2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月17日 午後

揖屋神社前の道を東に行くと、すぐに集落が途切れ、田畑に囲まれる。
道しるべの示すままに、平行する小川を渡ると、
道は車一台がやっと通れる広さに。
そしてそのまま山に入っていく。
道の両脇は、畑と小規模な果樹園。
だが、あまり手入れが行き届いている様子ではなかった。
一抹の不安を感じながら進むと、左脇は用水池になり、
その先に目的地があった。

web_080517_150849.jpg


黄泉比良坂(よもつひらさか)。
黄泉から夫イザナギを追う、亡き妻イザナミ。
穢れきった姿を夫に覗かれ、怒りに狂って黄泉比良坂まで追ってきたのだ。
イザナギは黄泉路を千引きの岩で塞ぎ、イザナミの追求を逃れた。
半分残った黄泉路が、先ほど訪れた伊賦夜坂(揖屋神社)となり、
黄泉路は分断されたのだ。
異界との境界に岩を祀り、塞の神(道祖神)とする信仰の起源である。
というよりも、神話形成当時の風習が物語に反映されたものだろう。
現代でも塞の神信仰は、日本中あちらこちらに残っている。

web_080517_151104.jpg


注連縄をくぐり、黄泉比良坂に足を踏み入れた。
揖屋神社とは打って変わり、落ち着かない空気。
夕暮れ時には絶対に来たくない場所だ。
注連縄から少しも進まない場所に、千引きの岩はあった。
しかも、なんと間が空いて道になっているではないか!?

web_080517_151204.jpg


これではイザナミ、出入り自由である…

道を遮る千引きの岩の向こうから、黄泉を出られない代わりに
1日に人を1000人殺してやろうと呪いの言葉を発したイザナミ。
それに対してイザナギは、それなら1日に1500人産ませよう、と返した。
それ故、人間は滅びることなく増えていったという。
生者の世界とと死者の世界との区別をはっきり分けたという、
この千引きの岩が開いていたらマズいのではないか?


何とか足が通る幅だった。
好奇心旺盛でなおかつ信心深い私は、鞄がこすれないように抱きかかえ
その隙間から黄泉国へ足を踏み入れてみた。
ここから先は黄泉の世界だ。

ほとんど消えかけているが、人が通った跡がある。
用水池の岸に沿って、獣道は続いているようだ。
木漏れ日があるが、背筋がゾクゾクとする感じは変わらない。
森の中へ単身踏み入れていく恐怖心と、それとは違う別の何か。
やがて、道らしいものは右に折れ、山を登る方向に。

web_080517_151350.jpg


果てがない、気がした。

さすがに恐ろしくなり、引き返すことに。
こういう時は、後ろを振り返ってはいけない気がする。
私は脇目もふらずに来た道を引き返した。

web_080517_151451.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。