FC2ブログ

2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

八海山尊神社を離れる時は、もう既に日が傾いていたが、
やはりもう一つの八海山神社にも行ってみることにした。

途中、大前(おおさき)神社で湧き水を補給。
龍神様の口から水が絶え間なく出ていて、
いかにも霊験あらたかな印象。
と思ったら、頭の上に招き猫が乗っていた(笑)
意外とお茶目な龍神様だ。
大前神社は稲荷神社だが、湧き水の真上には
不動明王が燃えさかる炎を背に立っていた。

060902_7825.jpg


060902_7826.jpg


八海山神社は八海山スキー場の少し手前。
到着した時は既に辺りが暗くなっていた。
長い杉参道を歩いていると、道の脇に広場があった。
正面に祭壇のようなものがあったが、
ここで火渡りや護摩祈祷を行うのであろうか。

八海山神社の社務所は蕎麦屋を兼業しているようで、
お腹が減っていたのでここで夕飯ししようかなと思ったが、
ちょうど着いたときは店を閉めたところだった。
後で知ったのだが、ここの蕎麦は繋ぎに
ふ海苔とヤマゴボウの繊維を入れてあるのが特徴。
これがすこぶる旨いらしい。
後で国道沿いで食べたへぎ蕎麦が、至って
普通だったことも考えると、
ここで食べ逃したことは非常に残念である。


さてさて、八海山神社。
八海山尊神社ほどの派手さはないが、
至る所に石碑が立っていて、
ここもまた修験の神社の風格が感じられた。
大木にくくりつけられたお守りは、修験者たちが残したものだろうか。

060902_7832.jpg


060902_7836.jpg


もう暗かったので、あまりうろつくわけにはいかなかったが、
社殿の脇に面白いものを見付けた。
寒修行の滝のようだが、男女のシンボルが祀られていた。
滝が二筋あるので、それになぞらえてのことだろう。
暗闇に妙に艶めかしく輝いていたのが脳裏から離れなかった。
これでは煩悩は絶てないな…

060902_7844.jpg

スポンサーサイト




弥彦山からの帰り道、
群馬との県境までは高速を使わないことにした。
ちょっと寄ってみたい場所があったのだ。

そこは八海山。
八海醸造の仕事もしているので、
是非とも八海山のお酒の作られる風土を、
この目で見ておきたかったのだ。
なにより八海山の神にご挨拶をしておきたかった。

といっても事前に調べて来ていたわけではないので、
地図上で見当をつけて南魚沼までやって来た。
新潟は平野部は道路が綺麗に整備され、
路肩に道祖神や石碑を見ることなど無かったのだが、
ここまで山間部に入り込むと、路肩に信仰の色が見え隠れしている。

八海山の登山口に八海山神社があることは大体予想できていたが、
地図で見ると八海山尊神社と八海山神社を確認できたので、
とりあえず八海山尊神社に向かうことにした。

国道291号線を南下、大崎のトンネルを抜けた辺りに、
八海山尊神社の社務所の看板があった。
おや?八海山尊神社はもっと山奥のはずなのに…
とりあえず私はナビを信じて社務所の前の交差点を
山の方に曲がっていった。


到着してみると、その規模の大きさに驚いた。
近々お祭りでもあるのだろうか?
五色布が空にはためき、境内の大広場の真ん中には、
火渡りに使うような薪が集められていた。
(*後で調べると、ここの火渡りは10月20日と判明。)
そうか、ここは修験の神社だったのか!?

境内には巨大な石塔や岩が至る所に祀られているが、
きちんと計画して造営した印象がした。

060902_7728.jpg


060902_7734.jpg


社殿に続く石段も比較的新しかった。
それもそのはず、旧里宮から御神体を遷座して造営されたのが
昭和54年のことらしい。

060902_7805.jpg


060902_7804.jpg


綺麗な神社だなぁ~、と社殿の裏手に回ると、
そこにはいかにも由緒がありそうな参道があった。
修験者らしき白い石の像の横を通り過ぎ、
前方の鳥居の奥に見たものは…

060902_7743.jpg


墓地!?
いや、しかし全ての墓標にOO霊神と刻まれている。
神の名前なのだろうか?
後で神職の方に聞いたところ、
やはり修験に関わった人のお墓だそうだ。
戒名をもらうのではなく、霊神として八海山に帰っていくのだ。

ここ旧里宮の入り口には豊磐間戸神、櫛磐間戸神の
二柱の門神の名が刻まれた柱があり、
その奥に社殿が見える。
境内に進むと山から下りてきた三人組の修験者とすれ違った。
ここはもう日常の空間ではないようだ。

060902_7774.jpg


社殿の下にあるのは、泰賢行者が三年間の塩断ち穀断ちの末
霊夢を得たという霊窟。
弘法大師が開いた八海山は、享和年中に泰賢行者が
ここ大崎口を開いたことによって中興の時を迎えたという。

霊窟の横には小川が流れていて、そこに禊場があった。
真冬になると、滝に打たれる寒行が盛んに行われているそうだ。

060902_7763.jpg


060902_7766.jpg


ちょうど滝が流れ落ちる場所に霊剣が立っているのだが、
蛇が巻き付いていて面白い。
その後ろには不動明王が三体。
八海山のお酒が奉納されていて、なんだか微笑ましかった。
蓋が開いているのは、ちょっとした気配りか。

060902_7772.jpg


さて、社殿の側は八海山登山口になっている。
さっきの修験者たちはここから降りてきたのだ。
流石に革靴で山に入るのは辛いので、
ほんの少しだけ登ってみた。
登山道の脇に広場があるので行ってみると、
古峰大神・三笠山大神・御嶽大神・八海山大神・
二十一社大神・普賢霊神の碑が並んでいた。
そしてさらに奥には八海山大神の石碑。

060902_7792.jpg


鏡が艶めかしい光を放っていた。
このように祀られた石碑は見たことが無いので対応に困る。
鏡をのぞき込みたい衝動に駆られたが、
なんだかそれは失礼にあたる気がしたのでやめておいた。

他にもこの広場には大黒様の社などもあり、
入山前にこの場で何らかの祈りを捧げるような印象だ。
私は修験の山にはあまり入ったことがないので、
未知のものだらけで感動した。


私もいずれは、山に入る日が来るのだろうか。
登山道入り口の猿田彦神が手招いているような気がしてならない。

060902_7796.jpg


新潟での夜は、野営とした。
弥彦山の麓、だだっ広い砂浜の片隅で、
太古の昔、遙か海の彼方から流れ着いてきた人々、
瞬く星々と寄せては返す潮騒にその姿を想い微睡み、
いつしか夜は明けていた。

目を覚ますと、一面の青空。
昨日のもやの掛かった天気が嘘のようだ。
私は車を走らせた。

目指すは弥彦山頂。
弥彦神社側からロープウェイも出ているが、
車でスカイラインを登ることも出来る。
昨日は時間の都合で登頂は諦めたが、
そのお陰で晴天に恵まれた。
これは何かのお導きに違いない。

山道を飛ばしていると、後ろから走り屋のGT-Rが追いついてきた。
張り合うつもりなどサラサラ無いので、道を譲る為に路肩に。
開けた場所から眼下を臨む。
空が近い。山頂ははもうすぐだ!

060902_7675.jpg


060902_7679.jpg


山の上の駐車場に車を停めて、
クライミングカーに乗って頂上付近に至る。
乗車場に未来型展望台、パノラマタワーが
にょきっと建っていたが素通り。
遮るものの何もない山の上にいるのに、
なぜにガラス越しのパノラマ風景を見る必要があろうものか。
まったくもって無駄である。

気を取り直してハイキングコースを歩く。
乗車場から目的地まで、実は結構歩くのだ。
朝方だったため、ウォーキングの人々と沢山すれ違った。
軽装で颯爽と歩く地元の人たち。
とても気持ちよさそうだ。

060902_7704.jpg


そろそろかな、と思った頃に、
注連縄の結界が見えてきた。
ここから先は神域だ。
しばらく行くとコンクリート製の鳥居。
ここ弥彦山頂は弥彦神社奥宮(御神廟)が鎮座しているのだ。

060902_7685.jpg


山頂の開けた場所に10m四方の玉垣、
そして南に向かって鳥居が建っている。
玉垣の中は木が鬱蒼と茂り、何があるのかはよく分からなかった。
磐座でもあるのだろうか?それとも墓所か?
いずれにせよ、ここに伊夜比古神が祀られていることは間違いない。
この地に立てば、ここが王者に相応しい場所であることは、
一目瞭然なのである。

060902_7682.jpg


眼下に広がる穀倉地帯。
色付き始めた稲穂が黄金色に輝く。
古代も今も、ここから眺める風景は、
そんなに変わってはいないはずだ。

060902_7689.jpg


そして反対側には大海原。
佐渡もはっきりと見ることが出来る。
佐渡国一宮、度津神社はどの辺りだろうか。
五十猛命を祀る式内社である。
正月には弥彦のカラスが度津神社へ渡るという伝承があるそうだ。

自分たちの作った土地と、自分たちの渡ってきた海。
その両方が手に取るように望めるこの弥彦山が、
この地の聖域であることを、心の奥から実感できた。

060902_7723.jpg


遠く弥彦の山を眺め、豊かな実りに感謝する。
これこそがまさに信仰の原点というべきものだろう。

060902_7716.jpg









Design by mi104c.
Copyright © 2006 風と土の記録, All rights reserved.