2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_090621-111158.jpg


老神温泉ですっかり気分は回復したので、午前中に立ち寄ろうとした「吹割の滝」へ。
上の写真は午前中に展望台からみた景色。
雨で滑って落ちそうな気がしたものだ。

幸い、休んでいる間に天気も回復。
再びやる気もわいてきた。

滝への遊歩道の入り口には、かなりディープな土産物屋が…
食事をすると女将さんが裕次郎のカラオケを熱唱してくれるサービス有り。
チラッと聴いたが、いやに上手かった。
才能の無駄遣い…いや、趣味と実益を兼ねているというか…


しばらく下っていくと、岩盤の上に出た。
ひっきりなしに、スピーカーで足元の注意を呼びかけている。
岩盤の上に白線が引いてあり、それ以上外に出るなと。
ハイヒールのおばちゃんが白線の外でポーズをとってたが、
現地監視員にさっそく注意されていた。

そしてその背後には、「鱒飛の滝」

web_090621-152241.jpg


落差15mの滝に鱒の遡上も止められるということで、
以前は鱒止の滝と呼ばれてそうな。
さっきまでの雨のためか、どどどどど、と轟音で荒れ狂っている。
しかし、これだけ侵食されても、滝の中央の岩だけは削られずに残っているのがすごい。
滝行に耐える修験者の姿のようだ。


web_090621-153107.jpg



さて、メインの滝には、岩盤の上を進んでいく。
岩盤がないところは、絶壁につけられた細い歩道を進むのだ。

web_090621-150644.jpg


この吹割渓谷は、およそ1万年前に片品川と栗原川に生まれた滝が、
上流へ侵食(後退)していった際にできた深い渓谷。切り立った崖は数十mに及ぶという。
渓谷にせり出した大岩を二つやりすごすと、展望台から見えた広い岩盤に出た。

岩盤の上に目をやるとぽっかりと穴が開いていた。

web_090621-145418.jpg


約1.5mはある「おう穴」だ。ポットホール、または瓶穴ともいう。
川底の窪みにあった石が、水の力で回転しながら岩を掘り下げ、丸い穴をあけたもの。
水面に映る青空が余りに綺麗で、覗き込んで写真を撮っていたら、
まわりにぞろぞろ人が集まってきて、みな首をかしげていた。


そして「東洋のナイアガラ」が目の前に。

web_090621-134454.jpg


千畳敷と呼ばれる岩盤にできた裂け目、そこに左右から一気に水が落ちるのだ。
その勢いはすさまじく、毎年7センチずつ、千畳敷を削りとっているとか。
増水しているからか、自分たちの足元の、白線ぎりぎりまで水が流れている。
落差は何メートルあるのだろうか?
滝つぼを覗き込みたいが、足元の流れに飲まれそうでこれ以上近づけない。
話によると、この滝つぼに竜宮城の入り口があるらしいのだが…

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。