2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070506-142140.jpg



5月6日。

祖谷渓から吉野川本流に戻ると、
そこが大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)である。
大股で歩いても小股で歩いても危ない、
という救いようのない名前の付いた渓谷で、
その上雨でぬかるんでいるので、ちょっと近づき難い…

大歩危小歩危の主立った場所は通り過ぎ、
その先にある賢見神社に向かった。
ナビで見ると、簡単に行けそうなのだが、
その実は吉野川沿いの急峻な崖の上だった。
しかも麓には、通行止めの看板が…

諦めきらずに、細い道を登っていく。
集落もチラホラとあるので、通行止めというのが信じられなかったが、
しばらく行くとその理由が分かった。
落石があったらしくい。
道のど真ん中に落石防止のバリゲートが建っていた。
ただ、直前の通行止めの看板は伏せられている。
通れるのか!?

車の幅をギリギリ開けて建っていたので、
10mほどのバリゲートをそろそろと通過。
妻からは大顰蹙を買ったが、まぁ良くある話だ。

バリゲートを通過すると、後は順調そのもの。
しばらく行くと賢見神社の駐車場にたどり着いた。

20070506-131548.jpg


明らかに下界と違う。
雲が下にあるのだ。
「ほらほら、和製マチュピチュだよ」
なんて冗談を言ったら呆れられた…
マチュピチュじゃないにしても、
これは険峻な山城のような佇まいだ。
阿波の山岳武士というのは、
こういうところに拠って戦ったのだろうか。


駐車場からは5分くらい歩く。
賢見神社にたどり着くと、すごい雨になってきた。
どうやら自分たちが雨雲の中に入ったようだ。
そんな天気にもかかわらず、神社は賑わっていた。
特にお祭りでもないのに、家族連れが3組ほど居て、
子供達が雨よけのテントの中ではしゃいでいた。

本殿は境内すぐの場所にあり、
たどり着いた時にはちょうど祈祷を行っていた。
神前には奉納品が隙間無く並び、その奥が見えないほど。
賢見神社の邪気退散の霊験は西日本随一
といわれているそうだが、その為だろうか。

20070506-133536_1.jpg


本殿からさらに山中に入った場所に、奥宮がある。
途中までは山を下る形になるので、雨で滑って大変だった。
奥宮に近づくにつれ、六地蔵、水子地蔵、不動明王と続き、
奥宮の横には水行場があった。
ここは神仏習合の修験場だったのだ。
行者は居なかったが、沢蟹が修行していた。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。