FC2ブログ

2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事


天候はさらに悪化し、雨もどんどん大降りになってきた。

午後からの神事は今宮神社の社殿前で行われるのだが、
あまりに雨が酷いので、急ぎ社殿前にテントを移動、
関係者総動員のお仕事だ。
なんとか境内も落ち着きを取り戻してきた頃、
秩父神社の関係者が今宮神社にやって来た。
きっと今頃は、秩父の街を神官たちの行列が練り歩いていることだろう。

今宮神社の龍神祭の同日午後、秩父神社では御田植祭が執り行われる。
白装束に身を固め、鍬に見立てた竹を持つ神部たちの行列は、
秩父神社を出て今宮神社で水幣(みずぬさ)を受け取り、
秩父神社の鳥居から社殿に至る参道を、
田植えの所作をして歩くのだ。
今宮神社で水幣を受け取ることにより、
秩父の田圃に水が張るということである。

20070404-135008.jpg


飴色の装束を纏った神官が、榊を手に今宮神社の境内にやって来た。
続いて山吹色の神官と白装束の神部たち。
長持を担いだ者もいれば、太鼓を鳴らす者もいる。
一行は朱の鳥居を潜り、社殿前の急設テントの下に整列、
今宮神社の神職たちと対峙した。

20070404-135444.jpg

20070404-140100.jpg


大きな幣が秩父神社の神官から今宮神社の宮司に手渡され、
奥の本殿の安置された。
これから神事を執り行い、この水幣に魂を込めるのだ。
献餞に続き、宮司による祝詞奏上。
秩父神社の神官や氏子たちも拝殿に上がり、
次々と参拝していく。

一通りの儀礼が終わったあと、本殿から御神酒がおろされた。
神職たちに盃が配られ、御神酒が振る舞われる。
寒い中を雨に打たれて歩いてきたのだ、
御神酒によって緊張の糸がほぐれたのだろう、
皆の顔に笑顔が浮かんだ。
神事の最中とはいえ、しばしの歓談の時である。

20070404-144010.jpg

20070404-144138.jpg

20070404-144152.jpg


そして神事は最後の時を迎えた。
今宮神社の宮司が拝殿にあがり、
奥の本殿に納められた水幣を携えてきた。
秩父神社の神官が恭しく頭を下げ、水幣が与えられる。
これにて武甲山の水が秩父の土地に満たされるのだ。

20070404-144646.jpg

20070404-144800.jpg

20070404-144746.jpg


結局空は荒れたまま、行列は雨の中を秩父神社に帰って行った。
神社に着いた後は、雨に打たれながらも、
田植え歌を歌いながら、稲を植える所作をして歩くのだ。
秩父の春の訪れである。

龍神が水を与えることを象徴するような天気の中、
水分神事は幕を閉じたのであった。

20070404-145308.jpg



 * * *

帰り道、温泉につかってゆっくりした私は、
境内に忘れ物をしたことに気がついた。
山道を途中まで来ていたが、やむなく引き返すことに。
山道を抜け、視界が開けてきたころ、
ふと空に目をやると、秩父の空の雲が裂け
夕焼けに輝く空が垣間見えた。
どうも龍神様が微笑んでいたようだ。

神事によって目まぐるしく変わる天候に、
龍神様の存在を肌で感じたような気がしていた。
そんな後での夕焼け空。
とても素晴らしい体験が出来た一日であった。


スポンサーサイト




4月4日、どんよりと曇った空を気にしつつも、
私は車を秩父に向けて走らせていた。
目指すは今宮神社。

龍神の日に相応しく、先行き不安な空模様。
9時頃秩父に着いた頃には、今にも雨が落ちてきそうな天気だった。

今宮神社は、秩父夜祭りで有名な秩父神社のすぐ近くに鎮座し、
大宝年間に役行者が飛来し、宮中八神と観音菩薩の守護神である
八大龍王を合祀したのが起源だとされている。
また一説には、『先代旧事本紀』では
饒速日尊が東国へ赴く際に付き従った10名の人物の内、
知知夫彦命(ちちぶひこ)だけが、大神を拝すると記述されていて、
その知知夫彦命が留まったのが秩父神社であり、
知知夫彦命が拝した大神というのが、
ここ今宮神社の神であるという。
祭神の宮中八神とは、国内では皇居とここ今宮神社でしか
祀られていないそうで、見る人が見れば、
今宮神社に国中の気が集まってきているそうだ。

20070404-100850.jpg


境内には樹齢1000年を越えるケヤキの木と、
龍神池と呼ばれる池がある。
龍神池は武甲山の伏流水が湧き出ている秩父最古の泉とされ、
同日午後から行われる水分祭(みまくりさい)では、
秩父神社から神官が、この水をもらい受けに来るのである。
今宮神社の龍神祭は、明治維新後廃仏毀釈の修験道廃止により
途絶えていた伝統を、平成4年に復活させた神事で、
今はまだ社殿の復興がままならないため、
龍神木と呼ばれる大ケヤキの前に祭壇を設け、
野外で祭祀が行われれる。

20070404-104502.jpg

20070404-105202.jpg






今宮神社の社務所から神官たちが現れ、龍神祭が始まった。
御神木の前に祭壇、その後ろに参拝者。
巨木や巨石を神の依り代と見なした原始アニミズムの祭祀は、
きっとこのような形をしていたに違いない。
これこそが信仰の原点であると共に、
集団政治の原点であったのかもしれない。
龍神木の立派な風格は、そう思わせるに相応しい
貫禄に満ちあふれていた。
このような祭祀はなかなか見ることが出来ないものだ。
私はこのような神聖な場所に立ち会えたことに
少なからず感動を覚えたのであった。

祭祀は献餞、祝詞奏上と続き、舞の奉納となった。
琉球舞踏の奉納である。
若い二人の扇を使った舞と、年配の女性による稲穂を使った舞。
どちらもゆったりとした動きが特徴の、優雅な舞であった。
午後から行われる水分祭によって
秩父地方の農作業が始まることを考えると、
豊穣を願う稲穂の舞は、この日の神事に相応しいものなのだろう。
途中、稲穂の舞が始まった途端に、パッと明るく日が差した。
雲が薄くなり、太陽が顔を覗かせている。
神話に聞くところによると、アメノウズメの舞によって
天照大神が岩戸から顔を出したという。
まさしく今がその状況だ。
古来より、芸能は神に捧げるものとされていたというが、
真摯な思いは天にも通じる力を発するのかもしれない。

20070404-110514.jpg

20070404-110420.jpg

20070404-110932.jpg

20070404-111542.jpg



20070404-112032_1.jpg

20070404-112514.jpg


祭主の挨拶のあと、一般参拝者も玉串奉奠の列に並び、
午前中の龍神祭は幕を閉じた。
一般参拝の列も終わる頃には、
回復するかと思われた天気も再び悪化の兆しをみせ、
ついには雨が落ちてきた。

午後からの水分祭は、水をもたらす神事だとはいえ、
本当に雨が降ってくるとは・・・
凍える手でお弁当を食べながら、そう思ったものである。

つづく



Design by mi104c.
Copyright © 2007 風と土の記録, All rights reserved.