FC2ブログ

2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

早朝。

目覚ましアラームより前に目が覚めた。
寒くて起きてしまった、と言ったほうが良いかもしれない。
私は朝は弱いので、二度寝してしまいそうになったが、
昨日寝過ごしてしまったことが頭に浮かび、意を決して跳ね起きた。
そもそも、戦場ヶ原に車中泊した目的は、早朝の風景を撮影することだ。
前日に下見もしている。
日の出前だというのに、もう空は明るくなっている。
急いでカメラを携え、撮影場所に向かう。

頭の中の想像では、朝日に染まる朝靄の向こうに、男体山の影が立ちそびえる、
そんな画を想定していた。
しかし、空はカラッと晴れて、靄なんてどこにも立ちこめていない。
このまま日の出まで男体山に対峙していても仕方がないことはすぐに分かった。

予定変更。
撮影候補その2の、戦場ヶ原の夜明けを狙うことにした。


     * * *  
     
そもそも戦場が原とはなんぞや?
物騒な名前だが、実際に血生臭い戦場になったことはないようだ。

ここは、約2万年前、日光火山群の噴火で堰き止められた湖の跡。
地面に倒れた葦などの植物が、気温が低いが為に腐らずに形を留め、
腐葉土化して積み重なって出来た大湿原地帯。
なので、ここで戦争などしようものなら、敵味方関係なく湿地に沈んでしまう。
とても人間の立ち入るような場所ではないのだ。

「戦場ガ原神戦譚」には、この地の由来が書かれている。
ことの起こりは、中善寺湖の領有権を巡ってのこと。
上野の赤城山の神と下野の男体山の神との間で戦争が起こった。
ところが、いざ戦争が始まると、男体山の旗色が悪くなった。
そこで男体山が鹿島大明神に相談すると、
奥州小野の猿丸という弓の名人をの存在を紹介してくれた。

猿丸が戦地を訪れると、赤城山の化身のムカデの群れ、
男体山の化身の大蛇の群れが争っていた。
猿丸が目をこらすと、赤城山勢の中に二本の角を持つ大ムカデがいて、
それを大将と見定めて、左の目を打ち抜いた。
こうして赤城山の神々は諦めて撤収して、男体山の勝利に終わった。


ちなみに小野の猿丸とは、猿引きをする家の元祖であると、柳田国男は言っている。
猿引きとは猿回しのことで、今日の猿回しの家に系図をみると、
どの家も下野小野氏の家紋、右二つ巴の紋を使っているのだそうだ。
だてに日光猿軍団がいるわけじゃない。

猿引きとは、かつては立派な職業的宗教集団で、
猿を引き連れ日本各地を巡業して周り、信仰を集めていた。
主な対象は牛馬を扱う人々で、厩の前で猿回しをして、
牛馬への祈祷を行ったという。
今でも古い厩に、駒引き猿の絵馬や、
猿の頭や腕のミイラが残されているのはその為だ。

男体山の大蛇は、現在も祀られている大己貴命
(=出雲神・蛇神とされることが多い)のことだろう。
男体山に敗れたムカデとは、谷川健一によると、
鉱脈の形状がムカデに喩えられたとのことで、足尾鉱山のことか?

山の信仰集団による鉱山開拓の歴史が、
この伝説には詰まっているような気がしてならない。


     * * * 

話を戻そう。

戦場ヶ原展望台に行き、三脚を据えつけた。
構図を決めようとするが、これといったシンボルが有るわけでもなく、
いまいち決定力に欠ける気がする。
さてさて、日が昇って斜め上から降り注ぐの強い光に期待しようか。
などと曖昧に考えつつ、寒さに震えながら待っていた。
寒さで電池が消耗するから、電池を肌着の中に入れ温めたり、
三脚の横で運動して、体を温めたり…



すると、なんとしたことか。
山の向こうの空が色づいてきた。
この方角が茜に染まるとは予想外のことだった。
急いでカメラを起動し、レンズを替え、構図を決め、シャッターを切る。

わずかの間のことだった。
やがて光は意志を持ち、遠の山々を照らしはじめ、空は白んでいく。




夜明けだ。
新しい1日が始まる。


081121_062126.jpg

スポンサーサイト




私は迷っていた。
場所は戦場ヶ原。
時間は午後五時をまわっている。
無性にお腹が減っていたのだ。

中禅寺湖畔でも食べるチャンスがあったが、
なんだか食指が動かないままここまで来てしまった。

戦場ヶ原には、この日の車中泊の場所の偵察と、
明日撮影すべきポイントを探るために、日のある内に立ち寄ったのだ。
ならば、偵察は済んだので食事をすればいいだけの話だが、
そうもいかない。

というのは、あてにしている奥日光湯元温泉が、
午後六時までの営業とのこと。
戦場ヶ原で食事を取れば、確実に間に合わない。
体は芯から冷え切っていた。
温泉街なら夕食もなんとかなるはず!
考えあぐねた末、私は湯本へ急いだ。


こんなはずじゃなかった。
プリントアウトしてきた立ち寄り湯は、
在るべきはずの場所には無かった。
そのうえ案内板にも、それらしき施設が
白のインクで塗りつぶされた跡が…
そのうえ、温泉街自体が雪に埋もれ、静まりかえっている。

駐在さんに確認すると、やはり数年前に立ち寄り湯は廃業したそうだ。
他の数件の立ち寄り湯の場所を訊いて、そちらへ向かう。
が、なんとその2件とも、本日休業日とのこと…
シーズンを過ぎた温泉街の悲しさよ。

仕方が無い。
なんとか、日帰り温泉をやっている旅館を見つけたので救われた。
運任せで選んだ温泉だったか、これが大当たり。
お湯はいいし、綺麗だし、そのうえ他にお客が居ない^^
ちょっぴり長湯をしてしまったが、
体はホカホカ、気力も体力もすっかり回復。

さて、夕食は温泉街ではありつけないことが分かった。
仕方がない、戦場ヶ原に戻ってみよう。もしかしたら夕飯抜きか?

戦場ヶ原のドライブインに戻ってみると、
幸運にも一件のドライブインの灯りがともっていた。
そこは食事も出している店だ。
駆けつけてみると、不意の客に驚く店主。
しかし、残念ながら食事のサービスはもう終わってしまっていた。

パンならあるよ、と言うので物色しても、カステラだし…
そこで、「おっきりこみ生麺」に気がついた。
「おっきりこみ」とは、北関東の郷土料理で、きしめんやほうとうの類だ。
生麺と地酒を買って、やっとこの日の夕食が決定した。
産直野菜なども売っていれば言うこと無しなのだが、これは無かった。
車に積んである野菜で何とかしよう。


だが安心するのはまだ早かった。
なんと、寒すぎて湯が沸かない…
寒冷地適用のツーバーナーを使っているのだが…

同時に温めている携帯食のかき餅を断念し、
最大火力で湯を沸かすことに専念。
紆余曲折を経て、やっと夕食にありつくことが出来た。
決して上出来とはいかない料理だったが、
寒空の下食べる煮込みうどんは最高だった。

夕食に向けて一喜一憂の繰り返しだったが、
これも気ままな旅の醍醐味だ。
こういうことでも楽しめてしまう自分の性格に乾杯☆



心に余裕が出来てくると、雲一つ無い星空をただ眺めているのがもったいなくなった。
酒を呑んで気が大きくなってもいたのだろう。
この星空を撮ってみよう、と思った。
私の父親は、天体写真を趣味としていたので、
小さい頃に何度か、夜の山奥に連れて行ってもらったことがある。
そういうことを思い出しつつも、三脚にカメラを乗せて、
最適な場所を探し歩いた。

また体が冷えてしまうが、そんなのは関係ない。
目の前にそびえる男体山と、満天の星空を目の当たりにして、
もう他のことは考えられなくなっていた。

しかし、真っ暗闇で構図の決定がこんなに難しいとは思わなかった。
ピントもいまいち合わせづらい。
目測で無限大に合わせればいいというものでもないようだ。
かといって星を注視するとかえってピントが合わないので、
ファインダーをぼんやり見つめて感覚だけでピントを合わせる。
注視の外の感覚のほうが、案外正確なことに気がついた。

シャッターを切ってみて数十秒間露光して、
仕上がりを液晶画面で確認する。
デジタルの功罪は、なまじ確認できてしまうので、
納得がいくまで撮り続けてしまうことだ。
それだけに時間が掛かるし、その分体が冷えていく。
おそらく気温も零下のはずだ。

限界を感じつつもなかなか納得がいかず、
最適な場所を探し歩いているうちに、
撮影しはじめたころにはまだ見えなかったオリオンが、
いつの間にか男体山の上空に現れていた。

今しかない!と思って撮影した一枚。

web_081120_220151.jpg


中禅寺湖では、少しのんびりしすぎてしまった。
半月山の展望台から中禅寺湖を男体山を眺めたり、
二荒山神社に参拝したりで、気がつけばもう夕方になってしまっていた。

実は、一昨年東北からの帰りに日光を訪れたことがあったのだが、
その時は東照宮周辺と、二荒山神社中宮を観光したにもかかわらず、
華厳の滝を見逃してしまっていた。
滝と言うからには山の中にあるものとばかり思っていたので、
土産物屋の並ぶ湖岸に、まさか華厳の滝があるとは思っていなかったのだ。

行ったことのある人ならすぐ分かることだが、
華厳の滝は男体山の噴火でできた堰止湖である中禅寺湖から、
堰を破ったように流れ落ちている滝なのだ。
言わば天然のダム放水口である。
湖によくある、龍神や巨人が岩壁を蹴破って水を流した、
といった内容の伝説が無いのが不思議に思える。

駐車場に車を停め、滝の側へ。
そこには展望台があり、滝を上から眺めることが出来る。
が、もっと滝に近づきたい観光客の心理をくすぐるように、
ちゃんと有料のエレベーターが用意されていた。
駐車場でお金を払ったばかりなのに、さらに料金を取るのか!
と憤慨しつつも、ちゃんと払ってしまうのが観光客の悲しい性。

高度差100mというエレベーターに載り、
滝壺と同じ高さの展望台にたどり着く。
断崖絶壁を真っ直ぐくりぬくエレベーターとは、複雑な気分…

だが、そこから見る華厳の滝は圧巻だった。
展望台から滝壺までは距離があるにも関わらず、
ドドドドドドド・・・・と、滝壺に叩きつける水の音がこだまする。
周囲は、中禅寺湖が堰き止められる以前に、
長い長い時間を掛けて削られたであろう岩肌がむき出して、
鋭角に削がれた岩盤は、そこを訪れる者にキバを剥いているようだった。

カメラのファインダー越しに滝と対峙していると、
滝の瀑音が耳の感覚を奪い、自分が周囲から分離して行く気がした。
ファインダーというのは不思議なもので、
被写体に対する集中力が極限にまで達すると、
自分を取り巻く周りの世界は構図の彼方へ消失し、
自分の存在は被写体と一つになる。

それは食うか食われるかの精神の戦いのときもあれば、
激しく繋がりあった後のエクスタシーのときもあるのだが、
そういう感覚に陥った後は、とにかくげっそりと疲れる。
昔の人は、写真を撮られると魂を抜かれる、と感じたらしいが、
撮影する方もまた、魂を削られているのだ。


気がついたら、ずいぶん時間が経っていた。
まさか有名な観光地の、用意された展望台の上で、
このような撮影になるは思わなかった。
いつの間にか土産物屋はしまっていたが、
観光客は相変わらず、ひっきりなしに入れ替わっていた。
私はにわかに羞恥心を覚え、その場を立ち去った。

081120_154235.jpg


出流山を出発した私は、ルートを決めかねていた。

自宅で軽く目を通してきた日光周辺の道路地図では、
出流山の隣、鹿沼市から足尾町を経て日光に出る粕尾峠のルートを確認していたが、
ナビで見ると、この道がとてつもない山道であることが分かった。
心情的には、修験の山をかすめる山道を通って日光入りしたかったが、
これから暗くなろうという時刻、山中の峠道に入っていくのは危険な気がした。

それに、このまま日光で車中泊するとしても、明日の朝食などは入手しておきたい。
なので、平地に戻り、日光街道を進むことにした。

日光街道(例幣使街道:国道121号)は、片道1車線の狭い道路。
両脇に杉の大木が延々と並んでおり、大変情緒がある。
のだけど、日も暮れて照明もなく真っ暗なこの街道は、
杉並木の圧迫感もあって、かなり神経を使う道路だった。

途中、今市の「とんかつあづま」で夕食。
モチモチの特上ロース、思えばこの旅一番の贅沢だった…

081119_175844.jpg



今市のスーパーでつまみやパンを買いこみ、再び日光街道へ。
そのまま真っ直ぐ日光に到着。

ライトアップされた神橋を眺めたのも束の間、
さらに奥地へと進む。
この日の最終目的地は、中禅寺湖のほとりにしようと決めたのだ。

渋滞で有名ないろは坂も、夜中には車はほとんど居ない。
あっという間に中禅寺湖にたどり着き、ちょっと拍子抜けした。


さて、中禅寺湖に着いた。
一応車中泊の出来そうな場所として、
何か所か候補にあげていた場所はあるのだが、
心情的には、朝一で中禅寺湖に浮かぶ男体山を拝みたかった。

候補地の一つに、中禅寺湖に突きだした「八丁出島」があった。
そこなら障害物なく、目の前に男体山を望める。
行けるところまで車で行こう。

ということで、湖岸の道を時計回りに南に向かう。


だが、これは徒労に終わった。
道がすぐに封鎖されていたのだ。どうやら夜間通行止めらしい。
後で分かったが、八丁出島は驚くほどアクセスが悪い。
夜に乗り込もうだなんて、無謀そのものだったようだ。

途方に暮れていても仕方がないので、もう一つの候補、戦場ヶ原に向かった。
ちなみにこの候補と言うのは、朝一で写真を撮りたいスポットのことで、
それにさえこだわらなければどこでも良いのだが…

戦場ヶ原に着いてみると、真っ暗だ。
さすがに土地勘もない山中に、闇夜にいきなり飛び込むのは厳しい。
どこか遠くで野犬?の遠吠えがするし、そのうえなんと、雪が降ってきた。

私は一目散に引き返した。
やはり多少は明るい湖岸で車中泊しよう。
無駄な行動だけど、今回の旅は平気だった。
なにしろ、ガソリン代が110円台にまで下がっていたからだ(笑)

結局、中善寺湖東岸、立木観音の中善寺の側の、歌が浜駐車場で車中泊。
幌の内壁に銀マットを張り巡らし防寒、シュラフを2枚重ねにしてバーボンを舐めた。



翌日。

早朝に設定したアラームで目覚める。
窓の外は曇り模様。それどころか、強風が吹いていた。

前日の夜、観光案内板で調べたところ、
歌が浜から八丁出島まで歩いて40分程度。
歩けない距離ではない。
三脚担いで朝一で行ってみよう、と思っていたのだけど、
曇り空に気分が萎え、強風に身を震わせて、
再び深い眠りの中へ。


起きるともう10時近くだった…

相変わらず風は強いが、ツーバーナーでお湯を沸かしつつ、
昨夜買ったパンを網の上で炙る。
豆を挽いてコーヒーを淹れ、ちょっとだけ贅沢な朝食。

もうこうなっては八丁出島に行こう、などという気はなくなった。
すぐ隣の、中禅寺に参拝。


中善寺は内部が撮影禁止だったので写真を撮っていないのだが、
ご本尊の立木観音はぜひ生で見て欲しい。

奈良時代末期、日光を開いた勝道上人が彫ったとされる十一面千手観音観音像。
男体山の麓、今の二荒山神社中宮の位置に立っていたカツラの大木を、
なんと立木のまま彫ったのだという。
その後、廃仏毀釈の混乱の中、元の位置から現在の中善寺に匿ったのが、
立木観音の由来。
彫ったときから西を向いていたので、中善寺でも西を向かせて安置してあるそうで、
ちょうど中禅寺湖を眺める方向を向いている。
今まで見たことのないような、とても慈悲深い表情をしていた。


もう一つのご本尊は、波之利大黒天。
「波のり」と書いて「はしり」と読む。
これは、勝道上人が男体山の頂きに到達したとき、
中禅寺湖の波の上に現れた大黒天のこと。
波乗りの神さまではなく、
波の上を走る→安産、波に留まる→足止め→無事帰還・浮気防止
のご利益があるとされているらしい。
こちらは拝観することは出来なかった。

十一面観音、大黒天、勝道上人の組み合わせは出流山満願寺と同じである。
勝道上人の信仰していた十一面観音に、
二荒山神社の本地仏・千手観音を組み合わせた姿が、
十一面千手観音なのだと寺僧は言っていた。

参拝ルートを辿っていくと、本堂の伽藍の上に出た。
そこから男体山と中禅寺湖が見渡せた。
いつの間にか空を覆っていた雲はちぎれ去り、
濃厚な青空の下をものすごい速さで流れていった。

web_081120_113138.jpg


11月19日

出発日。
予定では早朝から出発しようと思っていたが、
起きたらすでに早朝ではなくなっていた。

急いでも仕方がない。
今日はとりあえず日光方面に着けたら上出来と考え、東北道に向かう。

今回の目的地は、栃木、日光、奥日光、那須と大まかにしか決めていなかったのだ。
11時ころ出発で、栃木県に入ったのはもう2時頃。
とりあえず栃木インターで降りてみた。

栃木に降りたのは、出流山満願寺を見てみたかったから。
日光を開いた勝道上人の生誕に関わる土地であり、
また日光山へ入山するには、まずここで修行をしなければいけないともいう。
最初に訪れる場所として相応しいと思ったからだ。

栃木インターを降りて栄えてない方へ進む。
幾つかの集落を通り越し、石灰の集積場のど真ん中の、
一面真っ白な山道を進む。
本当にこんな所に?と疑問に思う頃に、出流山への矢印が出てくる。
これの繰り返し。

やっと辿り着いた満願寺。
新蕎麦の旗がはためく参道を脇目に、境内の駐車場へ。
なんと、観光バスが出ていくところだった。
そんなに有名なスポットなのか!?
…自分で訪れておいてなんだけど、正直驚いた。

車を停め、まずは満願寺に参る。
真言宗智山派別格本山で、坂東17番札所。
なるほど、観光客も多いはずだ。
斗栱(ときょう)に龍の木鼻がずらっと並んだ立派な本堂だった。

お参りを済ませ、本堂の脇の奥之院入り口へ。
300円を払い、細い細い山道へ入っていく。

急な階段もあるが、基本的には沢に沿った山道。
途中、一組の老夫婦とすれ違ったが、人にあったのはそれだけだった。

左手は岩山で、聖天堂経由の急峻な道もあるようだが、閉鎖されていた。
緩やかな道をひたすら登っていくと、小さな小屋があり頭上の木立が途切れた。
ひと休みだ、とふと空を見上げると、赤い建物が目に飛び込んできた。

081119_143827.jpg



そこが奥之院拝殿なのだ。
絶壁をつづら折り階段に沿って一気に登った。
息を切らせながら奥の院の入り口に立つ。
改めて建築の構造をみると、凄いことになっていた。


web_081119_144314.jpg
web_081119_145617.jpg


岩壁にへばりつくように、下から何本もの柱で支えている。
なぜこのような所に奥之院を建てるかというと、
岩壁の途中にある洞窟に建物を繋げるためだ。

奥の院に足を踏み入れる。
がらんとした板張りの空間の、奥に木造が安置してある。
木造の上手、岩肌がむき出した部分の前には賽銭箱があって、
なんとその奥はぽっかりと洞窟がぽっかり口を空けている。

そしてその洞窟に入ってみると、ものすごいことになっていた。

081119_144848.jpg





十一面観世音菩薩の後姿。
脇侍は三面六臂の大黒天(左)と勝道上人(右)とのこと。
天平時代、下野国司若田氏高とその妻、明寿が、
子宝に恵まれないことを嘆いてこの十一面観世音菩薩に祈念したところ、
霊験あらたかに男の子を授かったという。
この子が後の勝道上人である。
その後、勝道上人はここに満願寺を開き、
さらには日光山を開いたのだという。

若田夫妻が本当にここに来たのかどうかはともあれ、
岩壁の洞穴にこれを見出した人物は、さぞかし驚いたことだろう。
闇の中にフッと浮かび上がる異形。
腰を抜かすどころではなかったはずだ。


私は誰も来ない洞窟で、長い時間十一面観世音菩薩と向き合っていた。
いや、向こうは後を向いているのだから、こっちが一方的に眺めていたのか。
鍾乳洞には柵があって、観音様のお顔は拝見できないのだ。
それはともかくとしても、ひとりで照明に照らされたお姿を眺めていると、
観音様が、というより自然の奇跡が語りかけてくるようだ。
ここの闇は、恐ろしい闇ではなくて、全てを包み込む優しい闇だった。


鍾乳洞の照明のスイッチを切って(参拝者は各自照明を点ける)岩壁を降りた。
先ほどの小屋の空間までたどり着くと、
そこには往路では気が付かなかった滝行場があった。
「大悲の滝」
日光修験の行者は、ここで21日間滝に打たれなければ、
入山は許されなかったという。

さすがに滝には打たれなかったが、水の冷たさにひやっとしつつ、
出流山を発ち日光を目指した。


081119_151331.jpg


081120_140050.jpg


11月19日から22日の4日間、ふらっと日光周辺に行ってきた。
運が良ければ紅葉でも見られるかな?と思っていたが、
奥日光はすでに晩秋を通り越して冬。
はっきりいって誤算だった。
それもそのはず、今日ニュースで中禅寺湖の雪景色が流れていた。
例年よりも早い冬の訪れなのだそうだ。

風に震え、雪に凍え、空腹に耐え。
もはや修行かと思うような旅だった。

今回はそんな孤独なひとり旅を、淡々と書き綴っていこうと思う。


*写真は半月山展望台から見た男体山。


Design by mi104c.
Copyright © 2008 風と土の記録, All rights reserved.