2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○甲斐奈神社

笛吹市春日居町国府にある甲斐奈神社。
”甲斐の神社”という意味らしい。
その名に違わず、甲斐国総社格式を持つ。
総社とは、国司が通常は一宮二宮三宮…と
地域の格の高い神社を巡拝していたものを、
国府の近くに合祀したものである。
つまりは役人にとって便利な合同庁舎みたいなものだ。
とはいえ、御室山を近くに望む立地は
甲斐の神を統べるには最適だと言える。

20061122174001.jpg


甲斐奈神社は場所が分からず、
御室山からの帰路に偶然見つけた。
夕刻から降り出した雨が、勢いを増して来ていたので、
参拝は次回にしようかと思ったが、
入り組んだ市街地に再び来ることを考えると、
無理をして雨の中、境内に足を踏み入れた。

鳥居の手前に小さな立石があり、
注連縄が掛かっている。
正面から写真を撮りたかったが、なんとあろう事か、
お犬様の粗相がそのまま放置されていたので、
背面からの撮影。
よりによって注連縄のかかった神社の境界に粗相とは、
まったく飼い主の意識の低さが嘆かわしい。
しかし怪我の功名、背面から注意深く見たおかげで、
鳥居前の立石の意味が分かった。
車止めだ。
先の美和神社では、鳥居前の石柱と立石と拝殿が
一直線上に配置されていたし、
ここ甲斐奈神社でもそうである。
立石がなくとも、鳥居前に石柱がある神社を沢山見かけたので、
不思議に思っていたのだ。

20061122174011.jpg


甲斐奈神社の拝殿の前に、ちょこんと佇む立石。
あいにくの雨で折角の注連縄が濡れてしまっていた。
これまで見てきた立石は、
拝殿に向かう参道の途中に立石があったが、
甲斐奈神社の立石は、拝殿と一体化している
といっても過言ではない。
拝殿前は広場で、場所がないわけでもないのだが…
妙に近い狛犬と相まって、不思議な景観を作り出している。

余談だが、社殿の裏手に回ると突然警報が鳴り出した。
物騒な世の中、警備が必要なのは分かるが、
もっと感度を下げて欲しいものである…


○石和八幡宮

20061122174020.jpg


別の日、住所の分からない神社を探して
石和温泉を徘徊していた時、
偶然見つけたのが石和八幡宮。
社記によると、甲斐源氏の祖信義の子信光が
建久三年(1192年)鶴岡八幡宮をこの地に勧請して、
この地の産土神としたのが始まりである。
私も一応甲斐源氏のはしくれである。
車を停めて境内に踏みいると、何やら騒がしい。
なんと、前日の夜に社殿が焼けてしまったらしい。
未だ燻っている社殿の残骸を、
氏子の方や消防士たちが見守っていた。

061030_8520.jpg


安永三年(1774年)の石和町最古の拝殿も、
豊臣時代の幅五尺もある一対の絵馬も、
江戸時代に奉納された多数の絵馬も、
みんな灰燼と化したのである。
訪れるのがあと一日早ければ、
それらを記録として残すことが出来たかと思うと、
無念でならない。
人の作った社など、いつかは消えてなくなるものだが、
だからこそ、失われる前にその姿を留めておきたい。
私にはその手段があるのだ。
記録芸術である写真、
どう使おうとそれぞれの勝手ではあるが、
せめて私は有意義に使いたいと思う。


○舟形神社

石和を徘徊して探していたのはこの舟形神社である。
小石和といって、実際は少し石和から離れた土地に鎮座していた。
舟形神社は、地図での表記は諏訪神社となっており、
探すのに大変苦労した。
甲州には諏訪神社は星の数ほど存在するのだ。
小石和の諏訪神社は、石和川の水難鎮護の為に
上諏訪より勧請したのが始まり。
芦毛の馬を忌み、里人がこれを飼蓄すれば、
神が必ずこれを林中に匿すと言われた。
麻をつくることを忌むと言う伝説もあるそうだ。
詳細はよく分からないが、馬と養蚕こそが
この地の特産品と言えるのに、
それを禁忌にしてしまうとはなにやら意味深である。

神社の写真を撮っていると、老人が声を掛けてきた。
どうやら私を新聞記者か何かと思ったらしい。
趣味で神社を巡っていると話すと、
殊勝だといって色々と境内を案内してくれた。
老人は諏訪神社の氏子の方で、
社殿建て替えのついでに石碑や摂社を、
社記と照らし合わせて調べているところだという。
一つ一つの祠にも、ちゃんと勧請年が記録されていて、
全ての祠の解説をしてくれた。
面白かったのが、産土神の前に丸石が置いてあり、
それは記録に残っていないとのこと。
産土神だから、きっと誰かが出産祈願に
どこかから持ってきたのだろうと言っていた。
丸石は道祖神だけではなく、
やはり子宝に関わる信仰の対象でもあるようだ。

20061122174035.jpg


社殿は、ちょうど拝殿を取り壊したあとだったらしく、
本殿だけが剥き出しになっていた。
なかなか目にすることの出来ない光景である。
工事用三角コーンを画角外に除け撮影。
甲府の玉諸神社のような立派な社殿は
なかなか出来ないとは思うが、
子々孫々に恥じない、
丁寧な拝殿を造ってもらいたいものである。

この神社の立石は、なんと一直線上に三つ並んでいる。
鳥居前に一つ、随神門前に一つ、拝殿前に一つ。
老人に立石の意味を聞いたところ、
お百度参りの時に、目印になるとの回答を得た。
なるほど、そういう使われ方もされるのだろう。
だが、結局意味は分からず仕舞だった…

20061122174042.jpg


つづく

スポンサーサイト

社と立石・甲州石神考その2
先日の日記で、山梨の丸石道祖神について書いた。
その時に、立石または石棒についても少し触れたが、
実は山梨には、もっと分かりやすい立石信仰があるのだ。

それは神社の境内の、最も分かりやすい位置に、
いかにも意味ありげに佇んでいるのである。


○一宮浅間神社

笛吹市一宮町、甲斐国一宮浅間(あさま)神社。
東京から甲州街道で甲府盆地に入り、
しばらく行くと右手に大きな赤い鳥居が見える。
右折し鳥居を潜ると、そこが一宮浅間神社である。
貞観六年五月二十五日、富士山の大噴火の折り、
駿河の浅間神社の怠慢だとして、
富士山北麓の甲斐にも浅間神社を祀ったのが始まりである。
本来は釈迦堂遺跡の近くに創建したものを、
改めて平地に社殿を移したのが、この一宮町の浅間神社である。
祭神は木花開耶姫命。富士山の女神である。
そしてその社殿の目の前に突き立っているものが…

061023_7927.jpg


「子持ち石」という名の陽物石である。
なるほど、この神社は子宝祈願の神としても有名らしい。
浅間神社には、このほか2体の立石が存在し、
それぞれ男根に見立てられ祀られているている。
しかし、この立石を持つ神社は、浅間神社だけではなかったのだ。


○二宮美和神社

次に訪れたのは笛吹市御坂町二之宮、美和神社である。
県立博物館の南、中央道を越えてすぐのところに美和神社はある。
町中にあるが、並木の参道から社殿まで一直線。
先の一宮よりも趣のある境内だ。
拝殿の前は広場になっており、
どこからでも拝殿を見渡すことが出来る。
そして、拝殿に目をやると嫌が応にも立石が目に入るのだ。

061023_7942.jpg


石畳の参道からニョキッと突き出た立石。
元から埋まっていたところに石畳を通したのか、
それとも石畳と一緒に作ったのか。
景行天皇の時代、日本武尊東征の際に、
大和の大三輪神社から勧請したのが始まりである。
当然祭神は大物主命。
重文の大物主神像をはじめ、武田家に所縁のある宝物、
無形文化財の太々神楽など、沢山の文化遺産が残っているが、
逞しい立石については何も述べられてはいなかった。


○三宮玉諸神社

一宮、二宮と続けば当然次は三宮。
どれも延喜式神名帳に名が残る、由緒正しい古社である。
甲府市国玉町、駅伝で有名な山梨学院大の南に玉諸神社は鎮座している。

社記には、元々は北方の三宝山上に祀られていた社を、
景行天皇の時代、日本武尊の東征の際に、
水害に苦しむ甲斐の民の為に、国中央の佳き地を選び、
水害防止のため一つの球を土中に納め、
上に一株の杉を植え国玉大神として祀ったとある。
この杉を玉室杉と呼んだことから、
玉諸の名が起こったとも伝えられている。

三宝山とは御室山、すなわち大蔵経寺山のことであろう。
山梨の石信仰は、この山を中心に展開している
といっても過言ではない重要な山である。

社記で述べられている球とは、
きっと丸石信仰に所縁のあるものだと思うのだが、
玉室杉もろとも、見つけることが出来なかった。
戦国末期、織田軍の兵火にかかり全焼したそうなので、
その時に失われてしまったのかもしれない。

061023_7540.jpg


肝心の立石は、この神社には存在していなかった。
丸石が埋まってるから必要ないのだろうか。
拝殿は平成十六年に建て替えたばかりだが、
素晴らしい出来映えの建築だった。
時代を経るごとに、風格が出てくることが期待できる。
個人的趣向では、あまり新しい神社は好まないのだが、
久々に将来が期待できる社殿に出会ったことが嬉しかった。


つづく




20061122172813.jpg


甲府盆地を旅していると、必ず目にするものがある。
積み上げられた小さな丸石、ドンッと置かれた大きな丸石。
丸石道祖神である。

以前、ワイナリー目当てで勝沼によく出かけていたが、
ブドウ畑の脇に置いてある丸石を、
当時はブドウの守り神か何かかと思っていた。
それもそのはず勝沼は、至る処にブドウ畑、
そして至る処に丸石が置いてあるのだ。

それが道祖神であることを知ったのは最近のことだった。

この度山梨に所用があって、10月は何度か甲府盆地を訪れた。
そして時間の都合のつく限り、盆地内を走り回った。
そこで出会った石神さまを、ここに記したいと思う。



061015_6274.jpg


某日、私はとある調べ物の為笛吹川北岸にいた。
上流から甲州市、山梨市、笛吹市、の辺りである。
この辺りには石にまつわる神社が多い。
次の日の探索に備え、「ほったらかし温泉」で一風呂浴びた私は、
道の駅牧丘に向かって山道を走っていた。
いや、正確には道を誤って国道に出損なったのだ。
だが、これこそが怪我の功名。
その道には路傍の丸石がやたらと多かったのだ。

人も通らぬ夜道のこと。
私は車を停め、その丸石を注意深く調べた。
台座に道祖神の文字。
道祖神と言えば、村と村の境界や辻、三叉路の片隅に
ポツンと鎮座している石の神様である。
辻に立ち、疫病・災害などをもたらす悪霊が
集落に入るのを防ぐとされている。
これまで、男女で仲良く並んでいる双体道祖神や、
文字だけの石碑の道祖神を見たことはあっても、
ただの丸石が道祖神として祀られているとは初めて知った。
台座に道祖神と彫られているからには、間違いなく道祖神なのだ。

翌日からの私の旅程に、道祖神を巡ることが追加された。



甲府盆地には北東から笛吹川、北西からは釜無川が流れ込み、
笛吹川と釜無川は盆地南部で合流して富士川となる。
近代以前は、盆地北東部、主に笛吹川流域を国内地方と呼び
甲斐源氏嫡流の武田氏が支配、
盆地南西部、主に富士川流域を武田一族の穴山氏が支配していた。
同じ甲府盆地でも、土地が違えば文化も違う。
丸石道祖神が多く見られるのは、国内地方である。

061031_8364.jpg


山梨市七日市場には、県下最大の丸石道祖神がある。
直径約1m、バス停の横に道祖神の為の土地があり、
養蚕の神、蚕影山の石碑と共に、小さな丸石を伴って鎮座している。
笛吹川の南岸のこの地、山梨市駅から大井俣神社を経て
七日市場に至る道もまた、丸石道祖神の多い道だった。

20061122172955.jpg


さて、一方で河内地方の道祖神はどうかというと、
丸石を見ることは少なく、双体道祖神がメインとなっている。
市川大門を中心に探索して回ったのだが、
私の見た限りでは、路傍に丸石を見出すことは出来なかった。

20061122173028.jpg


20061122173039.jpg


この中心に幣束を立てた双体道祖神は、
諏訪地方でよく見かけた気がする。
諏訪は道祖神メインで回っていないので
確かなことは言えないが、今度行ったときに調べて来よう。

ところで、諏訪地方と言えば双体道祖神のメッカ。
私は丸石道祖神と双体道祖神の分布の境目を知るために、
甲州街道を諏訪方面に進路をとった。
目指すは釜無川流域である。
もし双体道祖神が多いようならば、
諏訪からの河内を結ぶラインが双体道祖神で繋がる。

20061122173052.jpg


結果は○だった。
丸石である。
この写真は須玉町津金の歴史資料館編集の地図に、
道祖神まつりとして紹介されていた道祖神。
巧みな細工の祠とともにあることからも、
この地を代表する道祖神であることが分かる。
これで丸石の分布がますます分からなくなった。

とはいえ、この辺りは山間の地、
釜無川と須玉の間には、七里岩がある。
韮崎から蔦木まで28kmにおよぶ釜無川が削った断崖だ。
気の迷いで七里岩の上ばかり巡ってしまったが、
道祖神の分布を調べる目的ならば、
釜無川西岸の低地を巡る方が良かったかもしれない。

20061122173102.jpg


須玉では他に面白いものを見付けた。
祠の前に一直線に並ぶ丸石道祖神、
その中ほどに一つ、割れた石棒が紛れ込んでいるのだ。
これは大きな発見である。
路傍の道祖神として、石棒と丸石が共に祀られている例は、
他に見当たらなかった。
道祖神でない例としては、一宮浅間神社境内では
石棒と丸石が一緒に祀られている。
枕石と言って、もとは鳥居脇に倒れていた石を
近年立てて祀ったものだそうだが、
子宝祈願の神社でこの配置(笑)
どう考えても子宝にまつわる石であることは間違いない。

20061122173111.jpg


こういった石棒は、諏訪地方ではミシャグヂ神を表すものとして、
神社の御神体になっていたり、遺跡から発掘されていたりする。
また、釈迦堂遺跡資料館では、死者を埋葬するときに
男性なら石棒を、女性なら器を一緒に埋葬する
といったことが述べられていた。
つまりは男性器と女性器である。
ちなみに釈迦堂遺跡では縄文期の丸石も発掘されたらしいが、
石棒との関連では語られていなかった。
では丸石と石棒の関係はどうなるのだろうか?


先に、道祖神は村の守り神と書いたが、
一言では言い表せないのがこの神の奥深いところ。
子孫繁栄の神とする側面もあるのだ。
男根像を道祖神と見なすこともあれば、
双体道祖神が仲むつまじく愛し合っている例もある。
子孫繁栄の側面から考えれば、
男性器である石棒に対して、丸石は女性か子供だろう。

最後に道祖神ではないと思うが、印象的な例を示しておこう。
甲斐市の諏訪神社社殿奥で見かけた男根像である。
東北ではよく見かけるのだが、
甲州で見かけたのはここだけである。
脇に輝く丸石が添えてあるのが印象深い。





私はまだ、この丸石がどのように発生したのかを知るには至らない。
現在では石工の手によるものも増えてはいるが、
本来は丸石は自然発生するものなのか、
それとも人の手で丸くするものなのだろうか?
遠州には「子生まれ石」といって、
砂岩の自然石から、まん丸の石が自然に生まれてくるという
不思議な石があるが、同じような現象でもあったのだろうか?
また、これは想像だが、
甲府盆地は河川の氾濫に悩まされ続けた地である故に、
笛吹川の水で角が取れて丸くなった石が、
洪水の引いた後に残されていたのかもしれない。
水神の落とし子である。

ともあれ、この地では丸石が
大変な信仰を集めていることだけは確かである。
道祖神と一括りにされているが、
神社や祠に供えられた丸石を見ていると、
どうも簡単に道祖神と言い切ってしまうことの出来ない
特別な意味を持っている気がしてならないのである。


Design by mi104c.
Copyright © 2006 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。