2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


諏訪の花火の翌日は、釜無川で釣りをしようと
県境を越えて蔦木宿まで南下したが、
どうも数日前に熊が出たらしい。
まったくこの夏は、熊が多いこと多いこと。
岩手では車に乗っているときに遭遇したから笑っていられたが、
川で釣り中に、それも一人でいるときに出会ったら
シャレにならない。
たいして釣れもしなかったので早々に切り上げた。


八ヶ岳にぐっと近づいた富士見町や茅野市周辺では、
いろいろと面白い遺跡が多い。
「縄文のビーナス」や「仮面の女神」といった縄文2大アイドルも、
この近辺の遺跡から出土した。
また黒曜石の発掘例も多く、恐らく縄文人達が黒曜石を求めて
この近辺に集中して住んだのだろうと思われる。


富士見町をドライブしているとなだらかな山腹に
ポツリポツリと家があり、それ以外は見通しの良い田畑。
標高は1000mを越えているだけあって空が近く、
快晴の日にはその名の通り、富士山までも見渡せることだろう。
将来はこういうところに庵を結んで住みたいな、
なんて思いながら走っていると、カーナビ上に目を引く表示を発見。
”ドルメン類似遺跡”
なんと分かりやすい遺跡なんだ。


遺跡は民家の畑の目の前にあった。
民家の庭では家族でバーベキューをしている。
庭先から丸見えなので、なんだか気まずい。
夏真っ盛りの昼下がり、私はかなり異質な人に見られただろうが、
まぁ気にしたら負けだ。

060816_6407.jpg


060816_6402.jpg


説明書きによると、ここ坪平遺跡は石で覆った墓と目される遺構で、
4mに近い間隔で2基並んで発見されたそうだ。
片方からは長さ15cm程の人形をした石製品、
もう片方からは遺物が見つからず、
蓋石の北側から石器や土器片が発見された。
これらは縄文後期(約3800年前)の遺構とされているとのこと。

遺跡の発掘調査のサイトがあったのでリンクしておく。
http://www.alles.or.jp/~fujimi/idojiri/h10/dorumen.html


大まかに説明するとドルメンとは支柱墓のことで、
幾つかの石の上に平らな石を置いた巨石墓。
もともとは土や小石に覆われているが、
風雨にさらされ剥き出しになっているものも多い。

しかし辺りを見回しても、ドルメンとおぼしきものは見当たらない。
石碑の横の木の下に、赤い石が埋まっているが、
これのことを指しているのだろうか?


060816_6404.jpg


八ヶ岳山頂まで直線距離で10km。
目の前に八ヶ岳がそびえ立つ。
この位置に人形の石を遺体と共に埋めたことが興味深い。
石と埋まるといえば、諏訪上社前宮の御室神事を思い起こす。
旧暦12月下旬、御室社なる穴に蛇型のミシャグチ神と神官が
100日の間籠もり、神事を行うというものだ。
縄文時代の祭祀の形を色濃く残すこの神事が象徴しているものは、
言うまでもなく再生だろう。

もし本当にこの人形の石が御室神事と同等のものならば、
諏訪の地では約3700年に渡って、
縄文時代の信仰を伝えてきたことになる。
明治になって、御室神事の秘伝が途絶えてしまったのが、
なんとも残念でならない。




















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。