2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月7日

姥が嶽神社の丘を下り、再び海岸沿いの道を走る。
太陽は傾きつつあり、開けっ放しの車窓からの風も
さすがに肌寒くなったころに、次の目的地に至った。

岩殿山明静院。
虫生岩戸なる、いかにも曰くありげな土地で国道を脇に入り、
岩殿山に続く細い砂利道を登っていく。
途中に駐車場があり、急な坂を歩いていくと、
右手に住職の家がポツンとあり、その先が境内となっていた。
急勾配の石段を登る。
中腹で土地が開け、小さなお堂と錆びて朽ちた遊具やベンチなどが点在。
ずいぶんと寂れてしまっている…

聖武天皇のころ、行基が国分寺建立に際してこの地に一寺を開き、
往時は妙徳院十一坊として大いに栄えたというのが信じられない。
唯一の寺院施設として残る粗末なお堂には、
行基作の国宝・大日如来像があるそうだが、
拝観料1000円・・・
ここは遠慮しておいた。

お堂の裏には上杉謙信公の墓。
玉垣があるでもなく、ポツンと五輪塔がひとつ。
戦国屈指の有名人なのに、この扱いは…

20071007-155332.jpg


大いに栄えていたころは、もっと大きな墓だったのだろうか。
沢山ある墓の一つとはいえ、寂しいものである。



さて、お堂の左には、さらに階段が続いていた。
諏訪神社へと続く道だ。

20071007-153610.jpg


階段の行き着くところに諏訪神社、さらにその右奥、
注連縄の結界の向こうに大きな岩がゴロゴロと転がっていた。

 
20071007-154742.jpg



胎内岩と呼ばれるこの岩こそが真の目的地である。

かつては岩屋を形成し、その中に諏訪神社が鎮座していたそうだが、
宝暦元年の地震で崩れ落ちてしまったそうだ。

この岩屋は、建御名方命の誕生地と伝えられている。
出雲からやって来て、居多ケ浜に上陸した大国主命は、
身能輪山という山に宮殿を作って拠点にしていた。
それが現在の岩殿山なのだろうか。
黒姫山の奴奈川姫を娶り、生まれた子供が建御名方命である。
胎内岩の脇の諏訪神社には、
大国主命、奴奈川姫、建御名方命、乳母嶽姫命が祀られている。
乳母嶽姫命とは、むろん建御名方命の乳母をつとめた女性のことで、
前回の日記で紹介した乳母嶽神社の祭神であるとの説もあり、ハッキリしない。
個人的には、乳母嶽神社は奴奈川姫の終焉の地であって欲しいものだが…


胎内岩は、大きく分けて3つの岩から成り立っている。
注連縄を潜ると右側にある岩は平べったい岩で、
周りを一周することが出来る。
左の一番大きな岩は、高くそびえ立っており、
上に樹木が生えているので、半分は土に埋まっているのかもしれない。
この岩が胎内岩のメインのようで、岩の下にはお供え物にまじって、
子供のおもちゃが奉納されていた。
幼き諏訪明神を想って、、、
と言うよりは胎内岩の名前から、安産への願いを込めての奉納なのだろう。
そして、その奥には道を塞ぐように岩が横たわっていて、
ちょうどメインの岩と接する部分に、細い細い道が出来上がっている。
奥に進んでみた。
たった数メートルなのだが、急な登り坂に加えて足下がツルツル滑る。
地面や岩に手をつきながら、必死になって登り切った。

20071007-154436_1.jpg


登り切った先は、1メートル四方の小さな空間になっていた。
ここに岩でも被さっていれば、きっと岩屋と呼べるものになっただろう。
岩と岩の隙間に石の祠があり、そこは飯縄神社となっていた。
寺伝によれば、地震で岩屋が崩れ去った後、
裏山の飯縄神社と剣神社も合わせて祀るようになったという。
飯縄権現といえば、上杉謙信や武田信玄が篤く保護した軍神である。
一方で「管狐」を使役する飯縄法や、飯縄忍法なる方術を使う修験者を、
巧みに取り込み諜報活動に使ったなど、実利もあったのだろう。
春日山城にほど近いこの山に、修験者の足跡があるとは興味深い。

それはさておき、飯縄神社の祠の足下には、
小さな仏像が2体佇んでいた。
20センチにも満たないだろうか。
なんという仏様かは分からなかったが、
素朴な姿と場の空気が馴染んでいて、
妙に惹きつけられたものだ。
この仏様に出会えただけでも、
今回の旅は意義あるもののように思えた。

20071007-154158_1.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。