2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月24日

麦草峠から佐久に向かう途中、
松原湖なる湖があったので、立ち寄ってみた。

コーヒーを淹れて、先ほど買った「くるみやまびこ」でおやつタイム。
冬の松原湖は閑散としている。
目の前には誰も乗る人のいないスワンボートが岸に繋がれ並んでいた。
それでも、ときどき人がやってくるのは、やはり有名な観光地なのだろう。
といっても、松原湖は八ヶ岳高原の湖と違い、
あまり観光地然としていなかった。
八ヶ岳に国道が整備される以前は、
信州を代表する観光地として賑わったそうだが、
今はその面影はまったくない。
そのかわりといってはなんだが、湖を囲むように沢山のお社があった。
古い歴史がありそうな雰囲気なので、少し散策してみることにした。

湖の南の駐車場から反時計周りに歩くと、
すぐに諏訪神社に行き当たった。
周囲には無数の石祠。

web-071124-012.jpg


横並びにずらっと並んだ石祠は、社殿下手の丘の中腹に位置し、
とてもリズミカルな配置をしている。
こんなに並んでいて、どれがどの神様を祀っているか、
とうてい分からないのだが、とりあえず全部が見えるようにお参り。

web-071124-010.jpg


諏訪神社の裏参道にあたる鳥居脇にあった道祖神。
顔を破壊された石仏はよく見かけるが、
顔の部分だけ削られているのは初めて見た。
明治政府が神道を国教に押し進めるにあたって、
神と習合した数々の仏像や、俗信から生まれた信仰対象が、
廃仏毀釈運動と称して次々と破壊された。
仲むつまじく並んだ夫婦の道祖神。
破壊するのが耐えがたく、せめて顔を削ってその場を凌いだのだろうか。
政府の方針とはいえ、古くからこの神に馴染んできた人々は、
変わり果てた姿に心を痛めたに違いない。


web-071124-009.jpg


web-071124-011.jpg



松原湖の諏訪神社は、上社と下社の二社あるようだ。
南岸のこちらは上社。
諏訪湖よろしく、湖の南北に諏訪神社が鎮座している。
社殿のすぐ脇には、岩となかば同化した巨木。
古の諏訪の神が、巨木をつたって石に降臨する、
といった話を彷彿させる岩だった。

松原湖の周りには、諏訪神社上社から下社まで、
水天宮、山宮、熊野神社、弁天社、八幡社、子安社、白山社・・・
と、そうそうたる神社が軒を連ねている。
それも、ほとんどが小さいながらも社を構えているから素晴らしい。

うららかな日差しに導かれるように、湖の対岸に向かって歩みを進めた。


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。