2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070705-170234.jpg



6月30日

この時期、ちょっと大きな神社に行くと、
境内に茅の輪が設けられているのを、見たことはあるだろうか。

6月の晦日と12月の晦日、
日々の生活で犯した罪や穢れを取り払う神事が行われる。
茅の輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと
8の字に3回通って穢れを祓うのだ。
そして、人形と呼ばれる人の形を模った白い紙に、
生年月日と名前を書き、身体をなで息を三回吹き込んだものを、
大祓祝詞を称え、お祓いした後に水に流す。

701年の大宝律令で正式な宮中の年中行事に定められ、
応仁の乱で廃れたが、江戸時代になって再び行われるようになった、
という古い由緒を持つ行事なのだ。


この日、私は秩父の今宮神社に向かった。
大祓の行事自体は、大抵の神社で行われているようだが、
せっかくならば、縁在りし場所が良いと思ってのこと。
夕方4時半からの開始なので、昼過ぎに自宅を出た。
しかし、土曜日の午後とあって、予想以上に道路が混んでいた。
高速に乗る時点で、もう間に合わないのは明らかだったが、
あらかじめ人形を郵送しておきながら行かない、
というのは義理に欠けると思い、高速をとばした。

結局1時間遅れで到着。
ちょうど滝の前での神事が終わり、
椅子を片づけている慌ただしい状況だった。

あらら、と思いつつも宮司さんに挨拶すると、
今から荒川に人形を流しに行くという。
後日流しに行く、と聞いていたのだが、これは幸い。
ちょうど参加者の乗る車が足りない、との話になっていたので、
遠慮なく参加させてもらうことにした。



20070630-182306.jpg


20070630-182520.jpg


荒川の長瀞に連れ立って到着。
特に神事のために確保された場所、と言うわけではなく、
周りにはチラホラと観光客も見える河原に至った。
神職装束を纏ったN氏を先頭に、白装束の若い男女2名、
そして参加者数名の小さな集団。

長瀞らしい、大きな結晶片岩に囲まれた河原。
人形の入った桶を中心に輪になった。

N氏が開始の挨拶を述べ、白装束を脱いだ男女が
桶の方向に向き直った。

20070630-182756.jpg


20070630-182746_1.jpg


背筋を正して「いぇー!えーい!」
と桶に向かって何度も何度も繰り返す。
これは、鳥船行事と言われ、その名の通り、
天鳥船の櫓を漕ぐ動きをあらわしている。
天鳥船といえば、水鳥のごとく飛ぶ、
もしくは水上を進む船であり、
日本神話では葦原中国平定の際、
建御雷神の副使として使わされた神である。
いわゆる天孫族が大陸から日本に渡ってくるのには、
船と航海技術は必須であった。
現在でも清めの儀式で水や塩を用いるのは、
その名残とも言えるだろう。

ともかく、10回くらい繰り返したのだろうか、
その後、男女は手桶を持ち、川に入っていった。
しゃがみ込み、水垢離。
何度も何度も頭から躊躇なく水を浴びる。
参加者は大体予想がついていたので驚きはしなかったが、
遠目で見ていた観光客は、口をぽかんと開けていた。

20070630-182850.jpg


彼らは、水垢離も終え一度岸に上がった。
まだわずかに肩で息を切っているが、
凛と立つその姿は清々しいものであった。

そしてN氏に人形の入った桶を手渡され、再び水に入った。
一枚、また一枚と、丁寧に人形を流していく。

20070630-182952.jpg


20070630-183028.jpg


20070630-183034.jpg


罪穢れを水に流す、まさにそのものだ。

20070630-183112_1.jpg


流し終えた二人は、また水垢離を繰り返した。
初めの水垢離は、身を清める禊ぎ、
だとしたら、終わりの禊ぎは、どういう意味を持つのだろう?
人の罪穢れに触れたので、それを洗い清めるのか、
はたまた、罪穢れを流す非日常の状態から、
現実の自分に戻る為の儀式なのだろうか。


これにて大祓の儀式は終わり。
あっさりしたものであるが、
なかなかここまでする光景はお目にかかれない。
罪穢れをすっかり水に流し、
また明日から、新たな気持ちで日々を送ろう。
夏越の大祓はそういった区切りの行事でもあったのだろう。

ちなみに今日、早速新しい仕事の問い合わせが来た。しかも3件も。
これも罪穢れを祓い流したおかげなのかな^^
スポンサーサイト

春の龍神祭でお世話になった秩父の今宮神社で、
役尊神祭が執り行われるとのことだったので、
参拝と撮影に行ってきた。

今宮神社境内には役尊神祠(行者堂)がある。
役行者がこの地に八大龍王を祀ったことに起因するもので、
役行者は今宮神社の祭神の一柱である。
役行者を神として祀っている神社は珍しいそうだ。
提灯には神仏習合よろしく、
神変大菩薩役小角大明神と書かれていた。

役尊神祭はその祠の前に祭壇をもうけ、野外で執り行われる。
春の龍神祭が八大龍王を祀る神事であり、
今回の役尊神祭は八大龍王を祀った役行者を祀る神事である。
祠の正面と左右にテントが張られ、斎庭のように区切られていた。
テントの下には参列者の椅子が並べられていて、
比叡山延暦寺から小林隆彰大僧正が見えていた。
今宮神社は今、何かと注目されているそうだが、
まさか大僧正が直々に参列されるとは驚いた。



10時30分

社務所から神職たちが並んで歩き、祠前の祭壇に至った。

20070603-103448.jpg

20070603-103718.jpg

20070603-103748.jpg


修祓、献餞と続き、宮司による祝詞奏上。
そして、大僧正による観音経の奉納が始まった。
野外での神事のこと。道路も近く、車の音も響くはずだが、
祝詞、経文を通じて、辺りが静寂に包まれたような雰囲気になる。
撮影のためにちょっと動くと、
足下の砂利の音がかなり気になるくらいだ。

20070603-104458.jpg

20070603-104302.jpg


衣冠と袈裟が並ぶ姿は、不思議な感覚だ。
明治の世になり神社と寺が明確に区別させられたが、
それ以前は、神社と神宮寺の関係のように、
神職と僧侶も密接していたのだろう。
庶民の信仰心が法で規制出来るわけがなく、
今日でも地域に根ざした神社に行くと、
神仏習合時代の名残がそのまま残っていたりするが、
こうして実際の祭祀を神職と僧侶が共に行う、
という光景は、初めてお目に掛かった。
このような祭祀が切っ掛けになって、
信仰というものがもっと大らかなものに戻っていけば、
俗に言う日本人の宗教離れ、なんて問題も、
ちょっとはましになるのだろうか。

20070603-105148.jpg

20070603-105252.jpg




大僧正が席に戻ると、舞の奉納となった。


20070603-110520.jpg

20070603-110648.jpg

20070603-110938.jpg



楽士の演奏に合わせて、権禰宜が舞う。
ゆったりゆったりとした舞。
手にもった榊を優雅に空に掲げると、
天井のない野外の祭壇ということもあり、
まさしく天に捧げるための舞といった風情である。

20070603-112636.jpg


そして楽士の演奏。
最近は笛に興味があり、家でも雅楽を聴いているのだが、
やはり生の演奏は素晴らしいものだ。
音響やマイクなど無くとも充分。
鋭くそして柔らかく包み込むような、
そんな感覚が好きである。

20070603-111344.jpg

20070603-111422.jpg

演奏中、お茶の奉納があった。
なぜお茶なのかは分からないが、
二人の女性がお茶と和菓子を奉納していた。
みなそれぞれ自分の出来る形で、奉納しているのだろうか。
ちなみに一応私の写真も、奉納させて頂いている。


20070603-112152.jpg


そろそろ祭祀も終盤である。
神職たちによる玉串奉奠。
その後、大僧正以下、仏教関係者、そして参列者達も玉串の奉奠。
今宮神社の祭祀では、ちゃんと人数分の榊が用意されているのだ。

20070603-112336.jpg

20070603-115116.jpg

20070603-113954.jpg


宮司の挨拶があり、これにて祭祀は終了。
神職たちは並んで社務所に帰って行った。

20070603-120456.jpg


この後参列者の多くは、大僧正の講演会場に移動していった。
わずかに残った人たちの中に、マイミクのてるりんさんがいたので、
息子さんと共に後片づけを手伝った。
一応私も、参列者の中では若い部類にはいるのだ。
残っている人たち同士は、よく顔を見かけるけど
誰だか分からない、といった、自然に集まった人たちらしい。
境内の聖域では、不思議な連帯感が生まれるものかもしれない。
ともあれ、こういう奉仕活動の後は、気分が清々しいものだ。


Design by mi104c.
Copyright © 2007 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。