2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月17日 夕方

偶然ながら六所神社に立ち寄った以上、
その近くに鎮座する真名井神社にも参らないわけにはいかない。
時間が足りずに諦めようとしていた「意宇六社参り」への意欲が
再びふつふつと湧いてきた。

六所神社から意宇川にそって西に向かうと、
すぐに神奈備山である茶臼山が右手に見えた。
『出雲国風土記』に、宍道湖を囲む4つの神奈備山
(茶臼山・仏経山・大船山・朝日山)のひとつとして記されているように、
古くから信仰されている山である。
この山を背負う形で、真名井神社が鎮座しているはずだ。
田圃に囲まれた道を北に曲がると、すぐに鳥居が見えてきた。
小さな駐車場にはすでに車が停まっていて、どうやら先客がいるようだった。

鳥居からは急な石段が続く。
真名井神社は茶臼山の中腹にあるのだ。

web_080517_155902.jpg


上から若い女性二人組が降りてきたので、先ほどのレンタカーの主なのだろう。
この二人組は、この先の八重垣神社でも見かけたので、
縁結びの祈願に来ていたのだろう。

web_080517_155551.jpg


急な石段を登り切ると、開けた場所に真名井神社の社殿があった。
大社造りの本殿は規模こそは小さいが、どこか凛々しい風格を感じさせる。
祭神は伊弉諾尊(イザナギ)と天津彦根命(アマツヒコネ)、
伊弉冉尊(イザナミ)を祀る神魂神社と対になっている。
アマツヒコネはこの地の豪族、山代直の祖神として祀られているようだ。

web_080517_155337.jpg


真名井神社の名の由来は、真名(素晴らしい)井(水)とのことで、
今回は見なかったが、神社の東には真名井の滝があるそうだ。
出雲国造の襲職の儀式、「火継式(神火相続式)」では、
熊野大社で神宝、燧臼・燧杵で起こした神火と、
真名井の滝にて汲まれた神水を使って御飯を焚き、
新しい国造と神々が相嘗(あいなめ:共に食すこと)する。
そして真名井から取られたふたつの小石を噛む「歯固めの儀」、
相嘗と同じ御飯で作られた醴酒(ひとよざけ)を飲む儀式を経て、
祖神天穂日命の御霊威を継ぎ、大国主大神に仕える身となるのだそうだ。
火と水の合体こそが、出雲の神性の神髄なのだろう。

真名井神社からは、出雲の中心だった土地が一望できた。
かつての繁栄の土地も、いまはのどかな田園風景が広がるばかりだった。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。