2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とうとうお舟は神楽殿を3周まわり、
神楽殿の正面で動きを止めた。
神楽殿に向き合うように向きを変え、
五色の布が取り払われた。

どういう展開になるのやら、固唾を呑んで見守っていると、
突然お舟が横に傾いた。


20070801-183220.jpg



そして、若連が乗ったそのまま地面に倒れる。
と思ったら、今度は逆の方向から引っ張って立ち直り、
そのまま激しく倒れ込んだ。
曳行も荒々しかったが、最後はそれに輪を掛けて激しい。
さすがは舟を高山に運び込んだ海人族である安曇族の祭である。
下諏訪一帯は、上諏訪よりも安曇野の文化との共通点が見受けられる。
それは、上諏訪が狩猟に由来する御頭祭、
下諏訪がお舟祭を重要視することからも伺えるが、
実際の街の雰囲気も、上と下ではずいぶん違うように感じられる。
御柱にせよお舟祭にせよ、派手で賑やかなのは下社の方で、
上社はどちらかというと、庶民の介入しがたい
神聖な雰囲気をもった神事が多く感じられるのだ。
諏訪湖を巡る文化の違いは、
大げさに言うと古代史の縮図と言えるかもしれなくて、
非常に面白い謎である。

20070801-183746.jpg


20070801-182830.jpg




ともあれ、再びお舟は起こされ、拍手喝采の中、
祭は無事終了した。
これからお舟がどうなるのか、興味はあったがもう時間切れ、
バスの集合時間だ。
諏訪湖が夕日で赤く染まる中、私たちは家路についたのだった。


20070801-164552.jpg




















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。