2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月14日

20071014-133736.jpg


白樺湖北岸では昼食に恵まれなかったが、
あてもないので南岸にまわってみた。
いかにもリゾートな店が並んでいてゲンナリだったが、
奥まったところに新蕎麦の文字が見えた。
朝日が丘という店。
民宿を兼ねているというが、リゾートに似つかないこじんまりとした店だ。
案外お客が入っていて、しばらく待つことに。

田舎蕎麦定食を頼んだ。
虹鱒の甘露煮と、自家製麺の盛りそばのセットだ。
これがすごく良かった。
観光地にしては良心的な値段で、
それでいて諏訪近辺で食べたどこよりもうまい。
つけ汁にちょこんとつけて、一気にずずずっと吸い込むと、
口の中が蕎麦の濃厚な香りでいっぱいになった。
この店の為に白樺湖に来てもいいなと思わせる店だった。


腹ごなしに湖畔を散策していると、不思議な物を見つけた。

20071014-131814.jpg


道祖神だろうか。
向かって左は双体道祖神だけど、石の祠の方はちょっと違う。

20071014-131742.jpg


どちらかというと、縄文遺跡から発掘される破壊された石棒や、
諏訪地方の祠に祀られているミシャグチ石像に姿が似ている。
どちらもこんなにおおっぴらに置いてあることはあまりない代物なのだが…
それにしても首に巻いている真珠が、妙に生々しさを醸し出していた。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。