2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月24日


web-071124-016.jpg


松原湖を半周回り、北岸は諏訪神社の下社が鎮座している。
南岸の上社と北岸の下社という配置は、諏訪湖のそれと同じである。
さながら、諏訪湖の縮小版といったところか。
これまで少なからず諏訪神社を見てきたが、
上社下社に別れているだけでも貴重なのに、
それに加えて湖との位置関係も考えてあるのは、
龍神伝説を持つ松原湖を諏訪湖になぞらえて
丁重に祀ったからなのだろうか。

諏訪神社下社は湖と崖に挟まれた場所にあり、
木々と崖に守られる形で鎮座している。
崖に沿って遊歩道が続いているのだけど、
崖の前で不思議な立て札を見つけた。

天照皇大神社。

今度は矢印も何もない。
そして対象さえも見当たらない。
目の前は崖である。

もしかして…

木々に覆われた崖の上にチラッと大岩が見える。
おお、この崖を登れと言うのか…

枯れ葉に覆われた下に、わずかに獣道が見えている。
それにしても急勾配だ。

意を決して、だだだっと勢いを付けて駆け上がる。
案の定、足場が滑って転がりそうになるも、
木の根を掴んでグッと耐える。
今日はこんなのばっかりだ…

周りにいた人が呆れているのが目に見えるようだが、
そんなの関係ねぇ!の精神でなんとか登り切った。
ハァハァ…

目の前にそびえたつのは、予想以上に大きい石灰質の岩壁。
その真下、人が屈めるくらいの隙間に、石の祠があった。
きっとここが天照大神の祠に違いない!


web-071124-017.jpg




南面した岩壁。
一日中、太陽を拝める方向なのだろう。
木々の隙間から松原湖の湖面が見える。
崖の上の特等席。
キラキラと輝く湖を、独り占めしたような、
そんな気分に浸りながら、汗の引くまでじっと湖面を眺めていた。





















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。