2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


富士見町は実は何も調べていなかった。
本当は釣りがメインで帰りにちょこっと
御射山神社に立ち寄ろうと思っていただけなのだ。

だが、熊を恐れて早々に竿を納めた私。
こういうときに参考になるのは地図に載っている地名だ。
そして、真っ先に目についた地名があった。
”乙事”である。
オッコト・・・熊の次はイノシシか!
脳裏にジブリ映画”もののけ姫”に出てくる
巨大イノシシ=オッコトヌシが大群で押し寄せてきた。
これは是非とも行って確かめなくてはならない。

ちなみに、ここ富士見町は、映画”いま、会いに行きます”
のロケ地としても有名らしいが、その時は私の頭の中は
イノシシでいっぱいなので気がつかなかった。

060816_6342.jpg


なかなか大きな神社だ。
ちょっとした高台に建っていて、周りには道祖神や
蚕玉神社の石塔がある。
参道は大きな木に挟まれていて、あたかもこの先にある社殿を
長年にわたり守っているように見える。
私はこういう自然を生かした神社は大好きである。

060816_6349.jpg


かつて乙事村には、旧乙事村の産土神で
御別当神を祀った御別当社と、五味太郎左衛門同族の氏神で
御別当大明神を祀った神社があったが、
両社とも諏訪大明神を勧請し、社名を乙事諏訪神社上社、
同下社としたという。
しかし昭和25年、乙事諏訪社は合併され、
下社のの本殿を上社に移し現在の乙事諏訪神社になっている。
この神社の拝殿は、江戸時代初頭に再建した
諏訪大社上社本宮の拝幣殿を、200年後の本宮改築時に
移築したもので、桃山様式の建造物として極めて優秀で
国宝に指定されているとのこと。

なるほど、農村の片隅の神社にしては、随分立派なものである。
参拝を済ませ、裏手に回ろうとすると・・・

060816_6350.jpg


ハリボテ!?

映画のセットじゃあるまいし、
まさか拝幣殿が板一枚とは思いもよらなかった。


それはともかくとして、この境内でほかに目を引く物に、
自然の大石を使った灯籠がある。

060816_6369.jpg


溶岩状の岩の上に丸い灯籠が乗り、その上に平らな自然石が乗り、
なにやらただならぬ雰囲気を漂わせている。
このような灯籠が5つくらいあったろうか。
そして、道祖神もやたらと多い。

060816_6340.jpg

 
060816_6374.jpg


写真以外にもあと2体はあったと思う。
祠の道祖神も岩の上に鎮座していて、
つくづく自然を巧みに取り入れていることに感心する。

しかし、ここではオッコトヌシとの関係はよく分からなかった。

つづく

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。