2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出流山を出発した私は、ルートを決めかねていた。

自宅で軽く目を通してきた日光周辺の道路地図では、
出流山の隣、鹿沼市から足尾町を経て日光に出る粕尾峠のルートを確認していたが、
ナビで見ると、この道がとてつもない山道であることが分かった。
心情的には、修験の山をかすめる山道を通って日光入りしたかったが、
これから暗くなろうという時刻、山中の峠道に入っていくのは危険な気がした。

それに、このまま日光で車中泊するとしても、明日の朝食などは入手しておきたい。
なので、平地に戻り、日光街道を進むことにした。

日光街道(例幣使街道:国道121号)は、片道1車線の狭い道路。
両脇に杉の大木が延々と並んでおり、大変情緒がある。
のだけど、日も暮れて照明もなく真っ暗なこの街道は、
杉並木の圧迫感もあって、かなり神経を使う道路だった。

途中、今市の「とんかつあづま」で夕食。
モチモチの特上ロース、思えばこの旅一番の贅沢だった…

081119_175844.jpg



今市のスーパーでつまみやパンを買いこみ、再び日光街道へ。
そのまま真っ直ぐ日光に到着。

ライトアップされた神橋を眺めたのも束の間、
さらに奥地へと進む。
この日の最終目的地は、中禅寺湖のほとりにしようと決めたのだ。

渋滞で有名ないろは坂も、夜中には車はほとんど居ない。
あっという間に中禅寺湖にたどり着き、ちょっと拍子抜けした。


さて、中禅寺湖に着いた。
一応車中泊の出来そうな場所として、
何か所か候補にあげていた場所はあるのだが、
心情的には、朝一で中禅寺湖に浮かぶ男体山を拝みたかった。

候補地の一つに、中禅寺湖に突きだした「八丁出島」があった。
そこなら障害物なく、目の前に男体山を望める。
行けるところまで車で行こう。

ということで、湖岸の道を時計回りに南に向かう。


だが、これは徒労に終わった。
道がすぐに封鎖されていたのだ。どうやら夜間通行止めらしい。
後で分かったが、八丁出島は驚くほどアクセスが悪い。
夜に乗り込もうだなんて、無謀そのものだったようだ。

途方に暮れていても仕方がないので、もう一つの候補、戦場ヶ原に向かった。
ちなみにこの候補と言うのは、朝一で写真を撮りたいスポットのことで、
それにさえこだわらなければどこでも良いのだが…

戦場ヶ原に着いてみると、真っ暗だ。
さすがに土地勘もない山中に、闇夜にいきなり飛び込むのは厳しい。
どこか遠くで野犬?の遠吠えがするし、そのうえなんと、雪が降ってきた。

私は一目散に引き返した。
やはり多少は明るい湖岸で車中泊しよう。
無駄な行動だけど、今回の旅は平気だった。
なにしろ、ガソリン代が110円台にまで下がっていたからだ(笑)

結局、中善寺湖東岸、立木観音の中善寺の側の、歌が浜駐車場で車中泊。
幌の内壁に銀マットを張り巡らし防寒、シュラフを2枚重ねにしてバーボンを舐めた。



翌日。

早朝に設定したアラームで目覚める。
窓の外は曇り模様。それどころか、強風が吹いていた。

前日の夜、観光案内板で調べたところ、
歌が浜から八丁出島まで歩いて40分程度。
歩けない距離ではない。
三脚担いで朝一で行ってみよう、と思っていたのだけど、
曇り空に気分が萎え、強風に身を震わせて、
再び深い眠りの中へ。


起きるともう10時近くだった…

相変わらず風は強いが、ツーバーナーでお湯を沸かしつつ、
昨夜買ったパンを網の上で炙る。
豆を挽いてコーヒーを淹れ、ちょっとだけ贅沢な朝食。

もうこうなっては八丁出島に行こう、などという気はなくなった。
すぐ隣の、中禅寺に参拝。


中善寺は内部が撮影禁止だったので写真を撮っていないのだが、
ご本尊の立木観音はぜひ生で見て欲しい。

奈良時代末期、日光を開いた勝道上人が彫ったとされる十一面千手観音観音像。
男体山の麓、今の二荒山神社中宮の位置に立っていたカツラの大木を、
なんと立木のまま彫ったのだという。
その後、廃仏毀釈の混乱の中、元の位置から現在の中善寺に匿ったのが、
立木観音の由来。
彫ったときから西を向いていたので、中善寺でも西を向かせて安置してあるそうで、
ちょうど中禅寺湖を眺める方向を向いている。
今まで見たことのないような、とても慈悲深い表情をしていた。


もう一つのご本尊は、波之利大黒天。
「波のり」と書いて「はしり」と読む。
これは、勝道上人が男体山の頂きに到達したとき、
中禅寺湖の波の上に現れた大黒天のこと。
波乗りの神さまではなく、
波の上を走る→安産、波に留まる→足止め→無事帰還・浮気防止
のご利益があるとされているらしい。
こちらは拝観することは出来なかった。

十一面観音、大黒天、勝道上人の組み合わせは出流山満願寺と同じである。
勝道上人の信仰していた十一面観音に、
二荒山神社の本地仏・千手観音を組み合わせた姿が、
十一面千手観音なのだと寺僧は言っていた。

参拝ルートを辿っていくと、本堂の伽藍の上に出た。
そこから男体山と中禅寺湖が見渡せた。
いつの間にか空を覆っていた雲はちぎれ去り、
濃厚な青空の下をものすごい速さで流れていった。

web_081120_113138.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。