2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_080517_185111.jpg


意宇六社参りの最後の一社、熊野大社にたどり着いたのは、
日もすっかり落ちてしまった午後6時過ぎだった。

八重垣神社から神魂神社の方へ戻り、国道432号を南下、
神納峠なるいかにもな名前の峠を過ぎて、県道53号へ。
意宇川沿いにしばらく進むと、熊野大社が見えてくる。
意宇川の水源地である天狗山(熊野山)の麓に鎮座するこの社は、
意宇一帯を治めた氏族の氏神として、古くから崇められていた。
出雲大社と共に、出雲国一之宮。
杵築大社(出雲大社)の創建までは、ここが出雲の権威だったのだ。
祭神は神祖熊野大神櫛御気野命、またの名を素戔嗚尊と伝わっている。
櫛御気野命(クシミケヌ)=奇(くし)+御食(みけ)で、
食物の神ということだ。
紀伊の熊野三山は、ここから勧請されたという説と、全くの別神という説がある。
ちなみにクマは古語で「神」を意味するので、熊野=神野 ということだ。

意宇川はあまり大きな川ではないが、この流れが出雲神話、
さらには日本神話の世界を育んだと思うと感慨深い。
辺りはすでに薄暗く、ひっそりと静まりかえった川面に、
熊野大社に続く朱色の橋が映えていた。


web_080517_183330.jpg


境内に足を踏み入れると、まず目に飛び込んできたのが随神門の大きな注連縄。
広い斎庭が広がり、その先に大きな拝殿と大社造りの本殿が見える。
本殿の下手には伊邪那美神社。これも大社造りの大きな社だ。
上手には稲田神社。こちらは小さな社。
大社造りは、大抵両隣に小さな社を持っているが、
左右の社にまで拝殿がある、というのは熊野大社だけだった。

web_080517_182849.jpg


まさかもう社務所には誰もいないだろうと思っていたが、
覗いてみると、神職の方が私服で帰り支度をしていたので、
無理を言って御朱印を頂いた。まさにギリギリセーフ。


web_080517_182534.jpg




社務所の隣には、鑽火殿。
茅葺きのこじんまりとした、とても品の良い建物だ。
神魂神社の日記に書いた、国造の就職儀式である火継式を行うのが、この鑽火殿。
火継式の手順は以下の通り。

前国造が御帰幽された夜、御杖代彦(みつえしろひこ)と呼ばれる時期国造は、
出雲大社の斎館に入り、潔斎する。
翌朝、千家國造館の「お火所」にて、口伝の神々を招祭、礼拝し、
燧臼・燧杵を使って火を熾し、真名井の井戸から汲まれた水を使って御飯炊き、
それを神々と相嘗する。
これが第一儀。

お火所での儀式を終えた後、熊野大社にて第二儀。
熊野大神より新しい燧臼・燧杵を賜った後、鑽火殿にて火を熾し、
真名井神社の清水を使って炊かれた御飯を神前に供える。
次に、真名井の小石2個を噛む「歯固めの儀」を行い、
出雲大社の「お火所」で相嘗した御飯で醸造された
醴酒(ひとよざけ)を頂き、榊の小枝を持って神舞を舞う。
その後、伊邪那美社・火置社(ひおきしゃ)を拝礼し、
燧臼・燧杵を火置社に納め、神魂神社へ移動。

そこからは以前の日記に書いたように、神魂神社で相撲を見て饗応、
出雲大社に戻って数カ所に参拝し、火継式は終わるのだ。


つまり出雲国造は、その祖神である熊野大神に火を継ぐための神宝を与えられ、
晴れて後を継ぐことができるのだ。
朝廷介入後に創建された出雲大社ではなく、
あくまで熊野大社が本家とするところに、
国譲り神話の一方の主人公の本音を垣間見ることができる気がする。


一通りの参拝を終えると、神職の方が拝殿の扉を閉め始めた。
私の参拝が終わるのを待っていてくれたようだ。感謝。
さすがに辺りは薄暗く、夜の気配が立ちこめてきていた。
熊野大社の上社跡地や、天狗山の磐座など、
見てみたい場所はまだまだあるのだが、今回はこれで終了。
意宇六社を全て参ることができただけでも良しとしよう。

私は夜道を松江に戻った。
意外と元気なもので、夜遅くまで松江の町をほっつき歩き、
水郷の夜景を十二分に堪能したのだった。
宍道湖畔では、何組みもの家族連れが懐中電灯で水面を照らし、
網を片手に海老すくいをしていたのが印象的だった。
子供たちは海老すくいを楽しみ、
お父ちゃんたちはそれを唐揚げにして酒を楽しむそうだ。
あぁ、なんて豊かな土地なんだろう。

こうして松江の夜は更けていった。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。