2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出雲を旅している間、時々とても気になるものを見つけたが、
神魂神社でもまた、見つけてしまった。

web_080517_162455.jpg


前回の日記の写真を見てもらうと、ヒモロギの隣に立木が写っているのだが、
その根元に、このような真ん中にくびれのついた石が3つ。
後ろの小さな石碑には、地主神と読める気がする。


このような石は、揖屋神社でも見かけた。
やはり木の根本にちょこんと置いてあった。

web_080517_143818.jpg


また、六所神社では、くびれはついていないが、
同じように木の根本に祀られている例も。
こちらはなんと、荒神幣に囲まれている。

web_080517_154448.jpg


以前、長野や山梨で見た「くびれ型石棒」と似ている。
ずっと気にかけていたのが、まさか出雲で見かけるとは思ってもみなかった。

出雲との決定的な違いは、それが祠に祀られているか、
木の根本に「ごく自然」に置かれているかである。
諏訪のミシャグチ降ろしの儀式などは、
神が木を伝ってその下の石に降臨する、とされているので、
木の根本に石があると、ハッとする。
場所は違えども、古代人の宗教的価値観に沿ったものかもしれない。

もしくは、出雲では荒神さまが木に巻き付いたりと、
「木」になにかを関わらせることに、価値を置いているのかもしれない。
荒神さまの例をあげると、藁蛇は荒神さまに献げる奉納なので、
荒神さまは、「木」もしくは「木に降臨する存在」なのだと思う。
ということは、この石も、「木or降臨物」に対する奉納なのだろうか?

神奈川(相模地区)にもこれと同じような形の石があるようだけど、
はたして、他の土地にもこのような石があるのだろうか?


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。