2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月24日

大滝神社でしばらく時を過ごした後、
坂を下りて王滝の方へ向かった。


web-071124-006.jpg



王滝へ至る前には、展望の開けた広場があり、
そこには横谷観音堂が建っていた。

昭和十二年、元陸軍中将市ノ瀬源助翁が、
たまたまこの地に訪れ、山紫水明の横谷渓谷に護国の霊地を築いたという。

あまり関心の持てないお堂だったので、軽く挨拶をして通り過ぎる。
ふと、脇の石仏に目をやった。


web-071124-007.jpg


・・・?

宇賀神っぽいけど・・・

あまりの”ゆるさ”に脱力さえも感じてしまった。

ただ、見過ごすことのできないことに、
この石像のすぐ後ろは崖で、そこからは王滝を見下ろし、
その先に続く横谷渓谷、乙女滝、
そして遙か彼方の真っ正面に、諏訪の神体山・守屋山を一望できる。
この像を拝むことで、守屋山も遙拝することになるのだ。
八ヶ岳連峰のかなり奥に入り込んだこの地にて、
まさか守屋山が拝めるとは思わなかった。
山頂以外で、こうも開けた立地はなかなか無いのではなかろうか。

守屋山を中心とする諏訪上社ミシャグチ信仰は、
神体を蛇になぞらえていると言われている。
それが中世、諏訪竜神伝説の礎になっているのだと思うが、
その蛇信仰を意識して、守屋山のよく見えるこの地に、
人面蛇体の宇賀神?像を祀ったのだろうか?
案内もなければ、気にする人もいないようで、
由来も詳細も分からないが、なんとなくそのような気がした。


ここより先は麦草峠。
諏訪から佐久に抜ける人にとって、
王滝は諏訪を望める最後の場所になる。
こだまする瀑音を背中に受けつつ、旅人は東へ歩みを進めるのだった。

web-071124-008.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。