2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実は諏訪に何度も行っているのに、
下社秋宮には今まで一度も行ったことがなかった。

私の妻の家は上社本宮の氏子なので、何かある度に上社に行くのだが、
こと下社に関しては、諏訪湖の向かいにも関わらず、
全くと言っていいほど参らない。
たまに行く事があるとすれば、下社秋宮横の、
諏訪名菓”新鶴の塩羊羹”を買いに行くくらいである。
なにやら妙な対抗意識というかなんと言いうか、
言葉では言い表せない何かがお互いの歩み寄りを
邪魔している感じがする。
いや単に、下諏訪がいつも混んでいるから
行かないだけかもしれないが…
従って、私も自然と下社側、特に秋宮には足が向かなかった。

しかし、諏訪を語る上で、下社の存在は避けては通れない。
今回は意を決して、新鶴の塩羊羹を買いに行くついでに参ってみた。


先に諏訪大社を知らない人のために解説しておこう。
諏訪地方は、大まかに言うと諏訪湖を中心にして
南は上諏訪、北は下諏訪に分かれている。
上諏訪には上社本宮とその前身といわれる上社前宮があり、
下諏訪には下社春宮と下社秋宮があり、
こちらは季節ごとに神が移動するという。
しかも全てが信濃国一の宮だ。
基本的に上社は男神・建御名方命を祀り、
下社はその妻・八坂刀売命を祀っており、
諏訪の昔話では、この夫婦が喧嘩して別居したことになっている。
諏訪湖畔の温泉は、妃神が家を出るときこぼした涙だそうだ。
しかしそこは夫婦のこと、真冬に男神が妃神のもとへ
通う道が、有名な諏訪湖の御神渡り(おみわたり)である。
上下共に本殿を持たず、上社は守屋山を遙拝し、
下社春宮は杉のご神木、下社秋宮はイチイのご神木を神体とする。
七年に一度の御柱祭は、山の上から木を落とす奇祭で、
これも上社と下社でちょっと違うのだが、
そのレポートは4年後にでも書きましょう。


とまあ、ざっと書いてみたが、実際行ってみると
上社と下社は随分毛色が違うことに気付く。
上社は山の傾斜を利用して作られた神社なのに対し、
下社は平地に建てられていて、社殿が豪奢な作りになっている。
それもそのはず、今の社殿は江戸後期に
春宮を柴宮(伊藤)長左衛門、秋宮を立川流・立川和四郎富棟
という宮大工の名工に競わせ建てたものなのだ。

そして特徴的なのは、秋宮神楽殿の巨大な注連縄。

060816_6600.jpg


出雲大社ほど大きくはないのだろうが、それでも太さは1m位ある。
*ちなみに私の母方の実家は島根だが、
出雲大社は行ったことがないのだ…


そんなこんなで、同じ上社と下社は
同じ諏訪大社とは思えないほど違う。
これはきっと系統が違うのだろうと思っていたら、
やっぱり違ったようだ。

諏訪市博物館で見た古代の住民の変革図によると、
縄文時代の集落跡は八ヶ岳~上諏訪に多く、
弥生時代の遺跡は下諏訪湖畔周辺に多い。
下諏訪側に出現した弥生人は安曇族の特徴を持つのだが、
この安曇族が少し難解。
海人津見(あまつみ)から転化した海人族で、
広く海運に携わっていた氏族なのだという。
北九州を根拠とする安曇族が糸魚川から侵入し、
定住したのが信州安曇野の地。
この安曇族が北九州に伝わった稲作文化を
日本各地にもたらしたとされ、信州ももちろんその一つ。
それを証明するように、縄文系の上社の神事は
御頭祭のように、狩猟との関係を色濃く残すのに対し、
弥生系の下社の神事は、御田植神事のように、
農耕色の強いものが多いのだ。
そもそも下社の祭神・八坂刀売命は穂高見命の妹神とされ、
穂高見命は綿津見神(わたつみ)の嫡男。
綿津見の別称が安曇の語源となった海人津見(あまつみ)、
とくると、八坂刀売命は安曇族の姫だと言うことが分かる。
それにしても壮大な話だ、頭が混乱する。
建御名方命と八坂刀売命がいつ結婚したかに関しては、
情報がないので、この先は全て私の想像になるが、
糸魚川の拠点(彼の母は糸魚川の奴奈川姫)から
信州に進出する際、安曇族と婚姻関係を結ぶことによって、
協力を取り付けた、なんてこともあるかもしれない。
(安曇野の歴史はまだ調べてないので何ともいえないが。)


諏訪の神は、ミシャグチ神に代表される縄文系の蛇神信仰が、
いつの間にか竜神信仰に変化していったようだが、
AYUさんによると龍は水田農耕時代に輸入された水神だそうで、
その概念はこの時期に安曇族と共に入ってきたものかもしれない。

そんなことを考えていたら、御柱祭で使う縄でさえも、
とぐろを巻いた蛇や龍に見えてくるから不思議である。
もっとも、これはもともとその意味を
含ませているとも言われているようであるが…

060816_6598.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。