2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2月12日


さて、不思議な道祖神を拝見したあとは、
周辺の神社などを巡りつつ、友人から教えてもらった
もう一つの謎の物件を目指した。

先ほどの道祖神からそう遠くはない場所。
入り組んだ住宅地の一角にその物件はあった。

web-080212-135821.jpg



奥に見える赤い屋根の建物は、稲積地蔵を祀るお堂。
この敷地の主だ。
広い敷地は真ん中に火を焚いたあとがあったので、
道祖神のお祭りで使ったのだろうか?
周りには神社仏閣でのお約束、遊具群。
そしてこの謎の石造物。
石造物の脇、写真で言うとカメラの背後は
古いタイプの墓石である。
字も擦れて読み取れないが、○○首などと書いていて、
ちょっとおどろおどろしい気を発していた。(ような気がした。)
従って、この写真は石造物を左背後から見ていることになるが、
正面から見ても大差はない。

柱の上におなじみの丸石道祖神が乗っている。
と言ってしまえばそれまでだけど、どうも違和感が残るのだ。

第一に背が高い。
うろ覚えだが、私の胸辺りの高さくらいはあったと思う。
大体丸石道祖神といえば、上から見下ろすくらいの高さが多く思う。
地面に自家置きであったり、台座があっても精々腰の高さまで。
これでは全然可愛くないのだ。(可愛い必要もないのだけど…)

第二にその立地。
脇のごろっとした石の横には電柱、そして墓石の一角が繋がっている。
さっきも書いたように、古い墓石が多い。
中には先日の日記ではないが、何かの破損したような物体など
雑多なものまで並んでいる。
稲積地蔵がもっと寺らしい佇まいだった頃からそこにあった墓石か?
それとも住宅地によくあるように、開発で邪魔になって集められたのか?
少なくとも謎の石造物は、寺にはあまりないタイプの造形に見える。

ここを訪れる前、友人の話を聞いている時は六地蔵石幢なのかと思った。
室町末期に爆発的に流行った六地蔵スタイルで、
大抵は六角形の背の高い台座の上に、六地蔵が乗っている。
六地蔵はおしくらまんじゅう風に、背を中に向けて彫られているので、
遠くから見たら石灯籠と見間違えそうだ。
もともとは中国で流行したものが海を渡ってきたそうで、
人がいつ死んでもおかしくない戦ばかりの時代に、
浄土への憧れ、地獄からの救済を願って全国各地で立てられたのだ。
そして戦乱の世が終わると共に、六地蔵石幢が作られることも少なくなった。

ふと敷地の反対側を見ると、その六地蔵石幢が立っていた。

web-080212-135857.jpg


謎の石造物が敷地の左端なら、六地蔵石幢は右端に位置する。
ちょうど対になる位置に置かれているようだ。
ということは、やっぱり恣意的に置かれているのか。

なにしろこれも前例がないもので、頭をひねるばかりだ。

web-080212-140059.jpg


スポンサーサイト

2月12日

web-080212-133732.jpg


甲府市昭和町の義清神社の近くに、目的のものがあった。
ことの発端は、甲府在住の友人とのやりとりの中で、
この道祖神のことを紹介してもらったことにはじまる。

甲府盆地の道祖神は、だいたい真ん丸の石なのだ。
故に丸石道祖神というのだけど、
この道祖神は、松茸というか、ドラえもんの手というか、
とにかく変わった形なのである。
そして、両脇の丸い石。
この配置は男性のあれを模したものに違いない(笑)

(笑)←とは書いたが、道祖神の基本的な要素に、
性の神様の性質があるので、これは正しい祀りかたなのかもしれない。
子授けで有名な笛吹市の浅間神社で、
このような立石と丸い石2つで構成された陽石を見たことがある。


ただし、今回の場合はこの幹の部分の輪の意味がよく分からない。
何しろ前例がないもので、頭をひねるばかりだ。


web-080212-133704.jpg


2月12日

友人が仕事で甲州へ行くという。
久々に甲府盆地の土を踏みたかったので、
車で同行することにした。

9時頃家を出て、調布インターから高速に乗った。
いつも中央道は大月で降りることにしている。
ちょうど昼時、甲州街道から富士みち(国道139号)に入り、都留市に。
うどんといえば吉田うどんが有名だが、富士吉田はちょっと遠い。
お隣の都留にも、吉田うどんと同じ系統のうどんがあるので、
私はいつも都留に寄るのだ。

禾生(かせい)の「山もとうどん」でたらふくうどんを食す。
学生の頃は、大盛りでも足りないくらいだったのだが、
最近は中盛りで充分だ。ごんぶとでコシの強すぎる麺が愛おしい。


うどんで腹を満たした後は、甲州街道で甲府盆地へ。
笹子トンネルを抜けると、目の前は舞い落ちる雪。
郡内地方(都留一帯)と国中地方(甲府一帯)は土地柄が違う、
という話を思い出した。
そういえば友人と運転を代わっていたので、
車窓の風景でも撮っておけば良かった。と今になって後悔。
しかし、甲府に近づくに連れて雪は雨に変わり、
この日の行動に多少の不安を覚えた。


13時ころ、友人の目的地に到着。
2時間ほど時間が空くので、久々に甲州の民俗探訪。
まずは、昭和町の義清神社へ。

web-080212-133418.jpg


義清神社は、甲斐源氏の祖、源義清を祀る神社。
義清の没後、居館内に社を建て祀られたのが始まりらしい。
義清の父は、なんとあの有名な新羅三郎源義光なのだ。
平安後期、常陸国に拠点を置いていた義光は、
三男の義清に同国武田郷を支配を任せる。
武田郷の義清さんだから武田義清という名を名乗ったわけだけど、
武田義清は土地の豪族ともめ事を起こし、甲斐国に配流になったのだ。
ところが、これが甲斐を中心に源氏が栄える切っ掛けとなり、
武田本流はもとより、小笠原をはじめとする
数々の名族を生み出していったのだ。

などと書いても、まったく興味が湧かない人が大半だと思うけど…

なぜ義清神社に参ったかというと、我が苗字の家系は、
元をず~~~~~~~っと辿っていけば、この源義清にたどり着くからだ。
これは挨拶に参らないわけにはいかない。
ということで、真っ先にお参りに行った。

境内には馬の石像。

web-080212-132846.jpg


武田氏は甲斐国に配流になったのち、馬産によって繁栄したという。
今でも巨摩郡や駒ヶ岳の地名が残っているが、
古くから牧(馬や牛を育てる、いわゆる牧場)があったのだ。
馬を基盤に栄え、馬と共に生きた武田氏。
最強の騎馬軍団も、織田の近代兵器に壊滅されられた後は、
見るも無惨に衰退していった。
1582年、武田勝頼の死によって武田嫡流が滅ぶ。
1130年の武田義清の甲斐入りから、実に4世紀半後のことだった。

そういったわけで、この義清公がいなければ今の私はいないわけで、
なかなか感慨深い思いに浸ったひとときだった。

web-080212-133205.jpg




Design by mi104c.
Copyright © 2008 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。