2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月17日 午後

境港で海鮮丼を食べ、いよいよ松江に向かう。
混んでいそうな米子ルートを避け、中海の北岸を通ることにした。
再び境水道を渡り、国道431号へ。

中海の沿岸を、片道1車線の道が延々と続いている。
信号もなければ集落もない。
ただただ、ひたすら道が続いていた。

途中、弁慶の生まれ故郷という、どこにでもありそうな伝承をもつ
道の駅本庄で停まったが、とくに収穫も無し。

そうこうしているうちに、松江市街に入った。
両親は、宍道湖温泉のわりと良いホテル。
私は、急遽同行することになったので、普通のビジネスホテル。
両親と荷物を降ろして、あとは自由行動だ。

ビジネスホテルのチェックインは夜にしてあるので、
とりあえず9号線を東に進むことにした。
目的地は揖屋神社。黄泉の入り口とされる場所だ。


途中、大橋川沿いを走っていたら、非常に気になる島を見つけた。
車を停める場所もないので、とりあえずガソリンスタンドへ乗り入れ。
ガソリンを入れるついでに、車を停めさせてもらった。

スタンドの若いお兄ちゃんは、当然その島の名を知るわけもない。
かなり怪訝な顔をされてしまった。
気を取り直して、取り合えず島に向かって川縁を歩く。

web_080517_141520.jpg


川の真ん中に浮かんでいる小さな島。
正面に鳥居があり、鳥居の前は岸壁。
島全体が神社のような構造だ。
だた、そこに行くには船に乗るしかない。
川に小舟が係留してあったので、おそらくそれで上陸するのだろう。
鳥居の前に直接船を乗り付けるようだ。

名前もなにも分からない。が、妙に惹かれるものがあった。
私は為す術もなく、ただただ、ぼけ~っと眺めていた。

web_080517_141230.jpg



追記
帰ってきてから調べると、どうも手間天神社だということが分かった。
手間というのは、高皇産靈神の手の隙間からこぼれ落ちた神のこと、
つまりは少彦名神のことを指すらしい。
なんだ、納得。粟島神社と同じく、ガガイモの船に乗った少彦名神を表しているようだ。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。