2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_090801-152413.jpg


「人は死んだらお山さ行ぐ。」
という観念は下北半島に限ったことではないが、
この地でお山というと恐山のことを指す。
陸奥湾に面する大湊、津軽海峡に面する佐井、太平洋側に当たる大畑、
つまりはすべての方面から恐山に至ることが出来る。
そしてどの方面から来ても、恐山に入るには渡らなければいけない川がある。
三途の川だ。

死者も生者も三途の川を渡り、恐山に行く。
死者はそのまま帰ってこないが、生者は宿坊に泊まり温泉で癒され、
再び三途の川を渡って戻ってくる。まさに生き返るのだ。
と、冷水で出会った爺サマに教えられた。

三途の川に架かる太鼓橋から見た宇曾利湖は、どこまでも透明で美しかった。
湖を囲むように聳え立つ八峰、
剣山、地蔵山、鶏頭山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山、釜臥山。
これらは「蓮華八峰」と称され、上空から見ると
あたかも蓮華の花弁を形作っている。
これらの山並みを見渡し、いよいよ恐山に足を踏み入れた。

恐山のご本尊は地蔵菩薩。
山門からまっすぐ伸びた先に、大きな本堂。
まずはご本尊に参拝。
そして、本堂の左脇から山道を登って、地蔵山の不動明王に参拝。
不動明王に至る階段にいたる途中、あたりを見渡せる場所があるので、
南南東の方向に見える釜臥山を遥拝。

36261996_1389871444.jpg

釜臥山の奥の院には釈迦如来が祀っており、この三聖地は直線で結ばれている。
三聖地を参拝することによって、恐山参拝の結願が成就されるのだという。
写真の、山並みの向こうから顔を出している山が釜臥山だ。

そして、いよいよ恐山地獄めぐり。
地蔵堂の西には荒涼たる景色が広がっている。

web_090801-155730.jpg

web_090801-160114.jpg

web_090801-160201.jpg

web_090801-160032.jpg

web_090801-160722.jpg

web_090801-161501.jpg


この荒涼とした雰囲気は那須の殺生石の谷にも似ている。
一日に何匹も野生動物が死ぬという、現役の呪いの地…
ただ、殺生石では感じなかった、底を突き抜けた感じの悲しみが、
恐山地獄には充満していたように思う。
至るところに詰まれた石塚は、高く詰まれて山になったものもあれば、
まだ小さい集まりでしかないものもあった。
賽の河原と呼ばれる一帯には、まだ小さく新しい石塚が散在していて、
そのどれにもこれにも、故人の名が書き込まれている。
弔っても弔っても弔いきれないのか、
いくつもいくつも、同じ名が…


賽の河原の地蔵堂に入った。
六角形の小さなお堂は、六道に迷う衆生を救う地蔵菩薩をあらわしてのことか。
ありとあらゆる壁面や床に、古い衣類がかかっていた。
どれもこれも故人の名前が書いてある。故人が生前愛用したものだろう。
扉を閉め、閉ざされると、どっと悲しみが押し寄せ、胸が押しつぶされそうだ。
重い、あまりにも重い…
あまりの重さに、自然と涙がこぼれそうになった。
こんなこと初めてだ。
お経をあげ、私も草履と手ぬぐいを、お堂の片隅にそっと置いた。
弔いたい人がいたのだ。

嫌な予感がしたが性分には逆らえず、ついついシャッターを押してしまった。
レンズが壊れた…



沈んだ気持ちで賽の河原を歩いた。
これまでは気がつかなかったが、なぜか、カラスが妙に多い。
魂は鳥になる、ともいうが、ここに来た霊がみなカラスになったのではないか、
と思うほど多い。
カラスの親子に出会った。
子はまだ人間に慣れていないのだろう。近づいても警戒の色を見せない。
人の最後にたどり着くといわれる場所でも、
たえず生命の営みは育まれているのだ。

web_090801-165418.jpg

そして。
とうとう宇曾利湖岸にたどり着いた。
湖越しに見える美しい形の山が大尽山。
賽の河原を経た魂は、湖を渡り大尽山へ行くと言われている。
また、湖岸で大尽山に語りかけると、故人と対話できるとも。

生者は宇曾利湖の先に進むことは出来ない。
死者の世界の入り口恐山から遥か遠く遠く、浄土と呼ばれる地を眺めるだけだ。
弔う者は、ここで決別を知るのであろう。

晴天ならば、美しい輝きを見せると言われる宇曾利湖も、
私の気持ちを反映するがごとく、どこか澄み切らない様子だった。

web_090801-163811.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。