2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空は澄み渡り、どこまでも青かった。
この日は旅行中、一番の好天気。
戦場ヶ原で夜明けを迎え、軽く食事をとった後、
中禅寺湖の湖岸を走り、東岸の山上、明智平に向かった。

明智平は、日本史の謎の一つ「南光坊天海=明智光秀 説」
の証拠の一つとされる場所である。
つまり、いつの間にか徳川家康のブレーンとして歴史に登場し、
東照宮の創建にも関わった江戸幕府の政僧南光坊天海が、
その謎の前半生と、東照宮に点在する明智家の桔梗紋、明智平の命名などから、
天海の正体は明智光秀か、またはその近親者、という俗説が生まれたのだ。

まぁ今回の訪問はそれを掘り下げるわけではなく、
ただ、男体山を拝みたかっただけなのだが。


明智平からロープウェイに乗り、展望台へ。
ものすごい強風。
この日は比較的温かく薄着だったので、冷たい風が肌を刺すようだ。

それでも、展望台からの眺めは素晴らしかった。
昨日、一昨日と過ごした奥日光が一望できる。
ものすごく大きく感じた中禅寺湖も、明智平から眺めると水たまりのようだ。
日光山を開いた勝道上人が、男体山の登頂時にはじめて、
眼下の湖に気がついたという冗談のような逸話も残っているが、
こうして高所に立ってみると、山を拓くということは、
その土地一帯の地勢を把握することでもあったのだろう。



081121_110117-2.jpg




登山家に、山に登る理由を問うと、「そこに山があるから」と言う。
使い古された言葉だ。

マタギの血の交じった友人は、山には3つの世界があると言っていた。
まずは麓、人間の世界。
そして中腹は、獣の世界。
一番上は、神の世界。
獣の世界から人間界へあふれた害獣は駆除してしかるべきだが、
人間も必要以上に獣の世界に踏み込まないし、必要以上は殺さない。
日本人はこの絶妙なバランスを保つことによって、自然と共存してきた。
ただ、闇雲に傷つけないことだけが自然保護ではない。全てはバランスなのだ。
そして、神の世界、具体的には森林限界以上と言っていたが、
そこには決して踏み入りたくないと。血がそうさせると。

それは友人の個人的な心情だし、レジャーとしての登山を非難するものではない。
ただその言葉は私の心には重く響き、それ以来、なんとなく登山は避けてきた。

私の父親は若い頃は登山が趣味だったので、
高校に上がる前は幾度となく山に連れて行ってもらった。
今思えば関西の名だたる霊山ばかり踏破していたようだ。
「なんで霊山ばっかり?」と訊いてみたが、本人には自覚が無いようだったが…

そして今の私は…
聖地を色々とまわっていると、どうしてもその先を見てみたくなり…
何度か、登山に誘われることがあっても、どうも実行に移せなかったり…
まぁ、こういうのはお導き次第、と言う考えの持ち主なので…

ただ一つ言えることは、私が山に登ることになった時は、
その理由は「そこに山があるから」ではないのだと思う。
きっと、「神のもとに近づきたい」のだと思う。
まぁ神なんてものは概念に過ぎないのかもしれないけど、
「なにか高いところからいつも見守ってくれている存在」
に近づいてみたいのだと思う。


話は元に戻るけど、手元にある藤森栄一さんの著書『古道』に、
昭和33年、男体山に本格的な考古学調査が入った時の調査隊の一人、
佐野大和さんの言葉が載っていたので、転載してみる。
ちなみにこの時の調査は凄まじいもので、山頂の巨石や岩の至る処に、
王朝時代から武家全盛期にかけての様々な珍宝が置かれていたそうだ。
それは考古学者と言えども、生涯に一度当たるかどうかわからないほどの、
すばらしい光景だったそうだ。


 「 西日の落ちようというころ、西方の真っ赤な雲海にむかって、
 巨石の上に端座、激しい呪文を唱えている行者があった。
 それは、生きた人間であって、しかも、すでに人間ではなかった。
 やがて、数人の行者は、西方目くらむばかりの断崖の岩壁に
 上半身をのりだして、鬼のような形相で何かを求めていた。

  洪宝はそういう行者たちが、千年以上前から、登攀してきては、
 西方浄土に、より近い高さ故に、こうして捧げてきたものである。
 むろん、行者自身の持物もあろうが、さる貴き人たちの発願で
 斎らされた宝物が多かった。関東ばかりではない、遠く、都からも、
 この男体の西方への祈りが、行者にたくされてきたであろう。」



山は遠くから眺める方が良い、と言う。
たとえばあんなに美しい富士山なども、登山道に立ってみるとただの瓦礫の山だ。
人々は、遠くに見える美しい山を、神の象徴・偶像として遙拝してきた。
これは、現存する古い神社などを見ても明らかなことだ。
そして、さらに一歩踏み入れたくなった人々は、
近づき、よじ登り、たどり着き、感じた。
そこにはただ空があっただけかもしれない。
でも、遠くから眺めるだけではわからない、何かがあるんだろう。

残念ながら、私は自意識が芽生えてからは父親と登ってないし、
今回だって、車やロープウェイでビューと登ってきただけだが…

いずれ、目の前にそびえる男体山に、ちゃんと登ってみたいものだ。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。