2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_080517_174924.jpg



『八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を』

神魂神社の西、山ひとつ向こうには有名な八重垣神社が鎮座している。
八岐大蛇を退治した素盞嗚尊が、当地に宮造りして稲田姫命と夫婦となった、
という故事から、縁結びの神として崇敬されている。
wikiによると、「須賀(雲南市大東町須賀)の地(須我神社)に創建され、
後に、青幡佐久佐日古命が祀られる佐久佐神社の境内に遷座した」のだそうだ。

八重垣神社についた時は、すでに17時近くなっていたのだが、
駐車場にはまだまだ車が停まっていて、
さらに私の後からも参拝客がやって来ていた。
一の鳥居の前に回ってみると、横のバス停では若い女性客が
大勢バスを待っていた。ずいぶん賑やかな神社だ。


鳥居をくぐるとすぐに随神門。

web_080517_174654.jpg

なんだこりゃ?

そして随神門をくぐるとすぐに社殿の正面に出た。
小さな境内だが、綺麗に整備されていて、狭さを感じさせない。
そして、周りの木々に結ばれたおみくじの数が、参拝者の多さを知ることができた。

web_080517_174550.jpg


参拝を済ませ、右隣の社務所で御朱印を頂く。
今回の意宇六社参りでは、できる限り御朱印を頂こうと思っていたので、
遅い時間にもかかわらず、こころよく引き受けてくれて嬉しかった。
この神社では、重文の板絵を有料公開しているが、
さすがにこちらは見せてもらうことは辞めておいた。

社殿の左隣には、奥社と鏡の池に通じる道が続いている。
実は、この鏡の池が女性たちの人気スポットになっているのだ。
が、その道に入る手前には、山神神社が…

web_080517_172741.jpg


なんとも分かりやすい素晴らしいお社だ。
社の下の筒状になった切り株の中には、
これまた小さい男根木像がぎっしりと詰め込まれている。

web_080517_172849.jpg


そして、道の向かいにも…
前の日記のくびれ石造物も木の根本だったが、
ここでもやはり木の根本に祀られていた。

web_080517_173116.jpg


こういうのって、民俗に興味のない乙女たちは驚くんだろうな…


さて、奥へと続く道は一度境内を抜け、結婚式場(^_^;)の横を通り過ぎ、
深い森へと続いていった。
薄暗い森の道は、そう長くはなく、すぐに「鏡の池」へたどり着いた。

web_080517_173526.jpg


この池は、稲田姫命が八岐大蛇から身を隠した際に、
その御姿を写して美容調整された池で、別名を姿見の池という。
稲田姫命の御霊魂が底深く滲透していることから、
縁結び占いの池として信仰されているのだそうだ。

web_080517_174106.jpg


社殿で売っていた占い用紙に百円か十円硬貨を乗せ浮かべてお祈りする。
用紙が早く沈む(15分以内)と良縁が早く、
遅く沈むと(30分以上)縁が遅いといわれ、
また、近くで沈むと身近な人と、遠くで沈むと遠方の人と結ばれるという。

遅く沈む判断基準が30分以上だなんて、親切な設定だ。
そんなにも長持ちはしないだろう、
と思っていたが、ずっと沈まずに立ち尽くしている女性がいたり…

私はさすがに占いはしなかった。
というよりも、狭い空間に女性ばっかりで、私の存在自体が浮いてしまっていた…
沈まない占い用紙の結末が気になりつつも、その場を退散した。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。