FC2ブログ

2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

web_081121_155253_001.jpg




日光東照宮の境内の北東、東照宮美術館の脇に「史跡探勝路」なる遊歩道があり、
その小道を辿っていくと、程なくして開山堂に到達する。
そこは東照宮周辺の喧噪とはかけ離れた、物静かな佇まいだった。

杉の茂る境内に、朱塗りの建物が二つ。
奥のお堂が開山堂、勝道上人を祀る霊廟で、
勝道上人とその十人の弟子の木像が安置されているという。

手前の建物は観音堂(産の宮)。鳥居は神仏習合の名残。
境内に入ると真っ先に、観音堂の異質な光景に目がいった。

web_081121_154750_003.jpg


正面には将棋の駒があふれんばかりに並んでいる。
数を数えようとしたが、面倒になって止めた。

由緒書きにはこうある。

 「この観音堂は揚柳観音を祀ったものであり、
 別名「香車堂」「将棋っ駒」とも呼ばれる。
 将棋の駒の香車が戻らずに直進する駒なので、
 妊婦がこの駒を借りて帰り、自宅の神棚に祀ると
 無事出産できるという安産信仰の社でもある。
 出産後は借りた駒と共に新調した駒を一緒に返納するので
 駒の数は増えるばかりである。」

勝道上人の霊廟の横に安産信仰とはまた唐突な話だが、
行者(ぎょうじゃ)が訛って香車(きょうしゃ)にでもなったのだろうか。
真っ直ぐ進む香車が、子宮から出てくる子に見立てられるというのは珍しい気がするが、
香車の意味するところの槍は、矢などと同じく男性の象徴とされるので、
やはり子孫繁栄にまつわることから生じた信仰なのだろう。
開山堂から先は女体山に繋がる山岳信仰の古道で、
女体山の参道にも当たるこの地に女人のための信仰が興ったことも頷ける。




web_081121_155441_001.jpg



開山堂の裏手には、勝道上人の墓所がある。
墓所の背後の岩壁は「仏岩」と呼ばれていて、
仏岩の岩窟で勝道上人が入寂したとも、仏岩で荼毘に付されたとも、
仏岩の上部に遺骨が納められていたとも言われている。
かつて、この岩壁に仏の姿をした岩が並んでいたそうだが、
地震で崩れ仏岩の名のみが残ったのだとか。

現在では、高くそびえる岩壁の足下の窪みに、六体の石仏が安置されている。
梵天、帝釈天、四天王のうちの三体、不動明王。いずれも仏法の守護神だ。
腰より下を土中に埋ずめ、静かに並んでいる様は、
勝道上人を護り通すという固い意志にも感じられた。

web_081121_155519_2.jpg


スポンサーサイト




日光と言えば日光東照宮。

首都圏で育った人は、修学旅行で必ず行く場所だそうだけど、
関西で育った私にはあまり馴染みのない場所だった。
数年前、東北からの帰りに立ち寄ったことがあったが、
人の多さにゲンナリした覚えがある。

私にとっては日光東照宮を含む二社一寺は、その程度の認識だった。
一昨年、曾祖父の出自を知るまでは…


曾祖父は、祖母が幼い頃に亡くなってしまい、
詳しいことはほとんど伝わっていなかった。
僧だったこと。関東で修行し、鳥取を経て愛媛にやって来たこと。
どこかの寺の歴代住職の墓に入っていること。
それしか情報が無かったが、父の記憶を頼りにそのお寺を訪ねたところ、
山の上の奥の院に墓所があることが判明したのだ。

その時までほったらかしていたのもひどい話だったが、
久々に父の故郷に帰ったその時に、思い立って探したのが良かった。
そうでないと、そのまま永久に忘れ去られるかもしれなかったのだ。

その墓標に、「静然大僧都」「大正11年没」「日光輪王寺彦坂大僧正徒分」
と刻まれていたので、曾祖父が日光で修行したことが分かったのだ。
関東で修行した人、という祖母の記憶とも一致している。

そして、曾祖父の足跡を巡る旅が始まったのだ。


…と思ったが、そのまま約一年半、放置してしまった。

そうこうしているうちに、祖母が骨折して入院してしまった。
幸い命に関わる怪我ではないが、年齢も年齢なので心配だ。
思い立って、曾祖父の育った日光へ、回復祈願に参ることにした。

これが、今回の日光への旅の真の目的だったのだ。




web_081121_135109_001.jpg



二社一寺と先述したとおり、日光は
「日光東照宮・日光山輪王寺・ 日光二荒山神社」で構成されている。
これは、明治政府の神仏分離令によって神社と寺院が明確に分けられたからで、
それ以前は、全てひっくるめて「日光三所権現」と称し、
神仏習合の山岳信仰が行われていた。

東照宮は衆知の通り、徳川家康が亡くなった後に建立された神社で、
元和3年(1617年)に社殿が完成したのに対して、
二荒山神社、輪王寺は奈良時代にまで遡るようだ。
輪王寺は以前の日記でも紹介した日光山中禅寺と同じく、
勝道上人の開創と言われている。



東照宮関係の建物は相変わらず混み合ったいたので、
お参りだけをササッと済ませた。
本殿は改装中で、ちょうど御神前の床下を組み上げていた。
宮大工の仕事を目の前で見るという面白い体験が出来たが、
人混みに飲み込まれる前に退散した。


で、肝心の輪王寺である。
輪王寺といっても、先に述べた日光三所権現時代の名残で、
日光山中に関係する寺院が点在している。

この日訪れたのは東照宮に隣接する、輪王寺の本堂・三仏堂。
日光三社権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という
高さ8.5mもある金色の大仏三体と、
東照三社権現本地仏(薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来)という掛仏の、
2組の三尊仏がご本尊として祀られている。
祖母の回復を祈願。


web_081121_144538_2.jpg


さて、ここを訪れたもう一つの理由は、この三仏堂の脇にある「金剛桜」が、
曾祖父の師である「彦坂大僧正」に由来する木なのだというからだ。
彦坂大僧正に関する情報が、この桜の木しか分からなかったので、
とりあえずやって来た。

桜の根本の由来書きにはこうある。

「黄芽、白花大輪の山桜で花香が強く、樹齢は約500年。
 地際より数本の支幹に分かれ、特異の樹形をなし、
 その基部の周囲は約5.7mに及ぶ。繖房状に3~4花を着け、
 花茎は約3.8?で、極めて大輪。

 花弁は円形で長さ約1.7?。巾は約1.6?で、花弁の縁は重なりあっている。
 明治年間、当寺門跡厚大僧正が移植せられたもので、
 大僧正の諡号、金剛心院に因んで命名されたもの。

 昭和11年5月10日三好理学博士の調査により、山桜の勝れた突然変異種に属し、
 加うるに樹形の著しきにより名木として指定を受く。」


これだけでは埒があかないので、寺務所を尋ねてみた。
寺務所の応接間に通され、色々と話を伺った。

この厚大僧正というのが、曾祖父の墓標に刻まれていた彦坂大僧正だそうで、
つまり、俗姓が彦坂氏だったのだ。
出家のことはよく分からないが、俗名を捨てるとはいえ、姓は記録に残るらしい。

寺務所ではさすがに曾祖父のことまでは分からなかったが、
師である厚大僧正は、すごい偉大な人だということが分かった。
どうも輪王寺の門跡再興の祖らしい。

輪王寺の歴史をザッと書いてみる。
輪王寺はもともと、「満願寺」だったが、明暦元年に後水尾上皇の院宣により
「輪王寺」の寺号が下賜され、それ以来代々、法親王(出家した皇族)が住持を務め、
「輪王寺門跡」あるいは「輪王寺宮」と称された。

ところが戊辰戦争中、当時の門跡を彰義隊が担ぎ出し、
京の天皇に対抗して、「東武天皇」として即位させた。
が、上野戦争に巻き込まれ、東北に逃亡するものの、降参。
蟄居の後還俗、これが北白川宮能久親王を名乗った。

この一連の戦いの影響か、明治新政府の神仏分離令で、
「輪王寺」の称号は没収され、もとの「満願寺」に戻る。
この時に門跡号も途絶えたのだろう。
そして明治15年、内務卿の許可を得て厚大僧正は正住職になり、
翌年、門跡号を復興して「輪王寺」を再興したのだ。



先に述べた金剛桜は、神仏分離令によって移転した三仏堂の景観を整えようと、
厚大僧正が他所から移植してきたもの。
当時すでに樹齢400年を越える老木だったのを、
大僧正は毎日この樹の下に来てはお経を唱え、養生した。
その甲斐あってか、新たな根も生え、
これまで以上に繁茂するようになったのだという。


結局、曾祖父のことはよく分からなかったが、
修業時代、きっとこの桜の樹の世話などもしていたのだろう。
こうして、立派に紅葉している老樹を目の当たりにすることで、
曾祖父に少しでも触れることが出来たような気がして、嬉しかった。

空は澄み渡り、どこまでも青かった。
この日は旅行中、一番の好天気。
戦場ヶ原で夜明けを迎え、軽く食事をとった後、
中禅寺湖の湖岸を走り、東岸の山上、明智平に向かった。

明智平は、日本史の謎の一つ「南光坊天海=明智光秀 説」
の証拠の一つとされる場所である。
つまり、いつの間にか徳川家康のブレーンとして歴史に登場し、
東照宮の創建にも関わった江戸幕府の政僧南光坊天海が、
その謎の前半生と、東照宮に点在する明智家の桔梗紋、明智平の命名などから、
天海の正体は明智光秀か、またはその近親者、という俗説が生まれたのだ。

まぁ今回の訪問はそれを掘り下げるわけではなく、
ただ、男体山を拝みたかっただけなのだが。


明智平からロープウェイに乗り、展望台へ。
ものすごい強風。
この日は比較的温かく薄着だったので、冷たい風が肌を刺すようだ。

それでも、展望台からの眺めは素晴らしかった。
昨日、一昨日と過ごした奥日光が一望できる。
ものすごく大きく感じた中禅寺湖も、明智平から眺めると水たまりのようだ。
日光山を開いた勝道上人が、男体山の登頂時にはじめて、
眼下の湖に気がついたという冗談のような逸話も残っているが、
こうして高所に立ってみると、山を拓くということは、
その土地一帯の地勢を把握することでもあったのだろう。



081121_110117-2.jpg




登山家に、山に登る理由を問うと、「そこに山があるから」と言う。
使い古された言葉だ。

マタギの血の交じった友人は、山には3つの世界があると言っていた。
まずは麓、人間の世界。
そして中腹は、獣の世界。
一番上は、神の世界。
獣の世界から人間界へあふれた害獣は駆除してしかるべきだが、
人間も必要以上に獣の世界に踏み込まないし、必要以上は殺さない。
日本人はこの絶妙なバランスを保つことによって、自然と共存してきた。
ただ、闇雲に傷つけないことだけが自然保護ではない。全てはバランスなのだ。
そして、神の世界、具体的には森林限界以上と言っていたが、
そこには決して踏み入りたくないと。血がそうさせると。

それは友人の個人的な心情だし、レジャーとしての登山を非難するものではない。
ただその言葉は私の心には重く響き、それ以来、なんとなく登山は避けてきた。

私の父親は若い頃は登山が趣味だったので、
高校に上がる前は幾度となく山に連れて行ってもらった。
今思えば関西の名だたる霊山ばかり踏破していたようだ。
「なんで霊山ばっかり?」と訊いてみたが、本人には自覚が無いようだったが…

そして今の私は…
聖地を色々とまわっていると、どうしてもその先を見てみたくなり…
何度か、登山に誘われることがあっても、どうも実行に移せなかったり…
まぁ、こういうのはお導き次第、と言う考えの持ち主なので…

ただ一つ言えることは、私が山に登ることになった時は、
その理由は「そこに山があるから」ではないのだと思う。
きっと、「神のもとに近づきたい」のだと思う。
まぁ神なんてものは概念に過ぎないのかもしれないけど、
「なにか高いところからいつも見守ってくれている存在」
に近づいてみたいのだと思う。


話は元に戻るけど、手元にある藤森栄一さんの著書『古道』に、
昭和33年、男体山に本格的な考古学調査が入った時の調査隊の一人、
佐野大和さんの言葉が載っていたので、転載してみる。
ちなみにこの時の調査は凄まじいもので、山頂の巨石や岩の至る処に、
王朝時代から武家全盛期にかけての様々な珍宝が置かれていたそうだ。
それは考古学者と言えども、生涯に一度当たるかどうかわからないほどの、
すばらしい光景だったそうだ。


 「 西日の落ちようというころ、西方の真っ赤な雲海にむかって、
 巨石の上に端座、激しい呪文を唱えている行者があった。
 それは、生きた人間であって、しかも、すでに人間ではなかった。
 やがて、数人の行者は、西方目くらむばかりの断崖の岩壁に
 上半身をのりだして、鬼のような形相で何かを求めていた。

  洪宝はそういう行者たちが、千年以上前から、登攀してきては、
 西方浄土に、より近い高さ故に、こうして捧げてきたものである。
 むろん、行者自身の持物もあろうが、さる貴き人たちの発願で
 斎らされた宝物が多かった。関東ばかりではない、遠く、都からも、
 この男体の西方への祈りが、行者にたくされてきたであろう。」



山は遠くから眺める方が良い、と言う。
たとえばあんなに美しい富士山なども、登山道に立ってみるとただの瓦礫の山だ。
人々は、遠くに見える美しい山を、神の象徴・偶像として遙拝してきた。
これは、現存する古い神社などを見ても明らかなことだ。
そして、さらに一歩踏み入れたくなった人々は、
近づき、よじ登り、たどり着き、感じた。
そこにはただ空があっただけかもしれない。
でも、遠くから眺めるだけではわからない、何かがあるんだろう。

残念ながら、私は自意識が芽生えてからは父親と登ってないし、
今回だって、車やロープウェイでビューと登ってきただけだが…

いずれ、目の前にそびえる男体山に、ちゃんと登ってみたいものだ。


Design by mi104c.
Copyright © 2008 風と土の記録, All rights reserved.