2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_091219-131153.jpg


塩尻と岡崎を結ぶ三州街道を南下。
大出の辺りで右脇に気になる石碑が目に入ったので車を停めた。
巨大な庚申塔が林立している!迫力満点だ!

一番大きいものには昭和五十四年と刻まれていて、
30年前に奉納されたものだとわかった。


庚申塔群の隣には、小道を挟むように枯れ木が並んでいた。
既に地上1mから上は朽ち落ちたか伐られたか、失われてしまっているが、
かつては相当な巨木だったかと思われる。
小道は参道だった。
かつて境内だったと思われる両脇の土地に今は民家が建ち並んでいるが、
その先には神社が見えた。

web_091219-130854.jpg

扁額には高橋大権現。
大出高橋神社という社らしい。
あとで調べてみても、祭神はよく分からない。

貞和元年(1345)の創立。
かつてこの地に住居していた高橋氏の氏神だったようだ。
だが高橋氏の本家はこの地の豪族浦野家に請われて養子に入り、
浦野家として残っていると、浦野家研究のサイトに書いてあった。

高橋氏というと、越後の弥彦神社の神職家が高橋氏があるが、
先に訪れた小野の矢彦神社と関係のある氏族なのだろうか?
また、大和国添上郡高橋から出た物部氏系高橋氏という系図もあるらしい。
といっても弥彦神社の祭神天香山命も物部系だから、
結局は物部氏の関係という事になるが…

web_091219-130715.jpg


高橋神社には面白いものがあった。
扇に布が巻き付いているものが奉納してある。
これは辰野周辺でよく見かける風習で、胞衣信仰という。
扇が女性の下腹部を、布が胞衣(胎盤)を表し、
出産に関する民間信仰である。

web_061216-133825.jpg web_061216-133624.jpg
*以前見かけた胞衣信仰

スポンサーサイト

12月19日

法要で諏訪入り。
18日の夜に高速で諏訪入りしたところ、
途中富士見を越えた辺りから吹雪。
諏訪南インター辺りでチェーン規制の検問があった。
幸いスタッドレスタイヤに履き替えていたので大丈夫だったが、
チェーンやスタッドレスタイヤでない人は、諏訪南ICで降りろとのこと。
雪対策をしてない人が諏訪南で降ろされたら、
甲州街道を諏訪側に降りて行くしかない。
高速より危なそうなのだが…


19日は一日空いていたので、午前中から探索。
まずは諏訪大社。

web_091219-095804.jpg


境内は見事に雪一色だった。
参拝を済ませ、諏訪湖沿いに北へ。
辰野町を目指す。

岡谷から、諏訪湖唯一の流出口である釜口水門を経て、天竜川へ。
かつて、出雲から来たとされる建御名方命と、
洩矢神を祀る先住民族が戦ったとされるあたりだ。

web_061216-121154.jpg
*参考 洩矢神社 (以前撮影したもの)


天竜川に沿った岡谷街道を南下、辰野に至り、三州街道を少し北上。
上伊那郡と塩尻市(旧東筑摩郡)の境界に、小野神社が鎮座している。
(正確には小野の集落を分断して境界線が引かれている)
松本平野と伊那路、諏訪湖を見渡す霧訪山の麓に位置し、
古来から交通の要衝でもある。

ishot-3.jpg

web_091219-113026.jpg web_091219-112154.jpg



雪に埋もれた駐車場に車を突っ込み、境内に入ってみた。
不思議な境内だった。
同じ境内に、別々の二社が並んでいる。
向かって左(南)が矢彦神社、右(北)が小野神社だ。
共に信濃国二之宮である。
祭神は、小野神社が建御名方命
矢彦神社は、正殿 :大己貴命 ・事代主命
      副殿 :建御名方命・八坂刀賣命
      南殿 :天香語山命・熟穂屋姫命
      北殿 :神倭磐余彦天皇・誉田別天皇
      明治宮:明治天皇

大己貴命・事代主命は建御名方命の父と兄、八坂刀賣命は妻、
南殿の天香語山命・熟穂屋姫命は越後の弥彦神社の主祭神で、
矢彦神社の由来となった祭神だろう。(矢と弥の違いがあるが。)
神武・応神天皇は武人の崇敬が篤かった神、
明治天皇は明治13年に行幸があったからだろうか。
なぜ建御名方命に全く縁のない南殿の祭神が、
この地に祀られているかがいささか不可解。

小野・矢彦両神社は、それぞれ上伊那郡と旧東筑摩郡の鎮守で、
境内自体は今は塩尻市にあるというのに、
矢彦神社の境内分だけ上伊那郡に属しているという。
さすがにこれはややこしいので、行政的には
「両小野」という特別措置をとっているとか。
もっとややこしい…

諏訪の神社に付き物の「御柱」もあり、
これは両社それぞれ立てている。
従って、境内に8本立っていることになる。

web_091219-113943.jpg


両神社のちょうど真ん中に藤池と呼ばれる御手洗池があり、
その手前に「御鉾様(おぼこさま)」と呼ばれる磐座がある。
web_091219-111955.jpg web_091219-112456.jpg


web_091219-112419.jpg
御鉾様

なんと、御鉾様は方形で中央に小さい穴が空いているというのだが、
雪に埋もれて何がなんだかさっぱりだ。
この穴に、鐸鉾(さなぎほこ)という神宝を立て依り代にし、
祭祀を行っていたのではないか、と考えられている。
宝物館長の話では、まず霧訪山を祀る御鉾様信仰があり、
その両脇に矢彦、小野神社が出来たんではないか?とのことだ。
鐸鉾は神代鉾とも呼ばれていて、鉾に十二個の鉄鐸が掛けられたもの。
七年ごとの御柱祭のたびに麻緒を巻き付ける風習があり、
古くに巻き付けたものなどは、時が経ちすぎてボロボロになっている。
いつのころから行われているのかも分からないそうだ。

web_091219-123159.jpg

鐸鉾は諏訪大社に伝わる「サナギ鈴」と同形状。

ちなみに霧訪山では、干ばつのときは銅鐘を山の上から落とす、
という雨乞いの風習があったそうで、
これは神体山守屋山頂の祠を蹴り落とす諏訪の雨乞いと共通している。


Design by mi104c.
Copyright © 2009 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。