2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


乙事諏訪神社から西へ、山を降っていくと高台に鳥居が見えた。
なんと、そこが乙事諏訪神社下社跡だった。

階段を登ると、神社跡は見事に公園になっており、
双代道祖神がひっそりと私を迎えてくれた。
この辺りに道祖神が多いのは、県境だからだろうか。

060816_6382.jpg


元境内の敷地は、西半分が公園になのだが、
東半分は何やら怪しげな社が並んでいた。

060816_6387.jpg


社というよりも柵といったほうがよいだろうか。
中央の台座の上に石があり、小さな鳥居が
洩れた光を浴びて輝いている。
石の前には二匹の犬がしっぽを振っている。

もしや、犬神!?

映画”もののけ姫”で、山犬たちは祟り神となって荒れ狂う
オッコトヌシたちからサンを守る。
なんと、乙事に犬神がいるとは思わなかった。

勘のいい人はもう気がついていると思うが、
この社は三峯神社。
奥秩父にある修験の聖地、三峯神社から勧請されたものだ。
犬神とはオオカミのことで、秩父ではイノシシやシカやサルなど
農作物に被害を与える害獣を追い食いし、
人里では火災や盗難に対して吠え立てるオオカミを、
山の神の使いとして崇め、”大口之真神”として祀る
犬神信仰が行われているのだ。

なんと、乙事主に犬神、役者は揃ったようなものである。
私の脳裏には、乙事主の大群と戦う犬神の姿がよぎった。



そしてその隣は、箭弓神社。
埼玉の箭弓稲荷神社からの勧請かと思ったが、全然違った。
なんでも創始年代は分からないらしいが、
昔、大下東組の六地蔵の辻で、正月に子供達が”道きり”といって、
道に縄を張りここを通る人に「道祖神さまにお賽銭をくれ」
といって、お小遣いを稼ぐ習慣があった。
ある正月、ここへ馬に乗った侍が通りかかったが、
子供達を無視して通り過ぎようとした。
その時弓を持っていた子供が矢を放ったところ、
運悪く侍の目に刺さり、侍は落馬し命を落とした。
その後、その子供達の家に不幸が続き、侍の祟りだという噂が流れ、
弓矢を撃った子の親が、祠を建て侍の霊を祀ったのだという。

名もなき侍が”祟り神”になったと言うことだ。
そういえば、もののけ姫でもアシタカが
弓矢で侍を射殺すシーンが象徴的に使われていたな。

060816_6392.jpg


三峯社と同じような柵に囲まれているが、
こちらは祠があり、前に丸い石が3つ置いてある。
ワタが散乱しているが、元は座布団のようなものに
乗せていたことが分かる。
これは侍を埋葬した時の枕石で、
今では「力石」とか「お試し石」と呼ばれ、
願い事が叶い時は軽々持ち上げられ、
適わないときは持ち上がらないと言われている。
なぜ祟り神が願い事の神様になったのかは分からないが、
この大きさの石なら誰でも持ち上げられることは確かだろう。



あとで調べて分かったのだが、
富士見町には宮崎駿氏の別荘があるらしい。
エボシ御前の由来となった烏帽子なる地名もある。
この近辺でなじみ深いキノコに”ジゴボウ”と言うのもある。
なんだ、そういうことだったのか…

物語のラストで、首を打ち落とされたシシ神さまが、
ダイダラボッチに変化するが、
鹿の頭とダイダラボッチ、どちらも諏訪盆地に
なじみの深いものなのである。


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。