2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月7日

諏訪に遊びに来ていた時に、TVで地方ニュースを見ていると、
ちょうどこの日に、奈良井宿で漆器祭を催しているという。
ずっと漆器のぐい呑みを探していたので、漆器祭に行ってみることにした。

まずは諏訪大社にお参りして、先の日記の北斗神社へ参拝。
そこから奈良井方面に抜けるには、有賀峠か杖突峠のルートがあるが、
今回は杖突峠を通ることにした。
なぜなら、その途中にちょっと曰くありげな神社があるからだ。

守屋山中を通る杖突峠。
峠のピークを過ぎ、高遠側に降っていく途中に、その神社はある。
守屋神社里宮。

18039864_3628184434.jpg


この神社は、以前に来たことがあるのだが、
その時に見逃したものがあるので、もう一度訪れたいと思っていたのだ。

鳥居横の駐車スペースには、すでに車が一台停まっていた。
珍しいな、と思いつつ隣に停める。
駐車スペースといっても、1台分しかないから、
車体が半分路側帯にはみ出してしまった。

広い境内ではないので、先客はすぐに分かった。
なにしろ、鳥居から社殿まで真っ直ぐ石段が伸びているのだ。
中年の女性5人組。あぁ、スピリチュアル系の人だ、と直感した。
なにしろ、みんな白い上着を着ているのだ。
中でも全身白づくめの、指導者っぽい人と少し話し込んだ。
どうも、この日は諏訪大社4社をまわる予定らしい。
守屋神社には、物部氏を助けるため?に、参拝したとのこと。
やはり、だった。
そう、守屋神社を訪れる人は、物部氏の足跡を追う人ばかりなのだ。

扁額には「従六位 物部連比良麿 謹書」とある。
謹書、ということなので、この「物部守屋神社」と書いた人物が、
物部連比良麿だということになる。
扁額の時代が分からないが、そんなに古い物だとは思えない。
調べてみると、この額は明治40年ころに作られたそうだが、
何らかの理由で長い間掲げることが出来なかったとのことだ。


18039864_3791276657.jpg


石段を登っていくと、社殿にぶつかるのだが、そこはもぬけの殻だ。
その後ろにさらに上へと続く石段がある。

その石段を登っていった先に、茅葺きの雰囲気の良い建物がある。
普通はこれが社殿かと思うが、実はこれは只の覆屋。
この中に本殿の祠が収まっているのだ。
残念ながら、立派な覆屋とは裏腹に、本殿は荒れ果てている。

18039864_2209793247.jpg


本殿の下を覗くと、あきらかに意図的に作られた石室がある。
そして、その中には石棒が。

この石室、今はぽっかりと口を開けているが、
かつては蓋が閉まっていたという。
今はとある神社の神主を務める人物が、子供の頃にこっそり開けてみた、
という話を、その友人という人物から訊いたことがある。

それにしてもこの石棒、形が悪い。
諏訪地方で祀られている石棒とは、あきらかに違う。
御神体の盗難にでも遭って、代わりにこの石を入れたのだろうか?

おそらくこの祭祀形式、ミシャグチ信仰のものなのだろう。
ネットで調べていたら、灯籠に社宮司の文字があった、との記述を見つけた。
社宮司とはシャグウジと読み、ミシャグチを祀る神社のことを指す。
ミシャグチを祀っていたモレヤ氏の末裔が、
守屋神社(守「矢」は嫡流のみ許される姓)で石棒(石神:ミシャグチ)を祀ることに、
なんの不思議もない。

そこになぜ物部氏が入り込んだのか。
守屋の集落に伝わる伝承では、物部守屋の子息が流れ着いて、
神長家に養子に入ったということになっているようだ。
真偽はともあれ、最終的には秋田にまでつながる物部の逃亡伝説。
天然の交差点である諏訪に、その足跡が残っていてもおかしくはない、
と考えるほうがロマンがあって良いのかもしれない。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。