FC2ブログ

2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

長野県茅野市の国道152線とビーナスラインの交差点。
そこに御座石神社がある。

祭神は高志沼河姫神 (こし(越)のぬなかわひめ)。
建御名方命の母である。
御座石とは、いかにも石が鎮座してそうな名前なのだが、
元は母神の御住居の地と言うことで「御在所」や「御斎所」
などとも呼ばれてのが、何時の時代か御座石に転化したらしい。
とはいえ、当社は平地にあるにも関わらず、
いわくのある石がゴロゴロと転がっている。

060816_6554.jpg


ビーナスラインに面した石鳥居から境内に入ってすぐ、
木製の鳥居が見える。これは黒丸大鳥居と呼ばれ、
曳いてきた御柱を鳥居に仕立てたもの。
諏訪地方ではありとあらゆる社の四辺に御柱が建っているのだが、
御座石神社では四辺の御柱はない。
どうも諏訪地方では男神の象徴が御柱、
女神の象徴が鳥居という見解があるようだ。
(ただし、諏訪社下社には御柱があるのでさらなる調査が必要)

060816_6557.jpg


境内に数多ある石の中で、特に注連縄で祀られているのがこの石。
なんでも高志沼河姫神が建御名方命の招きに応じ、
越の国から鹿の背に揺られやって来た時の、
鹿の足跡が残っている石だそうな。
確かに足跡らしき穴はあるが…

060816_6563.jpg


本殿横の大きな石は、穂掛石。
矢ヶ崎村七石の一つとされ、昔は田の中にあって
稲の穂を掛けたことから名付けられたそうだ。
武田信玄が川中島からの帰りに、
これら七石を賛美したと伝えられている。

060816_6567.jpg


鹿の足跡石のすぐ横には、何とも可愛い石が埋まっていた。
これは特に何の説明もないのだが、
上部がお尻のように窪んでいて、線が入っている。
線は人の手によるものに見えるのだが、詳細は一切不明である。

060816_6578.jpg


そして最後は石鳥居脇の2つの石。
これにも説明は一切なかったが、平らな石の上に乗っているので、
何らかのいわくはあるのだろう。

先程の御座石神社の由来とは少し矛盾するが、
ここには諏訪の七石(矢ヶ崎村七石とは違う)の一つ、
御座石があったとされている。
それはこれらのうちのどれかなのだろうか?
諏訪の自然崇拝やミシャグチ神とも関わる重要な石のはずだが、
そのことに関する説明は何もなかった。
上記、鹿の足跡石には、高志沼河姫神が腰掛けて休んだ
との伝承もあるようだが、果たしてそれが御座石なのだろうか。

060816_6571.jpg


石についてはさておき、この神社にも道祖神が沢山あった。
真ん中の石も風化しているが双代道祖神である。

060816_6569.jpg


また沢山の石像があったが、もはやここまであると、
何がどんな神様なのか見当がつかない。
皆一様に胸の前で手を合わせているので、
こちらまで敬虔な気持ちにさせられる。


実はこの境内はあまり広くなく、また交差点に面しているため、
敷地は三角形といったものだが、
色々な要素があって面白かった。
極めつけは酒蔵である。

060816_6574.jpg


4月27日の「どぶろく祭」で振る舞われるどぶろくが、
この醸造倉で作られている。
昨年の祭りの際に選ばれた当番の氏子3人が、
当日まで社務所に泊まり込み、
かくはんや温度管理などを繰り返して酒を醸造しているそうだ。
ちゃんと杉玉も下がっているが、約一ヶ月で作るどぶろくに、
新酒の熟成の目安となる杉玉は必要なのだろうか。
wikiで調べると、元々は酒の神様に感謝を捧げるもの、
となっているので、そちらの意味が強いのだろう。
祭り当日はどぶろくの他、鹿肉、独活など
この地方独特の肴が振る舞われるそうで、
是非とも参加してみたいものである。

スポンサーサイト




乙事諏訪神社から西へ、山を降っていくと高台に鳥居が見えた。
なんと、そこが乙事諏訪神社下社跡だった。

階段を登ると、神社跡は見事に公園になっており、
双代道祖神がひっそりと私を迎えてくれた。
この辺りに道祖神が多いのは、県境だからだろうか。

060816_6382.jpg


元境内の敷地は、西半分が公園になのだが、
東半分は何やら怪しげな社が並んでいた。

060816_6387.jpg


社というよりも柵といったほうがよいだろうか。
中央の台座の上に石があり、小さな鳥居が
洩れた光を浴びて輝いている。
石の前には二匹の犬がしっぽを振っている。

もしや、犬神!?

映画”もののけ姫”で、山犬たちは祟り神となって荒れ狂う
オッコトヌシたちからサンを守る。
なんと、乙事に犬神がいるとは思わなかった。

勘のいい人はもう気がついていると思うが、
この社は三峯神社。
奥秩父にある修験の聖地、三峯神社から勧請されたものだ。
犬神とはオオカミのことで、秩父ではイノシシやシカやサルなど
農作物に被害を与える害獣を追い食いし、
人里では火災や盗難に対して吠え立てるオオカミを、
山の神の使いとして崇め、”大口之真神”として祀る
犬神信仰が行われているのだ。

なんと、乙事主に犬神、役者は揃ったようなものである。
私の脳裏には、乙事主の大群と戦う犬神の姿がよぎった。



そしてその隣は、箭弓神社。
埼玉の箭弓稲荷神社からの勧請かと思ったが、全然違った。
なんでも創始年代は分からないらしいが、
昔、大下東組の六地蔵の辻で、正月に子供達が”道きり”といって、
道に縄を張りここを通る人に「道祖神さまにお賽銭をくれ」
といって、お小遣いを稼ぐ習慣があった。
ある正月、ここへ馬に乗った侍が通りかかったが、
子供達を無視して通り過ぎようとした。
その時弓を持っていた子供が矢を放ったところ、
運悪く侍の目に刺さり、侍は落馬し命を落とした。
その後、その子供達の家に不幸が続き、侍の祟りだという噂が流れ、
弓矢を撃った子の親が、祠を建て侍の霊を祀ったのだという。

名もなき侍が”祟り神”になったと言うことだ。
そういえば、もののけ姫でもアシタカが
弓矢で侍を射殺すシーンが象徴的に使われていたな。

060816_6392.jpg


三峯社と同じような柵に囲まれているが、
こちらは祠があり、前に丸い石が3つ置いてある。
ワタが散乱しているが、元は座布団のようなものに
乗せていたことが分かる。
これは侍を埋葬した時の枕石で、
今では「力石」とか「お試し石」と呼ばれ、
願い事が叶い時は軽々持ち上げられ、
適わないときは持ち上がらないと言われている。
なぜ祟り神が願い事の神様になったのかは分からないが、
この大きさの石なら誰でも持ち上げられることは確かだろう。



あとで調べて分かったのだが、
富士見町には宮崎駿氏の別荘があるらしい。
エボシ御前の由来となった烏帽子なる地名もある。
この近辺でなじみ深いキノコに”ジゴボウ”と言うのもある。
なんだ、そういうことだったのか…

物語のラストで、首を打ち落とされたシシ神さまが、
ダイダラボッチに変化するが、
鹿の頭とダイダラボッチ、どちらも諏訪盆地に
なじみの深いものなのである。


富士見町は実は何も調べていなかった。
本当は釣りがメインで帰りにちょこっと
御射山神社に立ち寄ろうと思っていただけなのだ。

だが、熊を恐れて早々に竿を納めた私。
こういうときに参考になるのは地図に載っている地名だ。
そして、真っ先に目についた地名があった。
”乙事”である。
オッコト・・・熊の次はイノシシか!
脳裏にジブリ映画”もののけ姫”に出てくる
巨大イノシシ=オッコトヌシが大群で押し寄せてきた。
これは是非とも行って確かめなくてはならない。

ちなみに、ここ富士見町は、映画”いま、会いに行きます”
のロケ地としても有名らしいが、その時は私の頭の中は
イノシシでいっぱいなので気がつかなかった。

060816_6342.jpg


なかなか大きな神社だ。
ちょっとした高台に建っていて、周りには道祖神や
蚕玉神社の石塔がある。
参道は大きな木に挟まれていて、あたかもこの先にある社殿を
長年にわたり守っているように見える。
私はこういう自然を生かした神社は大好きである。

060816_6349.jpg


かつて乙事村には、旧乙事村の産土神で
御別当神を祀った御別当社と、五味太郎左衛門同族の氏神で
御別当大明神を祀った神社があったが、
両社とも諏訪大明神を勧請し、社名を乙事諏訪神社上社、
同下社としたという。
しかし昭和25年、乙事諏訪社は合併され、
下社のの本殿を上社に移し現在の乙事諏訪神社になっている。
この神社の拝殿は、江戸時代初頭に再建した
諏訪大社上社本宮の拝幣殿を、200年後の本宮改築時に
移築したもので、桃山様式の建造物として極めて優秀で
国宝に指定されているとのこと。

なるほど、農村の片隅の神社にしては、随分立派なものである。
参拝を済ませ、裏手に回ろうとすると・・・

060816_6350.jpg


ハリボテ!?

映画のセットじゃあるまいし、
まさか拝幣殿が板一枚とは思いもよらなかった。


それはともかくとして、この境内でほかに目を引く物に、
自然の大石を使った灯籠がある。

060816_6369.jpg


溶岩状の岩の上に丸い灯籠が乗り、その上に平らな自然石が乗り、
なにやらただならぬ雰囲気を漂わせている。
このような灯籠が5つくらいあったろうか。
そして、道祖神もやたらと多い。

060816_6340.jpg

 
060816_6374.jpg


写真以外にもあと2体はあったと思う。
祠の道祖神も岩の上に鎮座していて、
つくづく自然を巧みに取り入れていることに感心する。

しかし、ここではオッコトヌシとの関係はよく分からなかった。

つづく

ドルメン類似遺跡から山腹にそって北西に、
ヒマワリ畑を抜けた先にあるのが「原山さま」だ。

「原山さま」、本当の名は御射山神社。
諏訪大社上社の御射山である。
別荘地で有名な原村のあるこの山は、
かつては原山と呼ばれていたらしい。
やはり狩猟に適した広大な原っぱが続いていたのだろうか。

060814_6423.jpg



背の高い木々に囲まれた神域。
森の広さで境内の規模の相当大きいことが分かる。
もとは神野とよばれ、諏訪明神の神聖な狩り場として
人の住むことは許されないところだったという。
また、山を降って甲州街道を渡った先の
御射山神戸(ミサヤマゴウド)という集落に
この神社の氏子たちが住んでいるのだが、
以前は集落から御射山社まで、松並木の参道が続いていた
とのことである。


駐車場からしばらく、案内も何もない道を歩いていたが、
やっと鳥居が見えてきた。
境内の広大さに対して、いたって質素な鳥居である。

060814_6425.jpg



この時点ではまだ私は、この神社の規模を量りかねていた。
実はこのすぐ後ろに、小さな小屋のような建物があった。
とても社殿とは見えない形の建物なのだが、
なんとそこが目的の御射山社の拝殿だったのである。

060814_6426.jpg


060814_6432.jpg


祭神は諏訪明神(建御名方神・大己貴神・高志沼河姫神)と
国常立命(クニトコタチノミコト)。
拝殿の中に本殿が並んでいる。
この広大な境内で、なぜこんなに小さな社なのだろう。
疑問を胸に、さらに奥へと続く参道に目をやった。

なんと、奥にもまだ鳥居があるではないか。
なんだか釈然としないまま、私は鳥居へと歩みを進めた。

060814_6442.jpg


ちょっと変わった鳥居である。
そして、脇には御射山社の文字。
さっきの拝殿は一体何だったのだろうか?


鳥居の奥は、今まで見たことのない不思議な空間だった。
とりあえず真っ直ぐ進むと、さっきと同じ形の鳥居がある。
しかし、腰をかがめないとくぐれないほど小さなものだった。

060814_6463.jpg


石の玉垣に囲まれた小さな祠。
大四御蘆社とのことだが、よく分からない。
しかし鳥居から真っ正面にあるこの祠が、
重要な神であることには間違いないであろう。

境内に目を移すと、左にも玉垣が3つ並んでいた。

060814_6489.jpg


左から、神宮皇后社、子安社、伝大祝有員公塚となっている。
大祝有員公とは、上社大祝諏訪氏の前身である神氏の始祖である。

写真では分からないが、左2つの玉垣には
大四御蘆社と同じ形の小さな祠があるのだが、
有員公塚にはそれが見当たらない。

恐る恐る中を覗いてみると…

060814_6457.jpg


小さな環状列石に見えるのは気のせいだろうか?
塚と言うからには墓地なのかもしれない。
環状列石は墓所の可能性があるとはいえ、
有員公が大祝になるのは806年(大同元年)のことである。
まさかその時代に環状列石はないだろう。
単にもともとあった祠が崩壊してしまっただけかもしれない。


色々と謎の多い上社御射山社であるが、極めつけは境内最北、
三輪社であった。

060814_6512.jpg


三輪社だけ立派な灯籠を携え、別格の風格を感じる。
祠を先を地図でずっと辿れば、霧ヶ峰と下社旧御射山である。
文章ではうまく言えないので、この不思議な境内の配置図を、
以下に貼り付けておくことにする。

060814_6503.jpg


地図の上の方に鰻放流場があるのだが、
ここ御射山神社の御射山祭では、子供の厄除けとして
鰻を放流する。いわゆる放生会だ。
狩猟と穂屋籠もりを主とする御射山祭が明治以降は
庶民の民俗的信仰と結びついたと、 案内板には書いてあった。
鰻を放流するところが、なにか蛇と通じるものがあって興味深い。

諏訪の花火の翌日は、釜無川で釣りをしようと
県境を越えて蔦木宿まで南下したが、
どうも数日前に熊が出たらしい。
まったくこの夏は、熊が多いこと多いこと。
岩手では車に乗っているときに遭遇したから笑っていられたが、
川で釣り中に、それも一人でいるときに出会ったら
シャレにならない。
たいして釣れもしなかったので早々に切り上げた。


八ヶ岳にぐっと近づいた富士見町や茅野市周辺では、
いろいろと面白い遺跡が多い。
「縄文のビーナス」や「仮面の女神」といった縄文2大アイドルも、
この近辺の遺跡から出土した。
また黒曜石の発掘例も多く、恐らく縄文人達が黒曜石を求めて
この近辺に集中して住んだのだろうと思われる。


富士見町をドライブしているとなだらかな山腹に
ポツリポツリと家があり、それ以外は見通しの良い田畑。
標高は1000mを越えているだけあって空が近く、
快晴の日にはその名の通り、富士山までも見渡せることだろう。
将来はこういうところに庵を結んで住みたいな、
なんて思いながら走っていると、カーナビ上に目を引く表示を発見。
”ドルメン類似遺跡”
なんと分かりやすい遺跡なんだ。


遺跡は民家の畑の目の前にあった。
民家の庭では家族でバーベキューをしている。
庭先から丸見えなので、なんだか気まずい。
夏真っ盛りの昼下がり、私はかなり異質な人に見られただろうが、
まぁ気にしたら負けだ。

060816_6407.jpg


060816_6402.jpg


説明書きによると、ここ坪平遺跡は石で覆った墓と目される遺構で、
4mに近い間隔で2基並んで発見されたそうだ。
片方からは長さ15cm程の人形をした石製品、
もう片方からは遺物が見つからず、
蓋石の北側から石器や土器片が発見された。
これらは縄文後期(約3800年前)の遺構とされているとのこと。

遺跡の発掘調査のサイトがあったのでリンクしておく。
http://www.alles.or.jp/~fujimi/idojiri/h10/dorumen.html


大まかに説明するとドルメンとは支柱墓のことで、
幾つかの石の上に平らな石を置いた巨石墓。
もともとは土や小石に覆われているが、
風雨にさらされ剥き出しになっているものも多い。

しかし辺りを見回しても、ドルメンとおぼしきものは見当たらない。
石碑の横の木の下に、赤い石が埋まっているが、
これのことを指しているのだろうか?


060816_6404.jpg


八ヶ岳山頂まで直線距離で10km。
目の前に八ヶ岳がそびえ立つ。
この位置に人形の石を遺体と共に埋めたことが興味深い。
石と埋まるといえば、諏訪上社前宮の御室神事を思い起こす。
旧暦12月下旬、御室社なる穴に蛇型のミシャグチ神と神官が
100日の間籠もり、神事を行うというものだ。
縄文時代の祭祀の形を色濃く残すこの神事が象徴しているものは、
言うまでもなく再生だろう。

もし本当にこの人形の石が御室神事と同等のものならば、
諏訪の地では約3700年に渡って、
縄文時代の信仰を伝えてきたことになる。
明治になって、御室神事の秘伝が途絶えてしまったのが、
なんとも残念でならない。





Design by mi104c.
Copyright © 2006 風と土の記録, All rights reserved.