2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夕暮れ、大崎の荒脛巾神社から涌谷町の黄金山神社を経て、
塩竃神社の秘宝を拝見した後、多賀城址にやって来た。

簡単に説明すると、黄金山神社は聖武天皇の時代、
東大寺の大仏建立の為の金を工面しているさなか、
百済王敬福によって日本初の金の産出が行われた場所である。
このことから、陸奥には金があると知れ渡り、
朝廷による蝦夷計略の歴史が始まるのだ。

塩竃神社は陸奥国一宮、かつて鹽土老翁神という人物が、
海上経由でやって来て(朝廷か?)、
原地の民に製塩を教え街を発展させたという由来の場所。
秘宝の製塩の竈が4つ、今でも水を張られた状態で残っており、
その水の色が変わると変事が起こるという。
写真はダメだが、拝観は受け付けている。

多賀城は、朝廷の蝦夷計略の前線基地で、陸奥国の国府。
坂上田村麻呂が蝦夷との境界線を北に広げるまでは、
常に軍事基地として機能した。

つまりは、この一帯は朝廷と蝦夷のせめぎ合いの歴史そのもので、
今回の旅は、その地を実際に見ることも目的であった。

その多賀城は今は基礎のみを残して公園化している。
そしてその隣接地にも、荒脛巾神社が存在する。
こちらは大崎の荒脛巾神社よりも知名度が高く、
研究者も何度か取り上げているようである。

なぜ陸奥経営の中心地である多賀城に
蝦夷の信仰篤いアラハバキが存在するのか?
一説には蝦夷をもって蝦夷を制する朝廷側の政策だという。
また、それとは逆に、もともとアラハバキは朝廷が東北に持ち込んだ、
と言う説もある。
まったく正反対の説なのだが、アラハバキの正体が分からないだけに、
その謎が解けるのにはまだまだ時間が掛かりそうだ。



そうなると、現在の多賀城の荒脛巾神社をこの目で見てみたい。
私は暮れゆく夕陽を気にかけながら、この日最後の締めくくりにと、
多賀城市の入り組んだ市街地を、現地に急いだのだった。

カーナビのマップには表示されているのだが、
実際の場所にはなかなかたどり着かない。
やっと鳥居を見つけたと思ったら、畑の向こうだ。
仕方がないのでちょっと離れた陸奥総社の駐車場に車を停め、
現地に向かう。

畑の敷地はちょっと横断出来なさそうだ。
別方向をくまなく探すと、民家の裏の小さな路地の脇に、
あらはばき神社と書かれた板を発見。
明るい木地に白文字だから分からなかった…

070318_6323.jpg


手作り感のある鳥居を抜けると、道の両脇に大きな木。
なかなか見応えのある参道だ。
と思ったら、すぐに民家だった。
なんとこの神社、民家の庭先に鎮座しているのだ。
夕飯の準備をしている姿がカーテン越しに見える。
ちょうど忙しいさなかに来てしまったようだ。
これではちょっとお話しを、と言うわけにはいかないな。

玄関先を突っ切ると、すぐにお社の前に出た。
社が3つ並んでいて、真ん中が荒脛巾神社。
向かって右が養蚕神社で、左が聖徳太子堂。
荒脛巾神社の目の前には蓋をした井戸があり、
その後には水金神の石碑。
荒脛巾神社と養蚕神社の間には、石碑が3つ。
二荒山神社の文字だけが確認でき、その他は分からない。
特筆すべきは、荒脛巾神社の供物の多さであろう。
大崎市の荒脛巾神社にもあったような、
布きれと履き物が賽銭箱の両脇の柱を埋め尽くしている。

070318_6325.jpg

070318_6347.jpg


お社の周りも布が張り巡らされ、縁の上にも沢山の奉納物、
屋根は朽ちたかビニールシートで覆われ、
もはや原型を想像できない。
縁の上の供物は、向かって右には小さな神棚。
中には舟に乗った3体の金精様が乗っていた。
向かって左には、これまたそそり立つ赤い金精様。
根本には鈍く輝くオカメ像。
大きく広げた扇子は、女性器を暗示している。
アラハバキは現在では足の神様だとされるが、
足=下半身 とのことで、生殖器にも御利益があると信じられている。
もしくは、もっと混沌とした理由で、
塞の神や道祖神と習合したのかも知れない。
アラハバキ=塞の神説を唱えている研究者もいるのである。

070318_6332.jpg


収集がつかなくなったので、隣の聖徳太子堂に目を移した。
東北宮城で聖徳太子とは不思議な話だが、
これは宮城から岩手に掛けての民俗信仰、ヒョウトク(もしくはショウトク)
のことなのだろう。
ヒオトコ(火男=ひょっとこ)から転じた言葉で、竈神である。
民家の土間の柱に窯神の面を掲げておくと聞いたことはあるが、
実際に見たことはない。一体、火の気のない社に祀るものなのだろうか。
しかしここもまた凄かった。
正面には赤い衣を纏った異形の石仏が3体並んでいた。
左手には落花生型の石仏と、棒に木の円盤が巻き付いたもの。
木の円盤などは、大崎の荒脛巾神社の穴の空いた丸い石と
雰囲気は似ているかもしれない。


070318_6336.jpg




何だか訳の分からないモヤモヤと、
入っては行けない場所に入ってしまったような後ろめたさ、
そしておっかなびっくりのおどろおどろしさ。
それにすがろうとする信心の集約。
こういった要素こそがまさしく民間信仰なのかと
肌で感じることが出来た気がする。


圧倒され、魅入っている間にすっかり日は暮れてしまった。
民家からは食事の団欒が聞こえていた。
急に現実に戻された気分。
なんだか自分が場違いな場所にいるような気がして、
居たたまれなくなった。

結局アラハバキとは何なのか。
色々なアラハバキを見たら、ますます分からなくなってきた。
もしかしたら、一つの答えだけではないのかもしれない。
永久に解けない謎かけかもしれないが、
それがまた面白いと思う今日この頃なのであった。
スポンサーサイト


荒脛巾神社のお社の裏には、
大きな杉の木が一本、そびえ立ってた。

そしてその根本には三吉神社の石碑。

070318_6213.jpg


三吉神社とは、秋田の霊峰太平山に鎮座する神社で、
646年5月、役の行者小角の創建と伝えられる修験の古社である。
私はこの時まで三吉神社の存在を知らなかったし、
三吉神社の石碑も初めてだったので、あまり興味がわかなかったが、
その石碑の足もとに供えられた石が気になった。
小さな穴の空いた石。
そして隣の石祠の前には、さらに沢山の小石が転がっていたのだ。

070318_6222.jpg


石に小さな文字で願い事を書いているものもあった。
イボイボイボイボイボイボイボイボイボイボイボイボイボイボイボ…

なるほど、イボ取りの願掛けなのだ。
この穴の空いた石、紐を通してお社の扉に括り付けているものもあった。
(一つ前の日記参照)
”穴あき石”と呼ばれる、穴の空いた石を奉納する信仰は、
薬師如来の信仰によく見られる。
穴が通る=よく見える、耳が通る として、
眼病や耳だれの回復祈願に、穴の空いた石や、
それに紐を通したものを納めるのだ。
また、イボ取りの信仰でよく見られるものに、イボを小石でなでたり、
糸を使ってイボを括る真似をするものがある。
これはそれらのごちゃ混ぜになった形なのかもしれない。

070318_6243.jpg



3月18日、私は宮城の田園風景の中にいた。
抜けるような青空、流れゆく雲、
いや、そんな悠長なものではない。
遮るもののないだだっ広い平野に、突風が吹き荒ぶ。
何年か前の冬、同じ宮城の米山の道の駅で車中泊をしたことがあるが、
その時も車体を揺さぶる突風に、身を凍えさせた覚えがある。
この辺りの冬は、いつもそうなのだろうか。

前日、早池峰神社蘇民祭の後は盛岡市街をぶらぶらし、
その夜は花巻の鉛温泉に泊まった。
18日は、夜には自宅に戻りたかったので、
日中は岩手より駒を進めて、宮城でウロウロとしていたのだ。
古川インターからほど近い、大崎市上野目、
その名も荒脛巾という地に鎮座まします荒脛巾神社。
といっても、田圃の中にポツンと佇む、とても小さなお社であった。

トンビさえ揉まれ流され頼りなく舞う風の中、
私は意を決して車を降り、ロングコートの裾を
尋常じゃないほどたなびかせつつ、田圃の中の浮島のような、
小さなお社に続く一本道を歩いた。

070318_6235.jpg



案内板にはこうある。

祭神 祖神として天地水の三神を基とし、
日輪を父なる神、万物を育む地水を母なる神とする
自然神信仰で二千年に及んで鎮座する産土神です。

由来 古代先住民(アラハバキ族)の祖神、
守護神として祀ったもので、ある文献によると、
東北、関東の地に600余社数え平安期のアラハバキ系中心王侯は
南部衣川、安倍氏が後裔と言われる前九年の役後、
改神或いは合祀の憂き目にあい現在県内にのこるアラハバキ社は
当社ほか数社の語鎮座が見られます。

祭祀年 定かではないが、アラハバキ族の王城の地を
西暦前に米山町朝来に、また西暦後、多賀城へ、
そして古川市宮沢(302年)に移したとある。
これを証とすれば、このいずれかの時代にこの地に
一族集団が安住の地をもとめ守護神として祀ったものと
推定される。

あまりも意表を突く文章だった。


実際、アラハバキ信仰とは何か?
私には「分からない」としか言いようがない。
この日記でもこれまで幾つかアラハバキに関するものを紹介してきた。
http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-24.html
http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-23.html
http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-22.html
http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html

この神社の由緒書きに書かれていたアラハバキ族とは、
『東日流外三郡誌』という文書に基づくもののようである。
東北を中心にしたアラハバキ族の歴史を語るこの文書自体は、
昭和の世に捏造されたものだと言われているが、
そうだとしても、こういった文書が作られることには、
それなりの理由があると思う。
それほど東北にはアラハバキ信仰が根付いていると言えるのだろう。

しかし、アラハバキ信仰は東北に限ったことではない。
リンク先の4つめ、三河から遠江西部に掛けても、
アラハバキ信仰の面影は残っており、
有名なところでは、三河国一宮砥鹿神社の摂社が荒羽々気神社である。
また、信頼のおけるサイトの調査した分布を見ると、
出雲国と武蔵国にもアラハバキを祀る神社が多い。
これは、武蔵国のアラハバキが、
出雲系の氷川神社の摂社に多いことに起因し、
このことからアラハバキは製鉄に関係があるのでは?
とも言われている。

その他にも、”ハバ”が蛇の古語を意味することから、
蛇信仰=縄文系古代祭祀の中心 とする説や、
さらにはシュメール語説、インド鬼神説、etc…
数えたらきりがないほど説があるのだ。

ただ、現在における民間信仰の形としては、
ハバキ=脛巾(脛当て)として、旅や足の神様として、
またはイボの神様として祀られていることが多いようだ。
そして上野目の荒脛巾神社も、その例に漏れることなく、
みずいぼの神様として祀られていたのだ。

070318_6231.jpg


070318_6225.jpg


半ば開いた扉から中を覗いてみると、
布や靴やその他諸々雑多なものがごちゃ混ぜに、
壁一面にあふれかえっていた。
明るい日中のこととは言え、たった一人で訪れていた私には、
この何ともいえない異様な雰囲気は恐ろしかった。
逆にいうと、その得体の知れないおどろおどろしさこそが、
現代の世に民間信仰が切り捨てられずに生き残っている証しなのだ。
こんな小さなお社なのに、これほどの奉納品があると言うことは、
この集落だけでなく、様々な場所から人が訪れるのだろう。
私のような一介の民俗ファンが訪れるよりも、
ただし信仰心から訪れる人の方が多いに違いない。

そして、このお社の裏にはさらなる奇妙なものがあった。

つづく






Design by mi104c.
Copyright © 2007 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。