2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月17日 午後

揖屋神社から、再び西に進路を取った。
松江の目的は、意宇(オウ)六社巡り。
揖屋は松江でも東の果てなので、ここからは意宇川に沿って西に向かうのだ。
が、道が渋滞していた。
黄泉比良坂を出た時点で、もう時刻は15時をまわっていた。
実は、意宇六社のうち、場所を明確に調べていたのは、
揖夜、神魂、八重垣、熊野、の観光名所としても有名な神社。
他の2つ、真名井、六所神社は、だいたいの場所しか分かっていなかった。
正直なところあまり見所のなさそうな神社なので、
現地で神社を探すのは、痛いタイムロスになる可能性もある。

ということで、真名井、六所神社はスパッと諦めてることにした。
国道9号の渋滞は、松江バイパスに入る道が原因だった。
松江バイパスに入りさえすれば、次の目的地である神魂神社まで、
大きく分かりやすい道が続いている。
だが、渋滞。
クセで、ついつい脇道に入ってしまった。
農村風景が続いているから、道は繋がっているだろう、との考えだ。
だが、入った脇道は分かりにくく、少し迷ってしまった。
とりあえず進んでいると、なんと意宇川に出た。
ここを進むと、そのうち神魂神社にたどり着くだろう。
そう考えて、川沿いの道を進む。

しばらく行くと、畑の向こうに鳥居が見えた。
もしやと思い農道に入っていく。
案内板も由緒書きも無く、神社名が分からないが、
場所的にここが六所神社だとピンと来た。

web_080517_153921.jpg


境内は狭く、鳥居から覗くと社殿が近くに見える。
ここが、かつての出雲国庁に併設した神社だったとは、とても想像できない。
六所神社とは、出雲惣社として六柱の神を祀ったとも、
または、本来は「禄所」で国内の神社の管理・統括をする場所とも言われている。
ちなみに六柱の神とは、
伊邪那岐命、天照皇大神、月夜見命、伊邪那美命、素盞鳴尊命、大己貴命。
いかにも朝廷から来た国司の管轄らしい組み合わせだ。

web_080517_154025.jpg


社殿の中の様子。
祭壇の奥の急峻な階段は、大社造りの本殿の階段で出雲らしいが、
おそらく意宇六社で一番こじんまりとした社殿ではなかろうか。

web_080517_154131.jpg


社殿の前には、ちゃんと六所神社の額が掛かっていた。
板にそのまま書いたような粗末な額だ。
お世辞にも達筆とは言えない字…
やはり、出雲人にとって、大和朝廷に屈したことは、
今も忘れられない汚点なのだろうか。
それがこの朝廷主導の施設の扱いに顕れている気がするなぁ。







※以下はひたすら長いので、興味のある人だけどうぞ(^_^;)

702年、この地に大和朝廷から出雲初の国司がやって来た。
正五位下忌部宿禰子首(いんべのすくねおびと)。
壬申の乱では大伴吹負に従って古京を守り抜き、
天武天皇の元で帝紀・上古諸事の記定にあたり、
伊勢神宮の奉幣使もつとめた、文武両道の大ベテランだ。
いまだ強大な出雲国を治めるには、
それほどの人物でないと勤まらなかったようである。

国司就任により、それまでの出雲国造は力を失った。
出雲国造は、その当時にはすでに出雲臣と名乗り、
その後、現在に至るまで出雲国造家として延々と続いているが、
元々は意宇地方を支配するオウ氏であった。
国造とは国司の前段階の地方長官で、各地方の首長を率いていた。
ところが、朝廷から国司が来たことによって、
オウ氏=出雲国造は地方長官という立場を失い、
他の首長たちと地位が横並びになってしまったのだ。
とはいえ、大和朝廷にとっては最後の強敵であった出雲、
国司の人選には慎重に慎重を重ねたのだろう。


そもそも、古代出雲は一枚板ではない。
弥生時代中期、出雲東部の意宇川流域に農耕集落が発生し、
首長(オウ氏)をはじめ、幾つかのムラが発生した。
一方、弥生時代後期、出雲西部の神門(カンド:神戸とも)川~斐伊川流域には、
カンド氏を中心に、幾つかのムラが出来ていった。
意宇川流域ではオウ氏が勢力をつけ、クマノ神を掲げるクニが生まれる。
一方で神門川流域では、カンド氏がキツキ神を掲げるクニを作り上げた。
だが、神門川流域はそのころ、吉備からの侵入を受ける。
弥生時代末期~古墳時代初期の吉備は、大和と同盟関係にあった。
強大な同盟を背景に、吉備から神門川を伝って、
(今の広島県三次市から国道184号沿いに)出雲への侵入をはじめた。
そして支配下に治めたのが、神門川中流の小さな盆地、須佐の地である。
須佐を落とした吉備軍は、神門川をさらに遡り、カンド氏を屈服させた。
ここに、出雲西部は大和朝廷に降ったのだった。
須佐を屈服させ、須佐の男たちを先兵として出雲西部を征服した歴史は、
大和朝廷に伝わると、スサノオ神話の土台となった。
出雲の山奥の小さな集落でしかない須佐が、
後に出雲を代表する神と伝えられることとなったのである。

だが、吉備の出雲西部支配は、そう長くは続かなかった。
大和朝廷が急激に力を伸ばしてきた5世紀末、
吉備と大和の関係は緊迫したものとなっていた。
対大和に力の重点を傾けると、必然的に出雲の支配力は弱くなる。
その隙に乗じて、出雲東部で力を蓄えていたオウ氏は、
出雲西部を着実に切り取っていったのだ。
これから先は、オウ氏の全盛期になる。
出雲全土をほぼ掌握したオウ氏は、氏族の神クマノ神の上に、
出雲全土の頂点に立つべき神、カモス神を生み出した。
それが今の神魂神社である。
神魂神社を頂点として、熊野神社、杵築神社(現出雲大社)、佐田神社、能義神社と、
各地の有力首長の祭祀を組み込みながら、出雲神話を造っていったのである。
また、出雲国引き神話に見られるように、国外にも影響を与えていった。
コシ国から引いてきた土地は美保関になり、
新羅から引いてきた土地が日御碕になる、といった神話は、
当時の出雲の外交関係が背景になっていると考えられる。

だが、オウ氏の出雲支配も長くは続かなかった。
6世紀になると、吉備を滅ばした大和朝廷が出雲に侵入を開始してきた。
まずは物部氏。
物部氏は、但馬から海路による侵入を試みた。
出雲西部、斐伊川下流、美談に県を置いたことが記録として残っている。
そして、次の段階は蘇我氏。
これは、かつての吉備からの侵入経路をなぞったようで、
かつてのカンド氏の領土を切り取った。
その形跡は、須佐の地を流れる素鵝(ソガ)川、
カンド氏の祀っていたキツキ神(現出雲大社)の本殿の真後ろにある、
素鵞(ソガ)神社などは、その名残だと言われている。

また、出雲の東に位置する伯耆・因幡も、古墳の分布によると、
当時すでに大和朝廷の支配下に置かれていたようだ。
こうして、東西を大和朝廷に挟まれた最後の大国・出雲は、
戦わずして生き残る道を選んだ。
これが、大国主の「国ゆずり」である。
一時は出雲全土を支配したオウ氏は、出雲”臣”という
朝廷の決めた姓を名乗り、出雲国造の地位のもと、
朝廷の下で出雲国の管理をした。
まだこの段階では、出雲臣(オウ氏)の下に、
他の首長が従う支配体制は温存されていたが、
国司の赴任によって、その地位も剥奪され、オウ氏の中心地は国庁となった。
結局、オウ氏は神魂神社と、朝廷側に組み込まれた杵築大社(現出雲大社)の
2大祭祀センターの長に収まることで生き延び、今に至るのである。


13041052_1414378252.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。