2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


護摩壇の灰はもう煙を上げることもなく、
一般の観衆の行列もすっかり捌け、思い思いに帰って行った。
会場の隅に控えていた消防車も、そろそろと走り去り、
跡には穏やかな安堵が充満していた。

行者たちは最後に一斉に法螺を吹き鳴らし、
行事の終了を告げる。

後は不動院に帰るのみだ。

来たときと同じように列を組み、
来たときと同じ道を戻る。
違うのは、無事荒行を成し終えた
行者たちの面持ちだけだった。

050_070311__CRW_5857.jpg


夕陽に照らされた一行は、
狭い歩道を列を乱さず帰って行った。

051_070311__CRW_5862.jpg




不動院にたどり着くと、大導師を中心に集まった。
最後の読経が澄み切った青空に、
いつまでもいつまでも響き渡った。

052_070311__CRW_5865.jpg


大導師が指導の言葉をかけ、解散。
修験者の多くは民間信仰者。
行が終わると普通の人の顔に戻り、
普段の生活に戻っていくのだ。



解散の声と、行者たちの笑顔を見て、
私もドッと座り込んだ。
とにかく昼前から飲まず食わず。
そのうえ、朝の寒気に服を着込んで来ていたので、
暑くて暑くて堪らない。
ある意味修行だ。





では。

早速精進落としに取りかかろう。
門前街には雰囲気の良い店が沢山あるじゃないか。
奇しくも高尾山は冬そばキャンペーン中である。
私は一番旨そうな店に入り、
とろろそばの大盛りで注文したのであった。






048_070311__IMG_5769.jpg

スポンサーサイト

031_070311__IMG_0558.jpg



未だ燻る護摩壇の正面に、塩の山が供えられた。
火渡りの荒行が始まるのだ。
清めの塩の場所がすなわち、火渡りの出発点となる。

火渡り行に入る前に若い行者が二人、
護摩壇の両脇に設置された大釜と対峙した。
結袈裟を諸肌脱ぎに、笹の枝を神妙に天に掲げる。
と、思った瞬間、煮えたぎる大釜にバシャンと浸し、
そのまま背中に打ち付けた。
右に左に真後ろに、何度も何度もムチ打つように、
熱湯を背中に打ち付ける。

032_070311__IMG_0567.jpg

035_070311__IMG_0576.jpg
 

真後ろにいた観衆は、飛び地る飛沫に逃げまどい、
おかげで私は最良の場所に陣取ることが出来た。
熱湯に耐えた行者は再び結袈裟を纏い、
今度は足袋を脱ぎ揃える。
いよいよだ。

036_070311__IMG_0584.jpg



紫色の法衣の先達が護摩壇の正面に立ち、
灰と煙の向こうの祭壇に祈りを捧げる。

足袋を脱いだ行者たちが、先達の左右に列を成し、
これからの荒行に耐えるべく、精神を統一させている。

先達が三宝の塩を手に、じゅっ、じゅっと、
燻る灰を踏みしめた。
先頭を切って道を清め歩くのだ。
それに続いて行者たちも、しっかりとした、
それでいて素速い足運びで足を運ぶ。
ちょっとでも怖じ気づいたら、それが足取りを鈍らせ、
ひいては足の火傷につながるのだろう。
ただ歩くだけではない。
強靱な精神が屈強な身体を作り上げるのだ。

037_070311__IMG_0600.jpg



039_070311__IMG_0605.jpg


会場が何やらざわついたと思ったら、
大導師に付き従っていた稚児が灰の上を駆け抜けていった。
まだ小学生くらいであろうか。
朱の衣裳を着ていることから、
選ばれしものであることは間違いないのだが、
年端もいかない幼子に、やはり火渡りは辛いようだ。
本人はどう思っているのか、知る術も持たないが、
幼児体験に神秘に触れることが、
今後の成長に多大な影響を及ぼすことは間違いないだろう。
きっと強い人間に育つことかと思う。





040_070311__IMG_0611.jpg


行者が全て渡り終えると、今度は一般の人の火渡りだ。
一般人の頃には灰も温くなっている、
と前情報に聞いていたが、
見たかぎりでは、煙はまだまだ立ちこめている。


20070311_CRW_5846.jpg



陽に照らされた火渡りの光景は、とても美しいものであった。



044_070311__IMG_0621.jpg


045_070311__IMG_5788.jpg


一般の人が火渡りをしている間、
行者たちは場の両側でサポートしてくれている。
小さな子供や老人が渡る際は手を引いて共に渡り、
渡り終える地点では、行者たちが道を囲むように立ち、
マントラと法具の音で祝福するように迎えている。
祭壇の前では大導師と紫法衣の先達が、
金剛杵を肩に当て、労をねぎらってくれる。
自分たちが行を終えても、それで満足することなく、
民を安全に導かなくてはならないのだ。
ここに民間と切っては切れない関係を持つ、
修験道のあらましを垣間見た気がした。

046_070311__IMG_5782.jpg

047_070311__IMG_0625.jpg


つづく

023_070311__CRW_5823.jpg



大導師の祈祷も佳境に入ったようだ。
立ち上がり、法剣を振るう。
法剣で護摩木の封を切り、マントラを称えながら
護摩壇に向かって投げ入れる。
護摩壇の左右からも行者たちが護摩木を投げ入れ、
火力は益々激しくなった。

灰と煙と熱気が凄い。
私は大導師のすぐ後ろにいたので、
風向きが変わるともろに熱を受ける。
流石に大導師の老体には応えるのであろう。
時々付き添いの行者が菅笠で、大導師の顔を庇っているようだ。


026_070311__IMG_0491.jpg

024b_070311_IMG_0492.jpg

027_070311__IMG_0531.jpg

028_070311__IMG_0530.jpg

029_070311___0545.jpg



結界内は荒れ狂う劫火に苛まれた。
灰が飛び散り煙が目に染み、熱が行者の法衣を焦がす。
私の回りの観衆も、ひとり、ふたりと退散していく。
火を鎮めるために行者が阿伽(あか)と呼ばれる水をかけ、
鍬のような法具で火を整える。
修行を積んだ行者でも、やはり炎には耐えられないのか、
なかなか護摩壇に近づけないようだ。
顔を背け、手を伸ばして杉の葉を火に押し込む様子には、
見ているこちらも苦しくなる。




やがて、行者たちと観衆の見守る中
火は落ち着き護摩壇は白い灰の野と化していくのであった。

030_070311__IMG_0519.jpg



つづく

燃える松明を掲げた行者を先頭にして、
柵と注連縄で結界された四角い空間に、
行者一行が入っていった。

南西の端から入った一行は、結界の中をぐるりと周り、
それぞれの定位置に落ち着く。
北に祭壇、真中に護摩壇、南に大導師の座が用意されていた。

012_070311__CRW_5797.jpg



いよいよ柴燈護摩行の奉修が始まりである。

大導師に付き従っている先達が、見事な口上で進行を務めていく。

「○○山の△△行者、この度のお勤めご苦労でござる。」
「うけたまわり候」

おそらく相手も、相当修行を積んだ行者なのだろう。
強く、澄み切った返答に、計り知れない力を感じる。
どこの所属なのかはちょっと分からないが、
何人かそのような受け答えがあった。
全国から名のある行者が集まっているのかもしれない。


015_070311__IMG_0440.jpg



祭事は次々と進んでいく。
斧を担いだ屈強の行者が護摩壇の前に立ったかと思うと、
渾身の力で幾度となく振りかぶる。
煩悩を断ち切る斧である。

法剣でも同じことをし、その次は弓を持った行者が、
護摩壇に向け矢を放つ。
南東の角から順に、全ての角で矢を放つ。
最後に護摩壇の目の前で、天に向かって矢を放つ。
見事。
鋭い動きで放つ矢は、空気を切り裂き護摩壇に刺さった。
見ているものをも魅了するほど、清々しい所作であった。

016_070311__IMG_0460.jpg


017_070311__IMG_0454.jpg





019_070311__IMG_0470.jpg


そして、遂に護摩壇に火が点される。
先の雨で湿っているのか、堆く積まれた杉の葉には、
なかなか火が付かない。
やっとの事で白い煙が立ちのぼり始めると、
護摩壇の火に当てるために、梵天の御輿が護摩壇を回り出した。
周囲の行者達が一斉に錫杖を鳴らし、マントラを繰り返す。
その絶えることない独特のうねりの中を、
梵天を担いだ行者たちが、何度も何度も護摩壇を回り、
御守札に霊力を注ぎ込む。

011_070311__IMG_0477.jpg


010_070311__CRW_5805.jpg





020_070311__CRW_5816.jpg






行者達に呼応したのか、燻った火が勢いを持ち始め、
白い煙が天高く昇り始めた。
大導師の祈祷も、どんどん力を増していく。

021_070311__IMG_0498.jpg


022_070311__IMG_0497.jpg







つづく


Design by mi104c.
Copyright © 2007 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。