2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月23日

浜通りをいわきから南下しているうちに、日付が変わってしまった。
旅の疲れをいわき湯本で癒しているうちに、
ついつい長湯をしてしまったようだ。

一眠りしようか、頑張って帰ろうか。
迷っているうちに日立に来たが、このあたりの海沿いの駐車場は、
どこもかしこもヤンキーの溜まり場と化していた。
ここで仮眠は勇気がいる(笑)

もう一がんばりして、大洗まで行こう。
走っているうちに、大洗磯前神社が気になってきたのだ。

「ある夜、製塩業の者が海に光るものを見た。
次の日、海辺に二つの奇妙な石があった。両方とも一尺ほどだった。
さらに次の日には20あまりの小石が怪石の周りに侍坐するように出現した。
怪石は彩色が派手で、僧侶の姿をしていた。神霊は人に依って
「われは大奈母知(おおなもち)・少比古奈命(すくなひこなのみこと)である。
昔、この国を造り終えて、東の海に去ったが、
今人々を救うために再び帰ってきた」と託宣した。」
『文徳天皇実録』に、856年に起こった出来事として記録されている。

常陸の国は、よく分からないものがたびたび流れ着く。
僧形の怪石、金色姫の桑木の船、赤い髪の女の乗った宇宙船…w
どれも何故か異形なのは、果てなき海に対する憧れか、恐怖か。

大洗磯前神社は、流れ着いた神のうち、オオナムチを祀った神社で、
ひたちなか市の酒列磯前神社にスクナヒコナを祀ることで、
二社一体の信仰を形成しているという。
神社の近くの駐車場に車を止め、あたりを歩いてみた。
境内は閉ざされていて中に入れない。
本殿から真っ直ぐに海に向かってみた。
石段を降り大きな鳥居をくぐり車道を渡る。
車道に沿って観光旅館が並んでいるので、
脇の小さい道を見つけて海岸線にたどり着いた。
海岸線にそった遊歩道から降りると、そこは小石の浜。
所々に岩場があり、波が磯を洗っている。

海に突き出した岩場の先に、石の鳥居が立っていた。
神磯の鳥居、まさにここが、神々の現れた場所なのである。

空には満月、雲ひとつ無く潮は大潮。
時間は満潮から引き潮に移り始めたところ。
奇しくも、この場所にとってもっとも条件の良い瞬間に立ち会えたのである。
急いでカメラを取りに走った。
小石の浜に三脚を立て、月明かりでシャッターを切る。
8秒・15秒・30秒。
波が定まらない。
一見規則的なようでも、よく観ると波の一つ一つに表情がある。
大きくうねった波が来ると、三脚の足下が掠われそうになり、
急いでカメラごと後ずさる。これの繰り返し。
そのうち、波を掴めてきた。
ここだ!とシャッターを切った。

神磯を見る前は、仮眠をして夜明けを待とうかと思っていた。
宇宙岩で見送った太陽を、大洗でお迎えする。
それもまた乙かと思った。
が、疲れた身体に鞭打って、カメラを構えて正解だった。
旅の最後に、素晴らしい写真を生み出すことができた。

これにて、東北の旅は完結した。
私は心置きなく帰途についたのであった。

080323_010130.jpg

スポンサーサイト


Design by mi104c.
Copyright © 2008 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。