくちゃにされながら降りるのだ。


本殿前で神輿を降ろし、裃の人たちが本殿に向かって走る。
何故走るのかは分からないのだが、
祭りの始まる前にも石段を走り上がっている姿を見た。
本殿の中では、終了の儀式を行っているのだろう。
本殿下では、白装束の担ぎ手達の後ろ姿に、
祭りのあとの、興奮と安堵がにじみ出ているようだった。

060801_5105.jpg



060801_5048.jpg

060801_4864.jpg

  
翌日、再び早池峰神社へ。
昨日の夜神楽は宵宮といい、本来は8月1日が例大祭。
これまで夜神楽は見たが、本祭は見たことがなかった。
それは何故かというと、夜神楽の後飲み明かして、
翌日はとても早起きできる状態では無いから…
というのは半分冗談なのだが、とかくこの早池峰神社例大祭、
夜神楽ばかりが知名度が高く、日本全国から観客が来るというが、
翌日の例大祭の話はとんと聞かない。
はてさて、例大祭とはどのようなものか?
私の期待は高まるのであった。

060801_4868.jpg


神社に着くと早速、人が集まりつつある本殿前の広場へ。
本殿では、宮司が神事を執り行っていた。
外には裃を着た人々が、神妙に聞き入っている。
今回は中まで入ることは出来なかったが、以前春先の蘇民祭に来た時は、
宮司が御神前に献饌、祝詞を奏上し、
コマ(蘇民祭ではこのコマを取り合う)
を清めていた。
今回もかなり長い間、神事が執り行われていたようだ。

060801_4871.jpg


本殿前に広場では、神輿や巨大な獅子頭が中心に据えてあり、
白装束姿の人々、山伏姿の人々、
白と青や黄を基調にした祭装束を着た子供達が、
緊張した面持ちで祭りの開始を待ちわびている。

祭りの開始は、本殿から出てきた宮司たちが、
御神体を神輿の中に移すことから始まった。
4~5人の神職者が輪になり
中心に抱え持った錦に包まれた(様に見えた)御神体を
衆目に晒さぬように神輿に運ぶ。
ちょうど私のそばにいた地元のおばさんが、
「御神体が見えたわ。運がいいわ。」
などと言っていたので、私もきっと運が良かったのだろう。
一瞬だったが、神輿の中心部にある小さな祭壇に、
御神体を移しているのが見えた。
なるほど、神輿にはちゃんと神を乗せるものなのだ。
こんな近くでその作業を見たのは初めてだったので、
改めて神輿の意味を認識したのだった。


そして、各集落の獅子頭が集まり、群衆が動き出す。

早池峰一帯の各集落には、必ず獅子頭があり、
早池峰神楽から伝播した神楽が伝わっている。
本来この神楽は、修験者のみが行う加持祈祷の舞であった。
それを、元禄から弘化にかけての百五十年間に起こった大飢饉の際、
豊穣を願う農民たちのために修験者たちが伝授したものだそうだ。
また修験者たちもその謝礼によって飢饉を乗り越えたのだという。
そこから、早池峰神社の神楽は発達して行ったのだ。


広場の混乱が次第に秩序を持ち始め、
ついには子供達と獅子頭達が輪になっていった。

060801_4911.jpg


060801_4924.jpg


中心では、剣舞が行われる。
衣装からして、八幡だろうか。
昨夜の八幡は扇と弓が中心だったが、ここで舞われているのは、
剣と剣を打ち合う勇ましいものだ。
しばらく打ち合った後は子供たちの輪に混じる。
子供達はそれに合わせて内に外に御幣を振りかざす。
そして一連の舞を終えた後、行列は御輿を伴い
石段を降りて行くのだった。

060801_4937.jpg


石段を降りた一行は、片方は鳥居脇の広場へ、
もう片方はそのまま神社外へ。
予想外の動きだ。私は迷ったが、
神社外へ延びる行列に着いていくことにした。
どうやらこの判断は正解だったようだ。
この後、神聖な儀式を間近で見ることが出来たのだ。
一の鳥居を潜り、そのまま宿坊街を抜けた一行は、
木々生い茂る山の中腹へ入っていった。

060801_4956.jpg


つづく


Design by mi104c.
Copyright © 2006 風と土の記録, All rights reserved.