2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全開にした車の窓からは、夏草の匂いに混じって
時々農場の濃い匂いが鼻を掠める。
伸び気味の髪の毛は風に踊り、快適な運転を妨げるので、
その度に私は髪をかき上げるが、その仕草さえも気持ちいい。
ビーナスラインを飛ばす私。
夏休みだというのに車は他に見当たらず、自然と速度はあがっていく。

目的地は八島湿原の近く、旧御射山(もとみさやま)遺跡だ。
空と草原しか見えない、だだっ広い霧ヶ峰の高原に、
日本版コロッセウムともいえる、大競技場があったのである。

060814_6141.jpg


さかのぼること鎌倉時代、山の傾斜を利用した競技場には
将軍はじめ、鎌倉幕府のそうそうたる武将が桟敷を連ね、
巻狩り、鹿撃ち、相撲などの競技を観戦した。
この神事・御射山祭は毎年7月26日から29日まで行われ、
信濃の豪族が交代で穂屋に籠もり豊作を祈る一方で、
信濃の氏人が騎射等の腕を競って諏訪明神に奉納したとされる。
起源は古く、いつから始まったかは分からないのだが、
平安時代から鎌倉時代(特に鎌倉時代に北条氏の信奉厚く全盛期)
に栄え、元禄年間に上社と下社の抗争が
激化してのち衰退したそうだ。

今でも、宮司が出てきて厳かに神事が行われるそうだが、
もちろんかつてのような盛大な祭りというわけにはいかないだろう。
私としては、古代から延々と続く御射山での神事に、
ミシャグチ神との関連を想像してしまう。
”みさやま”と”ミシャグチ”
その音の響きに、偶然ではない何かを感じてやまないのだ。


さて、旧御射山遺跡の案内板のある場所から草原に入っていく。

060814_6147.jpg


案内板には、誰がどの場所で桟敷を使ったなどと詳細に書かれているが、
辺りを見回してもビックリするほど何もなく、
とても桟敷跡を探し歩く気にはなれない。
比較的近場に「看御射山競技場跡」と刻まれた碑があったので、
これで良しとしよう。

060814_6146.jpg


さて、この広大な敷地の中心、つまりは一番深い場所に
こんもりと木が生い茂った場所があり、
当然の如くそこに引き寄せられていくと、木の中に祠があった。
祠の前では年配の女性が祝詞をあげていて驚いた。
人っ子一人も居やしないと思っていたのに、
一体どこから来たのだろう?
耳を澄ますが、あまり聞き慣れない祝詞のようだ。

その人の参拝が終わるまで待って聞いてみたところ、
ここ旧御射山神社は、この方の氏神だそうだ。
霧ヶ峰高原のど真ん中、民家といえばペンションくらいしか
見当たらないのに、ちゃんと氏子が存在していることに感動した。
女性が立ち去るの方を眺めると、腰辺りまである草原の中をを
ビーナスラインに向かって突っ切って行くのが見える。
いや、もしかしたら道があったのかもしれないが、
地元の人以外は絶対に分からない道だろう。

私も参拝し、写真を撮る。
夕暮れ前の黄色い光に照らされ、神域が浮かび上がる。

060814_6154.jpg


例によって祠の周りには御柱が四方に建っている。
石碑の文字は、達筆すぎてちょっと読めなかった。
祠はとても小さな石製の祠で、ここにかつて将軍も参加したほどの
権威ある祭りが行われていたなんて、にわかに信じられない。
だがそれは事実なのである。



帰りは、来た道と違う道を通ってみた。
なんと、ここにきて初めて旧御射山神社の文字を見た。
こんな草原の真っ直中に看板を置いても、
この看板までたどり着く方が難しいだろう…

060814_6157.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。