2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中禅寺湖では、少しのんびりしすぎてしまった。
半月山の展望台から中禅寺湖を男体山を眺めたり、
二荒山神社に参拝したりで、気がつけばもう夕方になってしまっていた。

実は、一昨年東北からの帰りに日光を訪れたことがあったのだが、
その時は東照宮周辺と、二荒山神社中宮を観光したにもかかわらず、
華厳の滝を見逃してしまっていた。
滝と言うからには山の中にあるものとばかり思っていたので、
土産物屋の並ぶ湖岸に、まさか華厳の滝があるとは思っていなかったのだ。

行ったことのある人ならすぐ分かることだが、
華厳の滝は男体山の噴火でできた堰止湖である中禅寺湖から、
堰を破ったように流れ落ちている滝なのだ。
言わば天然のダム放水口である。
湖によくある、龍神や巨人が岩壁を蹴破って水を流した、
といった内容の伝説が無いのが不思議に思える。

駐車場に車を停め、滝の側へ。
そこには展望台があり、滝を上から眺めることが出来る。
が、もっと滝に近づきたい観光客の心理をくすぐるように、
ちゃんと有料のエレベーターが用意されていた。
駐車場でお金を払ったばかりなのに、さらに料金を取るのか!
と憤慨しつつも、ちゃんと払ってしまうのが観光客の悲しい性。

高度差100mというエレベーターに載り、
滝壺と同じ高さの展望台にたどり着く。
断崖絶壁を真っ直ぐくりぬくエレベーターとは、複雑な気分…

だが、そこから見る華厳の滝は圧巻だった。
展望台から滝壺までは距離があるにも関わらず、
ドドドドドドド・・・・と、滝壺に叩きつける水の音がこだまする。
周囲は、中禅寺湖が堰き止められる以前に、
長い長い時間を掛けて削られたであろう岩肌がむき出して、
鋭角に削がれた岩盤は、そこを訪れる者にキバを剥いているようだった。

カメラのファインダー越しに滝と対峙していると、
滝の瀑音が耳の感覚を奪い、自分が周囲から分離して行く気がした。
ファインダーというのは不思議なもので、
被写体に対する集中力が極限にまで達すると、
自分を取り巻く周りの世界は構図の彼方へ消失し、
自分の存在は被写体と一つになる。

それは食うか食われるかの精神の戦いのときもあれば、
激しく繋がりあった後のエクスタシーのときもあるのだが、
そういう感覚に陥った後は、とにかくげっそりと疲れる。
昔の人は、写真を撮られると魂を抜かれる、と感じたらしいが、
撮影する方もまた、魂を削られているのだ。


気がついたら、ずいぶん時間が経っていた。
まさか有名な観光地の、用意された展望台の上で、
このような撮影になるは思わなかった。
いつの間にか土産物屋はしまっていたが、
観光客は相変わらず、ひっきりなしに入れ替わっていた。
私はにわかに羞恥心を覚え、その場を立ち去った。

081120_154235.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。