2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_090622-045655.jpg


早朝、榛名湖畔で目を覚ました。
前日に片品で吹割の滝を堪能した後は長野に向かって移動。
昼前に諏訪で用事があるので、その途上にあたる榛名山で車中泊をしたのだ。

榛名山には、以前、夜中に訪れたことがある。
そのときも何かの途上で、伊香保温泉で入浴した後、
榛名神社を目指してドライブした。
途中からものすごい霧に包まれ、なんとか榛名神社の鳥居まで行ったものの、
すぐに引き返した覚えがある。
それ以来、再訪を願ってやまなかったのだ。

この日も、前日の夜もものすごい霧。
時には一寸先も真っ白で見えないなるほど。
夜明けに合わせて目覚ましをセットして、朝の榛名湖を撮影しょうと思っていた。
湖面に映った榛名富士を、と思っていたが、霧が凄くてそれどころではなかった。
上の写真の小山の向こうに、榛名富士があるのだが…
これはこれで、榛名山らしい一枚になった。



霧は晴れそうもないので、榛名神社に移動。
榛名神社は榛名湖から南西に下っていく途中に鎮座している。
午前6時。人っ子一人いないので、土産物屋の駐車場を拝借。

鳥居をくぐり、随神門をくぐる。
すぐ左手に三重塔。
神仏習合時代の面影を色濃く残した境内だ。

しばらく行くと水琴窟。
なんとそこには先客がいた。
若いギャルとギャル男(もしかして死語か?w)のカップルだ。
とても参詣者とは思えない。犬を連れていたので散歩だろうか。


web_090622-053934.jpg


カップルと着かず離れず、渓流に沿って参道を進んでいく。
左手は岩壁だ。
行者渓と呼ばれる岩と岩に挟まれた谷。
右側の岩には木の扉で閉じられた、人為的な四角い穴があった。
東面堂跡とのこと。
かつてはお堂の須弥壇の奥、秘仏・千手観音を納めていた場所だったそうだ。

31950863_1577226758.jpg

かつての東面堂は、歌川広重の「上野 榛名山雪中図」に見ることが出来る。



渓流沿いの道から左に折れ、岩壁の隙間に向かう石段を登ると、
ついに榛名神社の心臓部だ。
神門をくぐり、九十九折りに石段を登ると双龍門。
神域を構成する巨岩のひとつ、鉾岩を背負った門だ。

web_090622-063634.jpg


すると、双龍門の手前でカップルの男が急に叫んだ。
どうも、ハチか何かに刺されたらしく、
ジャージの裾をまくってべそをかいている。
人のことをとやかく言うのは好きではないが、
お世辞にも神域に入るにふさわしいとはいえない態度。
神罰が下ったのだろうか。

カップルは御神体を目にすることなくその場を引き返して行った。
おかげで静かになった。

web_090622-055237.jpg


双龍門をくぐると、さほど広くもない空間に、
前後左方から背の高い巨岩が屹立していた。
拝殿、その左には国祖社・額殿、背後には神楽殿。
額殿は神楽を見るための桟敷で、
太太神楽の額が多数かかっていることから額殿と呼ばれる。

web_090622-063451.jpg
双龍門と鉾岩(ヌボコ岩/ローソク岩)

web_090622-061623.jpg
神楽殿と弥陀窟(岩壁上部の3つの穴に阿弥陀三尊を祀ったとか)

web_090622-060728.jpg

そして、拝殿の背後に御姿岩。御神体だ。


今にもこちらに落ちてきそうな大きな岩。
真横から見ると、相当傾いているようにも見える。
そして、この巨大な岩の首の部分に御幣が立てられているのには驚いた。
はしごも架けられそうもない大岩によじ登る人が居るということだ。
気のせいか、拝殿手前の巨大な杉の木の、枝が御姿岩のほうに張り出して、
落下を食い止めているようにも見える。
そうなるように成長するように、何かの力が働いたか。

web_090622-055816.jpg web_090622-063246.jpg


御姿岩の腹部には磐屋があり、拝殿とつながっていて、
そこに「御内陣」と呼ばれる主祭神を祭る場があるという。
主祭神は火産霊神(ホムスビ:カグツチ)と埴山姫神(ハニヤマヒメ)で、
イザナミの死因となった火の神カグツチの出産と、
その直後にひり出した大便(土の神)に由来する。
火と土の神を祀るのは、榛名山がかつて大噴火をしたころから、
綿々と続けられている信仰なのだろう。




参拝を終えたころ、社務所のおじさんがやってきて、
朝早くからご苦労だね、と声をかけてきた。
相変わらず霧の境内は神秘に包まれていたが、
その声で現実に戻ることが出来た。
スポンサーサイト


Design by mi104c.
Copyright © 2009 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。