2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_081121_155253_001.jpg




日光東照宮の境内の北東、東照宮美術館の脇に「史跡探勝路」なる遊歩道があり、
その小道を辿っていくと、程なくして開山堂に到達する。
そこは東照宮周辺の喧噪とはかけ離れた、物静かな佇まいだった。

杉の茂る境内に、朱塗りの建物が二つ。
奥のお堂が開山堂、勝道上人を祀る霊廟で、
勝道上人とその十人の弟子の木像が安置されているという。

手前の建物は観音堂(産の宮)。鳥居は神仏習合の名残。
境内に入ると真っ先に、観音堂の異質な光景に目がいった。

web_081121_154750_003.jpg


正面には将棋の駒があふれんばかりに並んでいる。
数を数えようとしたが、面倒になって止めた。

由緒書きにはこうある。

 「この観音堂は揚柳観音を祀ったものであり、
 別名「香車堂」「将棋っ駒」とも呼ばれる。
 将棋の駒の香車が戻らずに直進する駒なので、
 妊婦がこの駒を借りて帰り、自宅の神棚に祀ると
 無事出産できるという安産信仰の社でもある。
 出産後は借りた駒と共に新調した駒を一緒に返納するので
 駒の数は増えるばかりである。」

勝道上人の霊廟の横に安産信仰とはまた唐突な話だが、
行者(ぎょうじゃ)が訛って香車(きょうしゃ)にでもなったのだろうか。
真っ直ぐ進む香車が、子宮から出てくる子に見立てられるというのは珍しい気がするが、
香車の意味するところの槍は、矢などと同じく男性の象徴とされるので、
やはり子孫繁栄にまつわることから生じた信仰なのだろう。
開山堂から先は女体山に繋がる山岳信仰の古道で、
女体山の参道にも当たるこの地に女人のための信仰が興ったことも頷ける。




web_081121_155441_001.jpg



開山堂の裏手には、勝道上人の墓所がある。
墓所の背後の岩壁は「仏岩」と呼ばれていて、
仏岩の岩窟で勝道上人が入寂したとも、仏岩で荼毘に付されたとも、
仏岩の上部に遺骨が納められていたとも言われている。
かつて、この岩壁に仏の姿をした岩が並んでいたそうだが、
地震で崩れ仏岩の名のみが残ったのだとか。

現在では、高くそびえる岩壁の足下の窪みに、六体の石仏が安置されている。
梵天、帝釈天、四天王のうちの三体、不動明王。いずれも仏法の守護神だ。
腰より下を土中に埋ずめ、静かに並んでいる様は、
勝道上人を護り通すという固い意志にも感じられた。

web_081121_155519_2.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。