2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


080322_153006-2.jpg


宇宙岩。
いわきのエアーズロックとも。
広大な乾し草の山の上に佇むその姿は、あまりに孤高であった。
険しくもあり、どこか暖かくもあるような、圧倒的な存在。
その岩はあたかも道を指し示すように、遙か上空を指し示していた。
地面から延びる一本の白いライン。
辿っていけば、そのまま青い空に吸い込まれそう。
そう思うくらい、しっかりと宇宙を指し示していた。

良良堂山三十三観音から目と鼻の先のこの山。
峰続きとも思える立地なのに、その風景は全く違っていた。
どこまでも広がる牧草地。
この山頂の様子は、朝に訪れた水石山に酷似している。
そう思いつつ歩いていたものだが、その予感は外れてはいなかったようだ。
岩を貫く白いラインを、岩の上から辿っていくと、
その先に示されるのが水石山だった。

web-080322-154313.jpg



ここだけではない。
先ほど行った丑の倉の大石からも、水石山が見渡せる。
遮るものの何もない宇宙岩の上に立つと、
あちらこちらに背の高い印象的な山が頂きを見せているのがわかる。
この土地は、水石山を中心とした通信システムでも構築されていたのではないか、
そう思っても過言ではないほど、
見事なまでにそれぞれを見渡すことが出来るのだ。

岩の上には焚き火の跡があった。
こんなところでキャンプ?
そうではない、きっと空飛ぶ円盤でも呼ぼうとしたのだろう。
何しろここは宇宙岩だ。そう思わせてくれる何かがここにはあった。


Sさんたち一行とはここでお別れ。
翌日の探索に供えて、宿を目指すという。
私はさすがに翌日も同行するほど余力はなかった。
何しろ、自宅を出てからもう一週間を過ぎてしまった。
旅の締めくくりが、宇宙岩から眺める広大な風景。
これ以上のものはないと思った。
宇宙岩で沈みゆく太陽を見送りたい。
日没まではまだ時間があったが、これだけの風景を独り占めできるのだ。
時間などあっという間に過ぎていった。

そして日没。
逃げ去る夕陽を追いかけて、私は小高い丘にいた。
目と同じ高さの山に、太陽が沈んでいく。
ほどよい大きさの石が、私を囲んでいた。
ここはストーンサークルだったのだ。
夕陽を眺めるのに一番適した場所。
かつての人々も、ここからこうして、
西の山に沈みゆく太陽を、じっと見守っていたのだろうか。


080322_173358.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。