2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桐が岡神社で思わぬ収穫に喜んだ我々一行。
神社の脇に湧いているいわき一の名水をペットボトルに汲み、
ジムニーに4人全員が乗り込んで、真の目的地「丑の倉の大石」を目指した。

もはやナビに道は表示されていない。
轍に雨水が流れて抉られた山道。
確かにジムニーでないと行けない道だ。
そんな悪路に追い打ちをかけるように、急な上り坂。
普段は全然役に立たない超低速ローギアが、
この時ばかりは頼もしく思えた。

そんなこんなで、大石にたどり着く。
路肩に大きな石がデンと座っていて、へ~、これがそうか、と思っていたら、
お目当ての大石はそのまた奥だという。
さすが、来たこともない場所なのによく分かっているな、
と感心しつつも一行に着いていくと、
ドドドーーーーン!
と言った感じで大石が立ちふさがっていた。
いや、もはやこれは石と呼べるのか?
それでも一枚岩だというから、開いた口が塞がらない。

web-080322-125618.jpg


右の石の上にいるのがS氏。

web-080322-122543.jpg


巨石好きはもとより、ロッククライマーにも有名な場所だそうで、
確かに石の頂上付近に穴が開けられ、ロープを架ける杭が打たれている。
なるほど、登りたくなるのも無理がない。
ちなみに我々は、裏手から大石の上に登った。
こういう巨石は、何故かどこでも登れるようになっているから、
ついつい登ってしまうのだ。

大石の下でお昼ご飯。
おにぎりに先ほどの名水。
いつも一人で食べることが多いので、大空の下、
ワイワイとご飯を食べるのはとても楽しい。


丑の倉の大石のあとは、少し離れた場所にある、良々堂山三十三観音へ。
江戸時代、独国和尚が岩屋の中に堂を設け延命地蔵を祀って以来の霊山。
その後、西国へ巡拝に行けない人々のために、三十三観音を祀ったという。

なだらかな杉林の斜面を登っていくと、そこかしこに岩が転がっている。

web-080322-141750.jpg


林の隙間から差し込んだ光を受け輝いていた岩は桃太郎岩。
このような岩が、そこら中に転がっているのだ。

興味の尽きぬままお堂のあるあたりにたどり着く。
お堂の後ろには、大きな岩が。

web-080322-142810.jpg


この岩は岩屋状で、お堂があってもおかしくはないほどの空間があった。
ここに独国和尚は延命地蔵を祀ったのだろうか?
空間の横にも岩が転がっているのだが、どうも岩屋の天井が割れて落ちて用ようだ。
その為か、いまでは岩屋は物置になっていて、
材木やらが転がるちょっと悲しい場所になっていた。

と、そんなことではもう驚かないちょっと岩スレした私。
だが、ここからがすごかった。

web-080322-143251.jpg


岩屋の上には、無数の石仏。
お堂の位置からは気がつかなかったが、こんな光景は初めて見た。
この時は枯れ葉が積もっていたが、枯れ葉がなければ
この妙に白い岩肌と無数の石仏のコントラストが美しそうだ。

でも驚くのはまだまだ早い。
そこから少し上を見上げると、いかにも何かありげな場所がある。
山を少し登っていくと、、、

DPP07D80411041135.jpg


080322_143615.jpg




岩に仏様が彫られていた!
そして天照太神宮、?????(読めない…)、熊野大権現の神名。

これはお見事!いつの時代のものなのだろう?
私は、聖地が好きでもどちらかというと神道系ばかりまわっているので、
磨崖仏は数えるほどしか見たことがないのだが、
その中でも存在感がずば抜けているように思えた。
周囲が丸く彫られているが、この形は何だろう?
神名にも見えるとおり、太陽を模ったものなのだろうか?
この真ん中の、書体を変えてある文字が読めるといいのだが…

DPP07D80411042440.jpg



良々堂山は、ここから先が三十三観音巡礼なのだが、
あまりにも道のりが長くなりそうなので、この日は次を急いだ。
こういう巨石が三十三ヶ所も続くのだろうか。
いずれまた、あらためて。

web-080322-144348.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。