2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大晦日~元日

この正月も、妻の実家である諏訪で過ごすことにした。
大晦日の夜、紅白も終わりに近づいた頃、
単身、雪の降る中を自転車に跨がり、茅野の葛井神社に向かった。
諏訪では二年参りが当たり前らしい。
二年参りとは、大晦日の夜に神社に参り、そのまま年を越すことで、
そのためか、諏訪では大晦日の晩から神社の境内がにぎわう。
私の生国では、大晦日はお寺で除夜の鐘というのが基本だったので、
これには少し戸惑った。
本当は除夜の鐘も鳴らしているのかもしれないが、
雪道をひた走る私の耳に届いたのは、鐘の音ではなく花火の音だ。
諏訪の人たちは、大晦日の夜には花火を打ち上げる。
煩悩の数だけ打ち上げるかどうかは分からないが、
とにかく午前0時に向けて、花火を打ち上げる音がこだまする。

葛井神社は、茅野といっても北にあるので、妻に実家からは割と近い。
ものの15分ほどで神社に着いた。

境内には葛井の池があり、池がご神体とされている。
岸には、池を隔てて守屋山の方向を拝む形で社殿が建っており、
その前に参拝者たちが集まっている。
殿上では既に宮司が背を正し、神事が始まろうとしていた。

一連の進行のあと、宮司が社殿の外に向かった。
御手幣送りを行うので、葛井の池に一同集まるように呼びかける。
”御手幣送り”とは、その年一年の上社で使った幣帛・榊などを、
大晦日の深夜にく葛井の池に投げ入れることを言う。
古い資料では、寅の刻(午前4時)に前宮御室の御燈を合図に葛井の池に投げ込むと、
卯の刻(午前6時)に遠州のさなぎの池に浮かび上がるとされているようだ。
今は午前0時に投げ込むようになっているが、いつの頃かにかわったのだろうか。
ちなみに、さなぎの池とは御前崎市の桜ヶ池だとされていて、
あちらには秋の中日のおひつ祭りで池に沈めたおひつが、
諏訪湖に浮かび上がるなどという伝説が語り継がれている。
http://miyokame.blog82.fc2.com/blog-entry-82.html

この日は天気のためか、案外参拝者は少なかったので、
良い位置を確保できた。
池の手前にしめ縄が張られ、そこを中心に四方からライトアップされていた。
一同が見守る中、宮司が祝詞を奏上する。

web-_MG_8787.jpg



冷気が肌を刺す。
御手幣を投げ入れるのを、まだかまだかと待ちわびる。
地元のアマチュアカメラマンは案外冷静で、
時計を見ながらまだ数分ある、なんて言っている。
今では前宮の御燈は見えないけれど、
時計に合わせて正確な時間に投げ入れるのか。

そして時は来た。

web-_MG_8805.jpg



紙の包みを、ぽーんと放り投げて池に投げ入れる。
御手幣が池に着水する直前、カメラの電池が切れた。
低温による電圧降下だ。バッテリーゲージの点滅を
はらはらしながら身構えていただけに、
着水する直前のカットがうまく撮れていたのでホッとした。

私のドキドキとは裏腹に、神事はあっさりと終わった。
ただ投げ入れて終わりだったようだ。

神職たちは社殿に戻り、歳旦祭へと神事は進む。
殿上で一連の神事が行われ、参拝客達も皆社殿前へ集まった。
私も衆に交わり冷え切った体を焚き火で温めながら、
新年のお祭りを眺めていた。

ふと、池の方を見た。
逆光に照らされ不思議な色彩に輝く池から、
冷気が霧となって立ちこめている。
しめ縄の向こうはまるで異空間だ。
ハッと気がつきカメラを取りだそうとした時、
池を照らすライトが消されてしまった。


本当に葛井の池が桜が池と繋がっているとは思わないが、
もし、あの時見た池の輝きが、次元の歪みか何かだったら…
なんて考えると、胸の中でどんどん想像がふくらんでいく。
今も脳裏に焼き付いているあの光景は、
龍神様からのちょっとしたお年玉だったのではないか、
と新年早々妄想している私であった。


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。