2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月1日

その日は、山形の友人の結婚式の翌日だった。
一同解散した後、私は進路を西にとった。

特に何も調べてきていなかったが、
寒河江のチェリーランドのアイスが美味しい、
という情報を手に入れたので、その方向を目指すことにしたのだ。

そしてその方向には出羽三山が。
出羽三山、特に湯殿山には前々から興味があったので、
この機に足を伸ばしてみることにした。

チェリーランドのアイスは美味しかったし、
偶然にもミスサクランボコンテストをしていたけど、
ここは割愛(笑)

寒河江川に沿って国道112号を西に。
どんどん標高が高くなっていき、月山湖を通り過ぎた辺りで、
湯殿山に行く有料道路に入る。
有料道路といっても普通の山道だ。
辛うじて舗装はしてあるが、向こうから車が来たら離合できるのかどうか。


web_080601_151413.jpg



そんな道をひたすら走ると、山中に似つかわしくない
巨大な朱の鳥居が目の前に現れた。
駐車場からは湯殿山神社本宮まではバスが出ているそうだが、
ここまで車で来て、その上神社までバスを利用したら、
苦労して山を切り開いた先達たちに申し訳ない気がしたので、
ここは歩くことに。


朱の鳥居を潜り抜け、バス用に舗装された道をひたすら登っていった。
この道の途中から修験者用の参道が別れていて、それは月山山頂まで続いている。
とはいえ、その道はまだ雪に埋もれていたのだが。

web_080601_152220.jpg


途中、要所要所で石碑が祀ってあり、神名が刻まれていた。
それぞれ、参道から見える山々に対応しているようだ。
そのような石碑や祠が参道に19ヶ所、
多くは修験者用の参道(御沢駆け)に沿って設置されているが、
舗装路にも幾つか設置されていた。
そして、参道の最後に現れたのが、異様に恐ろしい雰囲気を醸し出している石像、
姥権現だった。

web_080601_153544.jpg


姥権現は、西会津の霊山、飯豊山にまつわる伝説。
西会津ではかつて、十三参りに男子が飯豊山に登る通過儀礼があった。
ある時、一人の男の子が遭難し行方不明になった。
心配した母親は、女人禁制の禁を破り山に入ったところ、
神の怒りに触れ、石にされてしまったという。

姥権現に見送られ、参道を登り切ると、そこはバスの停留所だった。
途中何台ものバスに追い抜かれたが、充実感は大きかった。
歩いてきた道を振り返ると、朱の鳥居が遙か彼方に確認できた。

web_080601_154122.jpg


この停留所が湯殿山神社本宮の入り口。
ここから石段を少し進むと、御神体の鎮座する場所に至る。
だが、ここから先は残念なことに撮影禁止なのだ。
写すのもダメなら、ここで見たことを他人に伝えることも禁じられている。
かの芭蕉翁でさえ、
「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」
と、言っちゃいたい気持ちが見え隠れしている、
というかほとんど言っちゃってる俳句を残しているほどなのだが、
先人に敬意を表し、ここで見たことは秘しておくことにする。

ただ一つ言えることは、深い山中をさまよい歩いた末に、
こんな凄いものの存在を知ってしまったら、
それは神に出会ったとしか表現できなかっただろう。


   ※  ※  ※


ところで、湯殿山の行人(修行者)には、
「上り下りの行人」と「一世行人」の二つがあるそうだ。
前者は、在家の行人で、その名の通り参詣後山を下りてくる人。
後者は、そのまま山に籠もり、千日行や三千日行を続けた人を指す。
修行が満願した後、山を下り湯殿山信仰を広めた者もいたけど、
そのまま即身仏を志した者も多かったという。
五穀断ち、十穀断ちと呼ばれ、生の木の実や草の根しか口にしない(木食行)。
この修行を千日以上行う間に、筋肉は衰え、肉は落ち、水分も無くなる。
生きているうちに肉体がミイラ化するのだ。

それが終わった後は、土中に埋めた石室に入り(土中入定)、
念仏を称えながら死を待つという。
3年3ヶ月後に石室が開けられた時には、即身仏になっているのだ。
悟りとともに永遠の命を手に入れるという即身仏。
その深遠たる思想は私にはまだちょっと理解出来ないが、
彼らは自らの生を犠牲にすることによって、
永遠に世の平穏を祈り続けることを選んだのだ。

木の実草の根だけで雪深い出羽の冬を三度も乗り越える修行、
入定に至る前に息絶えた行人がほとんどだっただろう。
現存の即身仏は17体、そのうち湯殿山だけで10体確認出来るとされるが、
湯殿山の長い歴史の中で、たった10名しか即身仏にたどり着けなかったのである。
湯殿山参道の朱の鳥居の側には、行人の供養碑が建てられていた。

web_080601_163512.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。