2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謂伊神社へやって来た目的は、
「謂伊神社境内遺跡」、
通称「天白磐座遺跡」を訪れる為である。

謂伊神社の裏にある薬師山(標高41m)の頂上に位置し、
約40m四方に渡って群在する巨石群。
平成元年の発掘調査によって、
古墳時代前期から平安時代に至る長期間、
連綿と続いた祭祀場であったことが証明された、
日本屈指の規模を持つ古代祭祀場である。

061018_9500.jpg


謂伊神社下手脇から薬師山に分け入ると、
早速大きな岩に遭遇。
これはかなり期待できる。

薬師山はなだらかな山なので、山頂に向かって真っ直ぐ進む。
もともと小さな山のこと、道を間違えることもない。
何しろ頂上にあるものがあまりにも大きすぎて、
迷いようがないのだ。

時計はもう既に夕刻を指していた。
薬師山を覆い包む背の高い樹木の為に、
山全体が薄暗い印象を受けるのだが、
木々のすき間から降り注ぐやわらかな光の束が
頂上の岩を静かに浮き上がらせている。
静謐な緊張感の中で私は磐座と対峙した。

061018_9410.jpg


大きな岩が3つ、それぞれの岩を線で結ぶと、
三角形の空間が出来上がる。
古代の人々は、この空間に神が降臨すると考え、
祭壇として祀ったのである。
そう断言できるのは、発掘調査の出土物によって、
時間軸で祭祀形態の変化が分かるからだ。

この三角形の空間から出土されるのは、
縄文土器、弥生土器、時代が飛んで鎌倉時代の経塚関係遺物、
江戸時代の古銭類。
このうち縄文~弥生時代の土器片は、
祭祀とは関係ない可能性が指摘されている。
そして磐座が祭壇として機能したとされている古墳時代の遺物が、
この空間から一切出ていないことが重要で、
古墳時代の祭祀関係遺物は一番大きな岩の側、
上の写真でいうと下手の大きな岩の下手側の地中から出土しており、
このことは、三角の空間は神の降臨する聖域として、
その手前の岩陰で祭祀を行ったことを物語っている。

061018_9405.jpg


今ではその場所では大きな木が岩と同化していて、
長い長い歴史をその造形に感じとることが出来る。


時を経て仏教文化華やかなるころは、
磐座は本来の意味を失い、経塚として機能したようだ。
鎌倉時代の渥美窯製の経筒外容器が
三角の空間から出土している。

江戸期には、民間信仰の中で磐座は生き続けていたのだろう。
硬貨をお供えする心理は、現在の民間信仰に通じるものがある。

061018_9495.jpg


そして現在、学問研究のおかげで本来の意味を取り戻した磐座は、
貴重な遺跡として考古学ファンの聖地となっている。
祭祀の有無は分からないが、注連縄が張られ岩の上には祠があった。


さて、この磐座は何を祀っていたかというと、
その名の通り、引佐北方にある天白山かと思っていたのだが、
氏子総代に聞くと、どうも違ったようだ。
天白は、ここの地名である井伊谷小字天白に
由来しているのだろう。
今は木々に隠れて見えないが、
磐座から北東の方向に位置する三岳山を祀っているそうだ。
三岳山の名の通り、3つの山が連なっていて、
そのような山が古代の信仰対象になっていたということを
全国の遺跡を調べて回った井上香都羅氏が唱えている。
また氏によると、そのいわゆる神山信仰の対象は祖霊である。
お盆などに祖霊が山から戻って来る観念は、
日本人には受け入れやすいものだと思うが、
まさにその原点なのではないだろうか。


彼岸花の咲く秋の夕暮れ、この地の遙か昔の民の、
素朴な祈りに想い巡らすひとときであった。

061018_9474.jpg


スポンサーサイト

9月中旬のとある土曜日。
妻のジュビロ磐田戦に付き合って、静岡西部に赴いた。
スタジアムに妻と友人を降ろし、ふらふらとドライブ。
私が普段神社や遺跡を巡るのは、大抵が何かしらの所縁を感じたところ。
静岡西部の地には初めて降り立ったこともあり、
特にこだわりもなかったので、
午前中は浜松城や三方原古戦場などを観光した。

浜松といえば、天竜川の河口。
出発前に少し調べたところによると、
この辺りにも縄文遺跡が多く、太古から栄えた地域だったようだ。
浜名湖畔まで行くと、古代祭祀場の遺跡もあるというので、
そこに行ってみることにした。
とりあえず遺跡名と大体の住所だけを控えて来ていたのだ。

三方原からさらに北に車を走らせ、
ふとナビを見ると鳥居マーク。
実は私のカーナビは古い機種なので、
詳細表示にはからっきし弱いのだが、
由緒ある神社や寺はしっかり網羅しているので便利なのだ。

061018_9299.jpg


先に進んでも良いのだが、何故かふと寄ってみたくなった。
彼岸花の咲き乱れる参道脇の駐車場に車を停める。
地元の人だろうか、家族総出で境内を掃き掃除、
微笑ましい光景だ。

式内社の蜂前神社。
社伝によると、応神11年に八田毛止恵が、
勅命により遠江国へ下向し、この辺りを開墾したのが始まりだという。
私の実家も八田という地名なので、
偶然とは言え何だか親しみを感じた。
参拝し、掃除をしている方に神社のことを聞いてみると、
とても親切な方で、神社のことや今から行こうとしている場所のこと、
その他諸々色々なことを教えてくれた。
旅先でここまで親切にして頂いたのは久々だ。
Iさんには、この場を借りて重ね重ねお礼を申しあげます。


さて、目的地の地図まで書いてもらったので、
謂伊(いい)神社の場所はすぐに分かった。
もののついでに、南朝・後醍醐天皇の第四皇子である
宗良親王の軍事拠点にして終焉の地である井伊谷宮と、
井伊家の菩提寺・萬松山龍潭寺にも立ち寄る。
そう、この地は徳川四天王として名を馳せた、
井伊氏の本貫地だったのだ。
また井伊氏がこの地に根付く以前は井の国と呼ばれていて、
縄文・弥生の遺跡、古墳が数多く残され、
水にまつわる伝説も多いという。
一時は2万年前の人骨かと思われていた、
三ヶ日人(その後の研究により縄文人と訂正)の発掘された
三ヶ日もすぐ隣にあり、一気に謂伊神社への期待が高まる。

061018_9379.jpg


061018_9373.jpg


謂伊神社は一見ごく普通の神社だった。
祭神は玉依姫命 品陀和氣命 息長足姫命。
近世までは正八幡宮と呼ばれていた神社である。
案内板には数多くの摂社の名が連なってるが、
ただ一つ、変わった名前の摂社があった。
「モロード様伊豆社」

ただ、境内のどこを探しても見つからないので、
社務所で何やら作業をしている人たちに聞いてみた。
その人たちは、10月にあるお祭りの為に、
新しい注連縄を作っているそうで、太い藁を束ねてよじり、
はみ出た藁をはさみで切っていく作業はとても大変そうだった。
モロード様について聞くと、氏子総代の方が出てきた。
口では分かりにくいから案内してくれるそうだ。
「今日は神主が葬式に行ってるから、詳しいことは分からないよ。」
と言いながらも、神式葬式のことや
昔の謂伊神社がものすごく広かったこと、
今度行われる珍しい祭りのことなど色々と教えてくれた。

061018_9503.jpg


そしてたどり着いた場所が意外だった。
上の写真の本殿の裏の細いすき間を通り抜け、
本殿上手奥のちょっとしたすき間に、モロード様が祀られていた。

このややこしい道を通るしかモロード様には会えないようだ。
経験上、本当の祭神は本殿上手奥に祀られていることが多いように思う。
このモロード様、総代の人も一体どんな神様なのか
まったく分からないと言っていたが、
この神社の本当の祭神なのかもしれない?

モロード様というと、間違いなく客人神(まろうどかみ)のことだろう。
一説には天孫系の神に祭神の地位を奪われ、
客人扱いされている神様なのだという。
また一説には客人神の分布が、
製鉄に関わる遺跡・地名の分布と重なることから、
出雲の客人・少彦名神に関係しているともいう。
正体の分かっている客人神としては、
埼玉の氷川神社の客人神が有名で、
なんとその正体はアラハバキ神だとされている。
氷川神社は出雲の斐伊川に鎮座する、
杵築大社(出雲大社)からの勧請によるもの。
そしてアラハバキ神も、製鉄に関係がある神といわれているのだ。

アラハバキ神といえば、三河にはアラハバキ神を祀る神社が多いという。
そして三河と遠江は隣同士である。
謂伊神社のモロード様は、
アラハバキ神である可能性が高いのではないか!?
(でも伊豆社ってなんだ…?)

そんなこんなで想像をふくらませてしまった。
しかし謂伊神社に来た真の目的は、モロード様ではなく、
もっとすごいものなのだ!


つづく

八海山尊神社を離れる時は、もう既に日が傾いていたが、
やはりもう一つの八海山神社にも行ってみることにした。

途中、大前(おおさき)神社で湧き水を補給。
龍神様の口から水が絶え間なく出ていて、
いかにも霊験あらたかな印象。
と思ったら、頭の上に招き猫が乗っていた(笑)
意外とお茶目な龍神様だ。
大前神社は稲荷神社だが、湧き水の真上には
不動明王が燃えさかる炎を背に立っていた。

060902_7825.jpg


060902_7826.jpg


八海山神社は八海山スキー場の少し手前。
到着した時は既に辺りが暗くなっていた。
長い杉参道を歩いていると、道の脇に広場があった。
正面に祭壇のようなものがあったが、
ここで火渡りや護摩祈祷を行うのであろうか。

八海山神社の社務所は蕎麦屋を兼業しているようで、
お腹が減っていたのでここで夕飯ししようかなと思ったが、
ちょうど着いたときは店を閉めたところだった。
後で知ったのだが、ここの蕎麦は繋ぎに
ふ海苔とヤマゴボウの繊維を入れてあるのが特徴。
これがすこぶる旨いらしい。
後で国道沿いで食べたへぎ蕎麦が、至って
普通だったことも考えると、
ここで食べ逃したことは非常に残念である。


さてさて、八海山神社。
八海山尊神社ほどの派手さはないが、
至る所に石碑が立っていて、
ここもまた修験の神社の風格が感じられた。
大木にくくりつけられたお守りは、修験者たちが残したものだろうか。

060902_7832.jpg


060902_7836.jpg


もう暗かったので、あまりうろつくわけにはいかなかったが、
社殿の脇に面白いものを見付けた。
寒修行の滝のようだが、男女のシンボルが祀られていた。
滝が二筋あるので、それになぞらえてのことだろう。
暗闇に妙に艶めかしく輝いていたのが脳裏から離れなかった。
これでは煩悩は絶てないな…

060902_7844.jpg


弥彦山からの帰り道、
群馬との県境までは高速を使わないことにした。
ちょっと寄ってみたい場所があったのだ。

そこは八海山。
八海醸造の仕事もしているので、
是非とも八海山のお酒の作られる風土を、
この目で見ておきたかったのだ。
なにより八海山の神にご挨拶をしておきたかった。

といっても事前に調べて来ていたわけではないので、
地図上で見当をつけて南魚沼までやって来た。
新潟は平野部は道路が綺麗に整備され、
路肩に道祖神や石碑を見ることなど無かったのだが、
ここまで山間部に入り込むと、路肩に信仰の色が見え隠れしている。

八海山の登山口に八海山神社があることは大体予想できていたが、
地図で見ると八海山尊神社と八海山神社を確認できたので、
とりあえず八海山尊神社に向かうことにした。

国道291号線を南下、大崎のトンネルを抜けた辺りに、
八海山尊神社の社務所の看板があった。
おや?八海山尊神社はもっと山奥のはずなのに…
とりあえず私はナビを信じて社務所の前の交差点を
山の方に曲がっていった。


到着してみると、その規模の大きさに驚いた。
近々お祭りでもあるのだろうか?
五色布が空にはためき、境内の大広場の真ん中には、
火渡りに使うような薪が集められていた。
(*後で調べると、ここの火渡りは10月20日と判明。)
そうか、ここは修験の神社だったのか!?

境内には巨大な石塔や岩が至る所に祀られているが、
きちんと計画して造営した印象がした。

060902_7728.jpg


060902_7734.jpg


社殿に続く石段も比較的新しかった。
それもそのはず、旧里宮から御神体を遷座して造営されたのが
昭和54年のことらしい。

060902_7805.jpg


060902_7804.jpg


綺麗な神社だなぁ~、と社殿の裏手に回ると、
そこにはいかにも由緒がありそうな参道があった。
修験者らしき白い石の像の横を通り過ぎ、
前方の鳥居の奥に見たものは…

060902_7743.jpg


墓地!?
いや、しかし全ての墓標にOO霊神と刻まれている。
神の名前なのだろうか?
後で神職の方に聞いたところ、
やはり修験に関わった人のお墓だそうだ。
戒名をもらうのではなく、霊神として八海山に帰っていくのだ。

ここ旧里宮の入り口には豊磐間戸神、櫛磐間戸神の
二柱の門神の名が刻まれた柱があり、
その奥に社殿が見える。
境内に進むと山から下りてきた三人組の修験者とすれ違った。
ここはもう日常の空間ではないようだ。

060902_7774.jpg


社殿の下にあるのは、泰賢行者が三年間の塩断ち穀断ちの末
霊夢を得たという霊窟。
弘法大師が開いた八海山は、享和年中に泰賢行者が
ここ大崎口を開いたことによって中興の時を迎えたという。

霊窟の横には小川が流れていて、そこに禊場があった。
真冬になると、滝に打たれる寒行が盛んに行われているそうだ。

060902_7763.jpg


060902_7766.jpg


ちょうど滝が流れ落ちる場所に霊剣が立っているのだが、
蛇が巻き付いていて面白い。
その後ろには不動明王が三体。
八海山のお酒が奉納されていて、なんだか微笑ましかった。
蓋が開いているのは、ちょっとした気配りか。

060902_7772.jpg


さて、社殿の側は八海山登山口になっている。
さっきの修験者たちはここから降りてきたのだ。
流石に革靴で山に入るのは辛いので、
ほんの少しだけ登ってみた。
登山道の脇に広場があるので行ってみると、
古峰大神・三笠山大神・御嶽大神・八海山大神・
二十一社大神・普賢霊神の碑が並んでいた。
そしてさらに奥には八海山大神の石碑。

060902_7792.jpg


鏡が艶めかしい光を放っていた。
このように祀られた石碑は見たことが無いので対応に困る。
鏡をのぞき込みたい衝動に駆られたが、
なんだかそれは失礼にあたる気がしたのでやめておいた。

他にもこの広場には大黒様の社などもあり、
入山前にこの場で何らかの祈りを捧げるような印象だ。
私は修験の山にはあまり入ったことがないので、
未知のものだらけで感動した。


私もいずれは、山に入る日が来るのだろうか。
登山道入り口の猿田彦神が手招いているような気がしてならない。

060902_7796.jpg


新潟での夜は、野営とした。
弥彦山の麓、だだっ広い砂浜の片隅で、
太古の昔、遙か海の彼方から流れ着いてきた人々、
瞬く星々と寄せては返す潮騒にその姿を想い微睡み、
いつしか夜は明けていた。

目を覚ますと、一面の青空。
昨日のもやの掛かった天気が嘘のようだ。
私は車を走らせた。

目指すは弥彦山頂。
弥彦神社側からロープウェイも出ているが、
車でスカイラインを登ることも出来る。
昨日は時間の都合で登頂は諦めたが、
そのお陰で晴天に恵まれた。
これは何かのお導きに違いない。

山道を飛ばしていると、後ろから走り屋のGT-Rが追いついてきた。
張り合うつもりなどサラサラ無いので、道を譲る為に路肩に。
開けた場所から眼下を臨む。
空が近い。山頂ははもうすぐだ!

060902_7675.jpg


060902_7679.jpg


山の上の駐車場に車を停めて、
クライミングカーに乗って頂上付近に至る。
乗車場に未来型展望台、パノラマタワーが
にょきっと建っていたが素通り。
遮るものの何もない山の上にいるのに、
なぜにガラス越しのパノラマ風景を見る必要があろうものか。
まったくもって無駄である。

気を取り直してハイキングコースを歩く。
乗車場から目的地まで、実は結構歩くのだ。
朝方だったため、ウォーキングの人々と沢山すれ違った。
軽装で颯爽と歩く地元の人たち。
とても気持ちよさそうだ。

060902_7704.jpg


そろそろかな、と思った頃に、
注連縄の結界が見えてきた。
ここから先は神域だ。
しばらく行くとコンクリート製の鳥居。
ここ弥彦山頂は弥彦神社奥宮(御神廟)が鎮座しているのだ。

060902_7685.jpg


山頂の開けた場所に10m四方の玉垣、
そして南に向かって鳥居が建っている。
玉垣の中は木が鬱蒼と茂り、何があるのかはよく分からなかった。
磐座でもあるのだろうか?それとも墓所か?
いずれにせよ、ここに伊夜比古神が祀られていることは間違いない。
この地に立てば、ここが王者に相応しい場所であることは、
一目瞭然なのである。

060902_7682.jpg


眼下に広がる穀倉地帯。
色付き始めた稲穂が黄金色に輝く。
古代も今も、ここから眺める風景は、
そんなに変わってはいないはずだ。

060902_7689.jpg


そして反対側には大海原。
佐渡もはっきりと見ることが出来る。
佐渡国一宮、度津神社はどの辺りだろうか。
五十猛命を祀る式内社である。
正月には弥彦のカラスが度津神社へ渡るという伝承があるそうだ。

自分たちの作った土地と、自分たちの渡ってきた海。
その両方が手に取るように望めるこの弥彦山が、
この地の聖域であることを、心の奥から実感できた。

060902_7723.jpg


遠く弥彦の山を眺め、豊かな実りに感謝する。
これこそがまさに信仰の原点というべきものだろう。

060902_7716.jpg








9月のはじめに新潟を訪れた。
昼からの仕事だったので、早朝に新潟入りして、
越後国一宮弥彦神社に仕事の無事を祈願することにした。

弥彦神社は中越の西蒲原群、その名も弥彦山に鎮座している。
長岡市から信濃川に沿って北上すると、
河口近くにぽっこりと形の良い山がある。
そこが弥彦山である。

祭神は中世以降は天香山命(アメノカゴヤマノミコト)。
天香山命は、神武天皇の大和(奈良)入りのあと、
大和から越後開拓を命じられて、
越後地方の開拓につとめたとされている。

060827_7347.jpg


境内入り口の朱塗りの大鳥居の脇には、
菊の御紋の灯籠が威風堂々と建っており、
社格の高さを物語っている。
鳥居を潜り、よく整備された参道を歩くと、
これまた立派な神門が見えてきた。

060901_7355.jpg



060901_7356.jpg


心なしか神門脇の狛犬も、威厳に満ちて見える。

拝殿は弥彦山を背にするように建っていた。
やはり弥彦山を神体山にしていると考えて間違いないだろう。
早朝だというのに参拝者は絶えず。
昇殿参拝者もひっきりなしだった。

ふと気が付いたのだが、略式参拝の人は二拝二拍手なのに対し、
昇殿参拝の人は二拝四拍手を行っているようだ。
詳しく聞こうと思ったが、もう御朱印をもらった後で
切っ掛けが掴めず諦めた。
二拝四拍手といえば宇佐神宮と出雲大社が有名だが、
それ以外には知らなかったので意外だった。
この二拝四拍手に秘められた共通項は一体何だろう?
(*後で電話で確認したところ、弥彦神社に関しては、
二拍手を二回重ねて、より一層の敬意を表しているそうだ。)


実は祭神の天香山命は中世以前は、
伊夜比古神(イヤヒコノカミ)を祀っており、
この伊夜比古神は大屋毘古神、または五十猛命かもしれないのだ。
五十猛命は志賀島の海人、阿曇磯良(あづみのいそら)、
別名、磯武良(いそたけら)と同一人物ではないか、
ともいわれていて、安曇族との関係が示唆されている。

日本書紀の記述では、
五十猛命は素盞嗚尊の御子神とされており、
共に高天原から新羅に降臨したが、
素盞嗚尊が「ここにはいたくない」と言ったため、
改めて出雲に降り立った。
そして、高天原から持ってきた樹木を、
九州からはじめて全国に植えたので、
日本は樹木の生い茂る国になったというのだ。
いわゆる樹木の神なのだが、日本に農耕に関する文化を伝えた、
とも考えられなくは無いだろうか。

網野吉彦氏の研究によると、
古代の海運は河口を中心に栄えていたという。
もちろん大河を使った水運も含めてのことである。
河川の要所には牧と呼ばれる馬の飼育場があり、
それらを起点に馬を使った物流網が出来ていたという。
日本一長い信濃川の河口に位置する弥彦山は、
海人族の拠点として相応しい土地のようにも思えるのだ。


天香山命は中央の圧力によって
地元神と習合された後の名前だとする。
ではそれ以前の神とされている、伊夜比古神、
越後に上陸して文化を伝え、開拓していったこの人物こそが、
弥彦山に祀られている本当の神なのであろう。

遙か遠くの国から流れ着いた人物、
その真偽はさておき、なんとも浪漫あふれる話である。
古代のことは、知れば知るほどややこしくなっていくのだが、
それこそが人を惹きつける魅力なのだろう。

060901_7366.jpg


参道を歩いていると、二拝四拍手が聞こえたので行ってみた。
そこには境内の末社八柱が集められた区画があり、
各社ずらっと並んだ様は壮観であった。
各社それぞれの前で祝詞をあげて順々に参拝していた人がいて、
それはそれは神々しい光景だった。

さて帰ろうと思い、裏道を駐車場に向けて歩いていくと、
何やら怪しげな小道にさっきの人が入っていくのが見えた。
興味を持って見守っていると、
やはり同じように祝詞をあげてお参りしていた。

060901_7372.jpg


たまたま近くに境内配置図があったので確認すると、
その小道には×印が付いていて、祭神も何も書いていない。
何だろう?
小道を進んだ先にあったものは…

060901_7375.jpg


朽ち果てた狛犬に守られた鳥居の奥に、
こんもりと土が盛られていた。
小さな社の前に立てられた幣束に木漏れ日が降り注ぐ。
あまりの美しさに、思わず手を合わせてしまうほど。
さっきの祝詞の霊力が、まだ残っていたのだろうか?
こういう光景に出会えると、その日一日が清々しく思える。


Design by mi104c.
Copyright © 2006 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。