2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドルメン類似遺跡から山腹にそって北西に、
ヒマワリ畑を抜けた先にあるのが「原山さま」だ。

「原山さま」、本当の名は御射山神社。
諏訪大社上社の御射山である。
別荘地で有名な原村のあるこの山は、
かつては原山と呼ばれていたらしい。
やはり狩猟に適した広大な原っぱが続いていたのだろうか。

060814_6423.jpg



背の高い木々に囲まれた神域。
森の広さで境内の規模の相当大きいことが分かる。
もとは神野とよばれ、諏訪明神の神聖な狩り場として
人の住むことは許されないところだったという。
また、山を降って甲州街道を渡った先の
御射山神戸(ミサヤマゴウド)という集落に
この神社の氏子たちが住んでいるのだが、
以前は集落から御射山社まで、松並木の参道が続いていた
とのことである。


駐車場からしばらく、案内も何もない道を歩いていたが、
やっと鳥居が見えてきた。
境内の広大さに対して、いたって質素な鳥居である。

060814_6425.jpg



この時点ではまだ私は、この神社の規模を量りかねていた。
実はこのすぐ後ろに、小さな小屋のような建物があった。
とても社殿とは見えない形の建物なのだが、
なんとそこが目的の御射山社の拝殿だったのである。

060814_6426.jpg


060814_6432.jpg


祭神は諏訪明神(建御名方神・大己貴神・高志沼河姫神)と
国常立命(クニトコタチノミコト)。
拝殿の中に本殿が並んでいる。
この広大な境内で、なぜこんなに小さな社なのだろう。
疑問を胸に、さらに奥へと続く参道に目をやった。

なんと、奥にもまだ鳥居があるではないか。
なんだか釈然としないまま、私は鳥居へと歩みを進めた。

060814_6442.jpg


ちょっと変わった鳥居である。
そして、脇には御射山社の文字。
さっきの拝殿は一体何だったのだろうか?


鳥居の奥は、今まで見たことのない不思議な空間だった。
とりあえず真っ直ぐ進むと、さっきと同じ形の鳥居がある。
しかし、腰をかがめないとくぐれないほど小さなものだった。

060814_6463.jpg


石の玉垣に囲まれた小さな祠。
大四御蘆社とのことだが、よく分からない。
しかし鳥居から真っ正面にあるこの祠が、
重要な神であることには間違いないであろう。

境内に目を移すと、左にも玉垣が3つ並んでいた。

060814_6489.jpg


左から、神宮皇后社、子安社、伝大祝有員公塚となっている。
大祝有員公とは、上社大祝諏訪氏の前身である神氏の始祖である。

写真では分からないが、左2つの玉垣には
大四御蘆社と同じ形の小さな祠があるのだが、
有員公塚にはそれが見当たらない。

恐る恐る中を覗いてみると…

060814_6457.jpg


小さな環状列石に見えるのは気のせいだろうか?
塚と言うからには墓地なのかもしれない。
環状列石は墓所の可能性があるとはいえ、
有員公が大祝になるのは806年(大同元年)のことである。
まさかその時代に環状列石はないだろう。
単にもともとあった祠が崩壊してしまっただけかもしれない。


色々と謎の多い上社御射山社であるが、極めつけは境内最北、
三輪社であった。

060814_6512.jpg


三輪社だけ立派な灯籠を携え、別格の風格を感じる。
祠を先を地図でずっと辿れば、霧ヶ峰と下社旧御射山である。
文章ではうまく言えないので、この不思議な境内の配置図を、
以下に貼り付けておくことにする。

060814_6503.jpg


地図の上の方に鰻放流場があるのだが、
ここ御射山神社の御射山祭では、子供の厄除けとして
鰻を放流する。いわゆる放生会だ。
狩猟と穂屋籠もりを主とする御射山祭が明治以降は
庶民の民俗的信仰と結びついたと、 案内板には書いてあった。
鰻を放流するところが、なにか蛇と通じるものがあって興味深い。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。