2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070504-160338.jpg



写真は南国の楽園ではなく、宇和海。
佐田岬の海岸である。

5月4日。

大洲を後にした我々は、一路佐田岬へ向かった。
佐田岬は、今でこそメロディラインなる国道が出来、
根本から一時間ほどで岬まで到達できるが、
昔は県道をクネクネと巡り、先端までバスで3時間くらい掛かったらしい。

あいにくのぐずついた天気。
雨こそ止んだが、駐車場からの山道は未舗装で、
このぬかるんだ道をひたすら歩く。
灯台に至るも、なんだかパッとしない。
やはり岬はカラッと晴れた日でないと…

だが、妻は大分が見えたから満足のようである。
我々は海岸に降り、小石を拾ったりして遊んだ。

佐田岬の小石は、緑色をしている。岸壁も緑色だ。
上の写真の海の色は、この緑色片岩の小石が原因のようだ。
佐田岬のすぐ北の海中を、中央構造線が走っているので、
構造線の南側は三波川変成帯といって、片岩層が続いている。
特に、緑色の片岩層は、佐田岬、徳島の祖谷渓、
伊勢の二見浦、長野県大鹿村、秩父の長瀞によく見られる。
今回はほぼ中央構造線に沿って旅をしたので、
本当に中央構造線が続いているということが、
身をもって実感できたのだった。

20070504-160122_1.jpg



帰りは、八幡浜の常食(ローカルフード)、チャンポンを食べ、
異国情緒あふれるお菓子、唐饅をかじりながら帰途についた。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。