2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


060814_6139.jpg


国道20号を上諏訪から下諏訪へ向かう途中、
ちょうど上諏訪駅を過ぎて、中央線と交叉した先を曲がる。
セイコーエプソンの工場の裏手に、目的の神社があった。

この神社、少し変わっているのである。

060814_6120.jpg


先宮神社
祭神は「高光姫命」(たかてるひめのみこと)
別名「稲背脛命」(いなせはぎのみこと)
「諏訪神社の祭神「建御名方命」が出雲より、
州羽(諏訪)の地に遷御された以前より、
すでに原住民の産土神であった。
しかし「建御名方命」が諏訪神社に鎮座した当時、
国ゆずりの為抵抗したが遂に服従し、
現在の社地に鎮座することになった。
この事により、他地に出ることは許されず、
今でも境内前の小川には橋を架けないとの言い伝えがある。」
当社の由緒書にはこうあった。

その言い伝えは本当だった。
確かに境内鳥居前の小川に橋は無かったのだ。
まぁ、小川と言うよりは溝なのだが、
跨いで外に出れるら!などとは言ってはいけないのである。


神話の時代、建御名方命は天孫族の追求を逃れ諏訪の地に至ったが、
遂にこの地で天孫族に降り、諏訪の地から出ない事を誓った。
故に、諏訪の神は十月になっても出雲に集まらなくてもよく、
神無月とはいわずに、”神在月”というのである。
また一説では、神社の四方に建てる御柱は、
この地から出ないことを示す結界だといわれている。

上諏訪の洩矢族が、建御名方命の下で重職に就き
大いに繁栄したのに対し、なぜ高光姫なる人物は、
建御名方命と同じように、自由を奪われたのだろうか?
これがさっぱり分からない。

また、別名の稲背脛命は、出雲の国譲り神話で
武甕槌命たちと大国主との談判をまとめた神で、
備中神楽では「国譲りの能」の道化役として登場するが、
それ以外ではあまり有名な神ではないようだ。
国譲りをまとめてしまった仲裁役を、
抗戦派の建御名方命は憎んだのだろうか?

いずれにせよ分かるのは、この神社に橋を架けてはいけない、
という伝承があり、それが今でも守られていることだけである。
本殿横の大ケヤキだけが、その秘密を知っているのだろう。

060814_6134.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。